ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  【フィリピンの日系幼児教育施設から】ほめることの重要性は?

【フィリピンの日系幼児教育施設から】ほめることの重要性は?

Childcare Center WHiZ 幼児教育連載コラム

すべてのウィズキッズへ!
フィリピンの日系幼児教育施設から Vol. 9

 

 

基本的な様々な能力がはぐくまれる大切な幼少時代、フィリピンで暮らす子供たちの未来のために何が大切で、何を今すべきなのか︕︕ 会社員から保育士に転職、BGCでウィズこども園を運営されている小野さんが連載でお伝えします。

ウィズこども園・事業統括責任者・保育士 小野誠さん

 

 

 

 

ほめることの重要性は?

 

北京オリンピックで活躍した日本人選手の中には、10代の選手が13名もいました。昨今、スポーツの世界だけでなく、さまざまな分野で活躍するこどものニュースで見ていると、「(自分のこどもの頃と比べて)最近の子は、すごいなぁ」と感嘆してしまいます。そんな大舞台で活躍するこどもたちが多くいるにもかかわらず、日本のこどもの自己肯定感は、世界のこどもと比べると低いようです。2015年の国立青年教育振興機構が行った日本、米国、中国、韓国の高校生を対象とした意識調査によると、日本の高校生は、「自分はダメな人間だと思うことがある」という問いへの回答に対して、「とてもそう思う」「まあそう思う」と回答した割合が、他国より高いとのことです。

「自分は価値がある存在だ」という自己を肯定的に評価する感情を自尊感情といいます。自尊感情が育まれると、自分を評価し受け入れることで、自分に自信を持ち、目前にある課題に積極的に取り組むようになります。たとえ失敗したとしても、次はどのようにすれば成功することができるのか、試行錯誤を重ね、目標到達に向けて邁進するようになります。その経験の積み重ねが、人生を豊かにしていくのです。

誤解されがちですが、自尊感情が高いことは、他の人より自分が優れていると思うことではありません。むしろ、自尊感情が高いこどもほど、自分を肯定的に受け入れる力があるため、周りの人との優劣を気にせず、他者を受け入れていくことができるようになります。

 まさに、高度な能力を持ったオリンピック選手たちが勝敗の結果に関係なく、選手同士でお互いを称えあう姿をみていると、高い自尊感情を持っていると思わざるを得ません。自尊感情は、幼少期からどのように周囲の大人と接しているかで、大きく左右されます。幼少期に周囲の大人からほめられる経験を多くするほど自尊感情は高くなります。ほめるといっても、ただほめるだけでなく、具体的にほめてあげることが大切です。例えば、こどもが花の絵を描いて見せに来た時も、「上手だね」「いいね」だけで終わらせず、「お花の色をよく見て、丁寧に描いているね!」、「お花の形って、たしかにこうなっているよね、よく見て描いたね!」など、こどもが工夫したこと、がんばったことを想像しながら、具体的にほめることです。「どのお花の色が一番すき?」「どこを 描くところが大変だった?」など、質問をしてあげることも大切です。

また、家族で一緒に過ごす機会が多いほど、こどもの自尊感情が高い傾向にあります。家族で一緒に料理やスポーツをしたり、海や山にお出かけをしたりするなど、家族で幸せな時間を共有することで、こどもは自分が必要とされていることを認識し、自尊感情を高めていきます。  それそろ、春休みの時期です。お子様をたくさんほめて、たくさん楽しい時間を一緒にすごしてください。

 

 

 

<2022年度入園申込受付中!>

元気に開園中!

2022年度募集園児の対象は下記の通りです。

 

2歳児(2018.4.2生~2019.4.1生) 3歳児(2017.4.2生~2018.4.1生)
4歳児(2016.4.2生~2017.4.1生) 5歳児 (2015.4.2生~2016.4.1生)

※年度の途中入園も可能です。

 

<幼児向け日本語教室/学習教室もオンラインにて好評開講中>
週2回(1回30分)開催しており、
ご家庭でも楽しく体を動かして学習できます。

 

お問い合わせは[email protected]までご連絡を!施設の詳細はこちらから。

 

<基本情報>
住所:Unit 209, 1st Floor Park West Veritown, 7th Ave. Corner 36th St. BGC, FORT BONIFACIO, TAGUIG CITY. Philippines 1630
TEL:02-8529-2129/0919-082-2315(日本語 & English)
Web: https://whizkids.jp/
メール: [email protected]
FaceBook:@whizjapan

 

その他のコラムはこちら

https://primer.ph/column/category/genre/whizkids/

広告

ウィズキッズ幼児教育連載コラム

基本的な様々な能力がはぐくまれる大切な幼少時代、フィリピンで暮らす子供たちの未来のために何が大切で、何を今すべきなのか︕︕ 会社員から保育士に転職、BGCでウィズこども園を運営されている小野さんが連載でお伝えします。

ウィズキッズ幼児教育連載コラム 一つ前のコラムを見る

ウィズキッズ幼児教育連載コラム
基本的な様々な能力がはぐくまれる大切な幼少時代、フィリピンで暮らす子供たちの未来のために何が大切で、何を今すべきなのか︕︕ 会社員から保育士に転職、BGCでウィズこども園を運営されている小野さんが連載でお伝えします。

その他

20代前半で環境問題を意識し、27歳で世界一の電気自動車メーカーを作ろうと起業。現在は大気汚染やさまざまな問題を抱えるフィリピンで、電動トライシクルを普及させるべく奮闘している中島さん。
「DMCI HOMES」というフィリピンのコンドミニアムの開発会社で、日本人のお客様向けの営業部門を担当しています。入居相談などのサポートも含め、日本人の方への総合窓口となっています。
来比10年目になる齊藤さん。女性ばかり400人のオフィスを束ね、今年は新たにパンガシナンに350人規模のオフィスを立ち上げました。日本の企業文化を浸透させるためにフィリピン人に寄り添って繰り返しぶれずに意思を伝えてきました。今度はその精神を受け継いだフィリピン人スタッフが教育にあたります。
みなさんこんにちはHPN3の堀越、田中、井上です!本日はある場所へ行きました!フィリピンでここと言えばあれしかない!という日本人の方は多いと思います!その場所とは『アンへレス』です!皆さんもう僕達が何をしにアンへレスに行ったかわかりますよね!そう!!アンへレスには有名フィリピン料理のシシグー発祥の店があるのです!
クライアント企業のマーケティングを含めたWebサイト構築やアプリ開発と自社 サービス提供を行っています。
今回の食材 ●イカ缶(SQUID CAN)
缶詰で、パパっと本格! イカのリゾット
こんにちは、ハポンスリーの井上です! 今回は良く日本人の方に質問される、「どんなとこ住んでんの?」という質問にお答えして、井上の住んでいる家の近所紹介と普段食べているものを紹介します!!
今回は「イナサルのメニューを全部たのんでみました!」です。 イナサルとはフィリピンにあるチキンのレストランで低価格でライス食べ放題といった魅力がある大人気のチェーン店です!
大学卒業直後から起業、やがて立ち上げたメディア企業で日本のアニメ、「ボルテスV」の放映権を得てフィリピンに紹介し大ヒットさせたラリーさんに、お話をお聞きしました。
東南アジアを拠点に展開している配車アプリ「Grab」。手軽にタクシーやその他の輸送手段を手配できることで知られています。最近ではアメリカ発の配車アプリUberのフィリピン参入が話題になりましたが、依然Grabの人気は衰えていません。その人気のヒミツとはどんなところにあるでしょうか?
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you