ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピンの経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】国営ランドバンクとDBP、年内合併で最大行となる可能性

【フィリピン経済ニュース】国営ランドバンクとDBP、年内合併で最大行となる可能性

2023年3月29日

22年末の合計総資産4兆1,450億ペソ、BDOの4兆ペソ越え

 

国営銀行2行の合併が2023年内にも実現、新たな最大銀行が誕生する可能性がある。

合併が検討されてきているのは、国営のランドバンク オブ ザ フィリピン(ランドバンク)とデベロップメント バンク オブ ザ フィリピン(DBP、フィリピン開発銀行)である。これまでは、融資先の棲み分けがなくなり、農業分野などへの融資意欲が衰える可能性があるなどとして反対する声も多かったが、このところの欧米等の金融不安を背景に、一気に合併推進の声が高まり、年内にランドバンクを存続行とする合併実現の可能性が出てきた。ベンジャミン・ディオクノ財務大臣も、合併により年間50億ペソ程度のコスト低減につながるとして、合併を支持しているようである。

合併が実現すれば、新たな最大銀行が誕生することになりそうである。2022年末の総資産はランドバンクが約3兆1,000億ペソ、DBPが1兆0,450億ペソ、単純合算すると4兆1,450億ペソとなる。現在の最大銀行であるSM財閥傘下のBDOユニバンクの総資産4兆0,741億ペソを上回り国内首位となる。もっとも、SM財閥はチャイナ バンキング コーポレーション(チャイナバンク、中国のチャイナバンクとは異なる、証券コード:CHIB)というもう一つの有力銀行を有している。CHIBの総資産は1兆3,300億ペソである。

2022年の純利益に関しては、ランドバンクが前年比38%増の301億ペソ、DBPは同50%増の56億ペソ、合計357億ペソであった。一方、BDOの純利益は同33%増の571億ペソであった。

 

その他の記事

プレミアムウォーターは富士山の麓から採水された非加熱天然水です。日本で厳しい品質管理のもと、ボトリングされ密封され出荷されています。 2022年モンドセレクションで金賞も受賞したおいしい天然水をマニラのご自宅でも。

弊社リーラコーエンは、ネオキャリアグループのフィリピン法人になり、アジア7カ国14拠点で人材紹介サービスを展開しております。。 フィリピンでの採用にお困りの際はお気軽にご連絡をください。 弊社では、フィリピン人の営業職・経理・総務・人事・ITエンジニア・製造業エンジニア・マネージャー職、日本人現地採用など幅広い職種で人材を紹介することができます。

株式会社コバックの100%出資生産拠点として、2018年にLIMA Technology Center内に設立。主に合成ゴム製のプリンターインクカートリッジ用部品、、シリコンゴム製の車載用キートップ、各種ガスケット等を生産しています。主なお取引先はフィリピン国内とアジア各国他の日系企業様です。 ISO 9001:2015認証取得済。

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

フィリピンで確かな技術と豊富な経験で安心の社会インフラを実現いたします。日本で培った50年以上の知識とスキルをお届けします。
色彩と機能をキーワードに機能性塗り床工事、景観・特殊舗装工事、コンクリート構造物の補強・補修工事、防水工事、防食工事、特殊塗装工事を行っており、使用する材料は基本的に日本製でございます。
お客様の様々なご要望や用途に合わせた最適なものをご提案いたします。皆さまお気軽にご相談ください!

日本品質の業務用厨房機器ならfujimak!新サービスとして、厨房機器の点検サービスを開始。ガス配管の劣化、ガスバーナーの燃焼不良、冷蔵庫のコンデンサーの目詰まりなど、厨房に潜む危険を点検いたします。多くの有名レストラン、ホテルでfujimakの調理器具をご利用いただいています。

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you