ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  フィリピンのコラム  >  今晩のおかず The Simple Japanese Food Kare Kare カレー飯

今晩のおかず The Simple Japanese Food Kare Kare カレー飯



プロ直伝! 今晩の おかず The Simple Japanese Food

 

ご飯もカレー味!

Kare Kare カレー飯

 

●材料(1人前調理時間30分 一人前 )

(カレーご飯)
ご飯 .........................200g
塩 ............................一つまみ
醤油 .........................大さじ1
カレー粉 ...................大さじ1
油 ............................適量

(Kare Kare)
牛バラスライス..........100g
玉ねぎ ......................50g
赤パプリカ ................30g
ヤングコーン .............50g
Kare kare mix..........20g
水 ............................100g
油 ............................適量

 

 

 

 

 

 


Point!

今回はカレカレの素を用い手早く調理できるレシピとなっているので、玉ねぎ、赤パプリカは薄めにスライスしましょう。そうすることで火通りが早く仕上がります。牛肉はモモ等の赤身肉よりも、脂身の多いバラ肉の方が美味しく仕上がります。

 

フィリピン食材
まめ知識


フィリピン家庭料理の定番カレカレ(Kare Kare)。見た目はカレーのようですが、味はほんのり甘く、どちらかというとシチューに近い料理です。甘さの由来はピーナッツ。本来はピーナッツ(又はピーナッツバター)とモチ米を炒ったもので甘味とトロミをつけて仕上げます。また牛塊肉を使うことが多いので、じっくり時間をかけて作る料理でもあります。クラーク空港があるパンパンガ州発祥の料理と言われています。味付けがまったりとしており、このままでは少々アクセントが足りないという理由からなのか、通常はバゴオ(Bagoong)という小エビの塩辛的なものと一緒に食べることが多いです。スーパーでは現地各食品メーカーが作っているカレカレの素が売られているので、時間をかけずにカレカレを楽しむことができます。今回はバゴオンを使わず、ご飯自体に味とスパイスを加え、カレカレと合うようにレシピをアレンジしてみました。フライパン一つで気軽に作れるので、是非お試しを!Youtubeチャンネルsimple.japanese.foodでは家庭で簡単に作れる日本食を世界の方々に分かりやすく説明しています。プライマーのレシピも紹介していますので、そちらも是非ご覧ください。

 

 

●作り方 (15分)

カレーご飯を作る。フライパンに油をひき、ご飯をほぐしながら炒めていく。
❶に塩、カレー粉、醤油を入れて味付けをし、仕上げる。
カレーを作る。牛バラスライス、玉ねぎ、赤パプリカを薄めにスライスし、油をひいたフライパンにすべて入れ、炒めていく。
ある程度材料に火が入ったら、水とカレカレミックスを入れ、5分ほど軽く煮立てる。
材料に火が入ったら、器のように盛り付けて完成。お好みの硬さに茹でたヤングコーンとパクチーを添える。

 

 

Kare-Kare with Curry fried Rice
(curry fried rice)
Cooked rice........200g
Salt .....................1pnch
Soy sauce...........1tbsp
Curry powder......1 tbsp
Oil

(Kare Kare)
Beef Rib Slice........ 100g
Onion..................... 50g
Red bell pepper .... 50g
Young corn............ 50g
Kare kare mix......... 20g
Water ..................... 100ml
Oil 

 

●Makes 1 serving (Cooking time: 30 minutes)

To make curry rice, heat oil in a pan and fry the rice.

Season with salt, curry powder,and soy sauce according to taste.

To make kare-kare, saute the beef short plate, onion,and red bell pepper in a separate pan.

Once partially cooked, add the water and kare-kare mix and simmer for about five minutes.

When the kare-kare is cooked, serve with curry rice topped with boiled young corn in a bowl.

 

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]
YouTubeはこちら!

 

広告

プロ直伝!今晩のおかず 前回のコラム

今回の紹介食材はロミ(Lomi)というフィリピン式の卵麺。小麦粉と卵を主原料として作られる生麺で、スーパー等の食材店で全国どこでも購入可能です。類似品としてMamiやMikiなどもありますが、麺の太さや使用用途によって呼び名が変わってくるようです。さて今回はロミをマカロニの代用として活用した和風グラタンのご紹介です。

新着コラム

バゴオンは小エビの発酵調味料で、日本で言う塩辛です。甘辛い刺激的な味が特徴で、フィリピンでは料理のアクセントやディップソースとして使われることが多いようです。今回はバゴオンライスというフィリピンの定番料理に味噌を加えて和風にアレンジしてみました。ブランドによってスパイシーなものや甘味の強いものがあるので、自分好みのバゴオンを探してみてくださいね。
フィリピン家庭料理の定番カレカレ(Kare Kare)。見た目はカレーのようですが、味はほんのり甘く、どちらかというとシチューに近い料理です。今回はバゴオンを使わず、ご飯自体に味とスパイスを加え、カレカレと合うようにレシピをアレンジしてみました。
今回の紹介食材はロミ(Lomi)というフィリピン式の卵麺。小麦粉と卵を主原料として作られる生麺で、スーパー等の食材店で全国どこでも購入可能です。類似品としてMamiやMikiなどもありますが、麺の太さや使用用途によって呼び名が変わってくるようです。さて今回はロミをマカロニの代用として活用した和風グラタンのご紹介です。
豆乳は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめた汁を漉して作ります。煮詰めた汁を濾して残ったのがおからになります。ここフィリピンでは大豆を多く生産しているので、様々な大豆製品もよく見かけます。
Bisugo。英語ではGolden threadfin bream と呼び、日本語ではイトヨリダイと呼びます。赤色で横に黄色い線が入っているのが特徴。フィリピンの豊富な海産物を活用して是非色々な料理にチャレンジして見てください。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you