ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】日本支援のマニラ地下鉄事業、再始動へ

【フィリピン経済ニュース】日本支援のマニラ地下鉄事業、再始動へ

2020年6月2日

広告
広告
新型コロナウイルス対策として地域隔離措置が緩和されたことから、各種インフラ開発が再開され、フィリピン初の地下鉄プロジェクトである日本支援の「マニラ首都圏地下鉄事業」が始動しつつある。


マニラ首都圏地下鉄事業は、深刻な交通渋滞の緩和を目的に計画されたもので、首都圏北部ミンダナオ通りとアキノ国際空港が位置する南部ウエスタンビクタンを結ぶ32.4キロメートルの地下鉄区間に、13駅舎と1車両基地を整備する。清水建設JVは、先行して部分開業する6.9キロメートルの区間に、3駅舎(タンダンソラ駅、キリノハイウェイ駅、ノースアベニュー駅)と1車両基地、それらを結ぶ3区間に計6本(上下線各3本)、総延長9.3キロメートルのシールドトンネルを建設する。昨年11月に契約したその1工事には、タンダンソラ駅と車両基地、シールド機の調達と開削トンネル工事が含まれ、工期は67カ月。契約したその2工事には、キリノハイウェイ駅、ノースアベニュー駅の主要躯体建設工事及び、シールドセグメントの調達が含まれ、工期は49カ月である。なお、その3工事でシールド工事と2駅の建築設備工事が発注される予定である。


6月2日付けビジネスワールド紙などによると、このマニラ首都圏地下鉄事業の当初計画では、設置される駅数は13駅とされていたが、フィリピン運輸省は17駅に増やす意向とのことである。新たに増える駅は、イースト・バレンズエラ、ラウトン、セナタ、ニノイアキノ国際空港ターミナル3、ビクータンに設置される。当初予定のカエタノ・ブルバード駅は、ロウトン駅とセナタ駅にとって替わられるとのことである。


マニラ首都圏地下鉄事業(第一期)のE&M(Electrical & Mechanical)システム入札の応札期限が当初予定の3月17日から6月30日まで延長されたとのことである。E&Mシステムとは、車両を運行させるための基本システムであり、車両、電力供給、信号、通信、設備管理、検修管理などの各システム、装置、機器類などで構成される。マニラ首都圏地下鉄事業(第一期)のE&Mシステム入札に対し、1月21日の時点で、既に、三井物産、三菱商事、住友商事の3社が入札書類を購入したと報じられている。その後、日立製作所、丸紅と鉄道事業で連携している現地建設最大手のDMコンスンヒも入札書類を購入したとも報じられている。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン財務局の発表した速報値によると、2020年4月の財政収支は2,739億ペソの赤字となり、前年同月の869億ペソの黒字から赤字に転落した
マニラ首都圏などの地域隔離措置が、6月1日から緩和されるとの観測が高まっている。
配車サービス大手のGrabフィリピン(グラブ)は、5月22日、「ルソン島バギオ市(ベンゲット州)やナガ市(南カマリネス州)でタクシーサービスを開始した」と発表した。
フィリピン航空(PAL)の持株会社であるPALホールディングス(PALHD)が、5月20日、2019年(1月~12月)の年次報告書を開示した。
フィリピンなどで幅広い通信事業を展開しつつある株式会社アイ・ピー・エス(IPS、本社:東京都中央区、東証マザーズ上場)は、フィリピンにおいて、医療・美容サービス事業も展開している。
国家経済開発庁(NEDA)は、5月13日、「開発予算調整委員会(DBCC)が、5月13日、マクロ経済目標やその前提条件見直しのための会議を開催した」と発表。2020年のGDP成長率予想マイナス2.4%~3.4%へ下方修正した。
ミンダナオ島の東で発生した熱帯低気圧が、5月12日午後9時(日本時間、以下同様)、2020年台風1号(国際名:ヴォンフォン)へと発達した。
4月29日に発表されたURC(ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション)の2020年第1四半期(1月~3月)事業報告書によると、ニッシンURCの今第1四半期の売上高は前年同期比(以下同様)17%増の17億9,700万ペソ、EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は31%増の3億8,900万ペソ、純利益は31%増の2億3,900万ペソで二桁増収増益決算となった。
トヨタ自動車は、5月8日、「フィリピンで新型コロナウイルス感染症の診断・治療などに携わる医療従事者向けのオンデマンド送迎サービスを開始する」と発表した。
フィリピン統計庁(PSA)発表の速報値によると、2020年第1四半期(1月~3月)の国内総生産(GDP)実質成長率は前年同期比(以下、同様)-0.2%となり、前年同期の5.7%、前期(2019年第4四半期)の6.7%から急悪化した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel