ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】初のオミクロン株感染確認、日本から帰国の比人

【フィリピン経済ニュース】初のオミクロン株感染確認、日本から帰国の比人

2021年12月16日

12月15日、フィリピン保健省(DOH)、フィリピン大学ゲノムセンター(UP-PG)、フィリピン大学-国立衛生研究所(UP-NIH)は、「最近実施された全ゲノムシーケンス(全遺伝情報解析)48例において、新型コロナウイルス変異種オミクロン株感染2例が確認された」と発表した。フィリピン国内で初めてオミクロン株感染が確認された。

今回、オミクロン株感染が確認されたうちの一人は、12月1日にフィリピン航空PR0427便にて日本から帰国のフィリピン人(ROF)である。12月7日に感染と発表され、同日に隔離施設に入院した。
到着時に風邪や咳の症状があったが、現在は無症状とのことである。フィリピン人の国内での「オミクロン株」感染確認第1号となった。もう1人は、11月30日にオマーンエアWY843便到着したナイジェリア人で、12月7日に感染が発表され、同日、隔離施設に入院した。現在はやはり無症状とのことである。

 

今回のシーケンスにおいては、33人のデルタ変異株(旧呼称:インド株)感染も確認された。そのうち、14人は帰国フィリピン人(ROF)、国内感染者が19人であった。国内感染の地域別内訳は、中央ビサヤ、サンボアンガ半島、カラガ、ソクサジェン各々3人、西ビサヤ2人、コルディリェラ行政区、中央ルソン、カラバルソン、東ビサヤ、ダバオ各々1人である。

 

その他の記事

12月9日付けフィリピン政府通信社報道によると、マニラ首都圏の新型コロナ(COVID-19)ワクチン接種完了者は、計算上、接種対象人口の100%超に達した。

喫茶チェーン「フィガロ」や「エンジェルス ピザ」など外食事業を手掛けるフィガロ コーヒーグループ(証券コード:FCG)のIPO(新規公募)とフィリピン証券取引所(PSE)メインボードへの新規上場計画の変更が、12月10日、PSEによって承認された。

フィリピン証券取引所(PSE)上場企業の2021年9ケ月間(1月~9月)の企業業績発表が出揃ってきた。

主要食品・飲料企業の2021年9カ月間(1月~9月)の決算発表が出揃った。2021年も長引く新型コロナウイルス感染禍やその対策としての断続的な地域隔離措置厳格化の影響を受けたが、巣篭り需要の寄与や比較対象となる前年同期が不振であったことの反動という要素もあって、総じて増収増益という結果となった。

フィリピン証券取引所(PSE)上場の不動産企業の2021年9カ月間(1月~9月)の事業報告書提出がほぼ出揃った。

フィリピン統計庁(PSA)によると、2021年10月の総合インフレ率(消費者物価指数、2012年=100)は4.6%と前月から0.2%ポイント鈍化、3カ月ぶりの低水準となったものの、2021年年初から10カ月連続の4%台であった。

2021年のフィリピンの新車販売は、長引く新型コロナウイルスパンデミックや感染力の強い変異株出現など環境は依然厳しいが、非常に不振であった2020年との比較では二桁増加ペースとなっている。

2021年8月の包括的フィリピン人海外就労者(OFW)本国送金額(速報値)は前年同月比4.8%増の28億8,900万米ドル。前年同月比で7カ月間連続の増加となった。

米国フォーブス誌が、10月12日、「世界最高の雇用主」ランキング2021年版を発表した。このランキングは市場調査企業スタティスタと共同で毎年作成しており、今年で5回目の発表となる。

10月10日にフィリピン政府通信社は、「統計庁(PSA)予備報告によると、2020年の出生数は急減、34年間で最低となった」と発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you