ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】モンデ ニッシンの新規上場をSEC承認、最大のIPO案件に

【フィリピン経済ニュース】モンデ ニッシンの新規上場をSEC承認、最大のIPO案件に

2021年4月21日

広告

【PR】ベッドアンドゴー・BedandGo Real Estate - マニラ・フィリピン・セブ・不動産・不動産売買・不動産賃貸・不動産管理

日本人のためのフィリピン・マニラ日系不動産会社の Bed&Go Inc.。マニラとセブのコンドミニアムを中心に売買、賃貸、不動産管理を、誠実と信頼をモットーに行なっております。フィ・・・

フィリピン証券取引委員会(SEC)は、4月20日、大手食品メーカーである「モンデ ニッシン」のIPO(新規公募)とフィリピン証券取引所(PSE)メインボードへの新規上場申請(申請日2021年3月4日)を承認した。


モンデ ニッシンは2021年5月17日~21日にIPO実施、5月31日にPSEメインボードに新規上場と想定している。IPOにおいて、普通株式36億株(増加オプションフル行使の場合は41億4,000万株)を売却する計画である。1株当たりIPO価格は最高で17.50ペソと想定している。したがって、IPO規模は最大で724億5,000万ペソとなる。IPOでの調達資金は設備投資に265億2,000万ペソ、転換社債の償還に173億1,000万ペソ、借入金の返済に167億8,000万ペソを充当する


もちろん、今後の投資環境や当局の判断などで、IPO規模は想定より縮小する可能性はあるが、過去最大規模となる可能性が非常に高い。もし、1株当たりIPO価格が半分になったとしても、過去の大型案件であった2020年のコンバージの291億ペソ、2005年のSMインベストメンツの288億ペソ、2013年のロビンソンズ リテール ホールディングスの281億ペソなどを大幅に上回ることになりそうである。


なお、モンデ ニッシンは、インスタントヌードルやビスケットなどを製造販売している。インスタントヌードルでは圧倒的な国内シェアを有し、「Lucky Me(ラッキー ミー)」というブランド名で親しまれている。また、製品の一部はインドネシアやタイなど周辺諸国にも輸出されている。英国の代替肉(植物性たんぱく)メーカー「クオーン」を買収、傘下に収めている。社名に「ニッシン」が入っているが、日清食品など日本企業との資本関係は全くない。

 
広告

【PR】野村総合研究所シンガポールマニラ支店 /Nomura Research Institute Singapore Pte. Ltd Manila Branch - フィリピンにおけるコンサルティング、産業・市場調査

野村総合研究所シンガポールマニラ支店は、1997年よりフィリピンにおける産業・市場動向調査、事業・組織変革支援、実証実験等の事業支援、人事制度改革・リーダーシップ開発・組織風土改革・・・

その他の記事

グロリエッタジャパンタウンに登場! ここはマニラの道頓堀!
日本品質の樽詰生 大好評 一番搾り 大好評!デリバリーサービス 電話・オンライン注文で、ご自宅・オフィスにキリン一番搾り(びん・缶)をお届けします!
おいしさの感動を 健康の歓びを 生命の輝きを Glicoグループは、ハート・ヘルス・ライフのフィールドでいきいきとした生活づくりに貢献します。Glicoのスピリットは、「創る・楽しむ・わくわくさせる」。企業理念を実現するために、創ることを精一杯楽しみ、創意に満ちたチャレンジを続けていきます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー