ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】フィリピン航空持株会社、コロナ禍で大幅赤字続く

【フィリピン経済ニュース】フィリピン航空持株会社、コロナ禍で大幅赤字続く

2021年6月18日

フィリピン航空(PAL)の持株会社であるPALホールディングス(証券コード:PAL)は、6月17日、2020年の年次報告書と2021年第1四半期(1月~3月)の事業報告書を開示した。


<PALの2020年、赤字719億ペソ>


それによると、PALの2020年の営業収入は前年比(以下同様)64%減の553億ペソにとどまった。大幅減収は、新型コロナウイルス感染拡大やその対策としての外出・移動制限などによる。一方、運航便数の減少などで総営業費用は46%減の848億ペソとなったが、営業収入を大幅に上回った。金融費用を中心とするその他費用(ネットベース)も2.8倍の393億ペソへと急増したことから、帰属純損失(赤字)は7倍の719億ペソに達した。なお、ANAホールディングス(ANA)が、2019年2月28日、PALの発行済株式総数の9.5%を9,500万米ドル(約105億円相当)で取得している。


<PALの2021年第1四半期、赤字86億ペソ>


PALの2021年第1四半期の営業収入は前年同期比(以下同様)74%減の83億ペソにとどまった。総営業費用は66%減の132億ペソであったがが、営業収入を大幅に上回った。その他費用は33%増の36億ペソへと二桁増加した。これらの結果、帰属純損失(赤字)は86億ペソに達した。前年同期の赤字94億ペソからは8.4%減少したが、依然高水準の赤字を余儀なくされた。


一方、格安航空(LCC)最大手であるセブ航空(証券コード:CEB、ブランド名:セブ・パシフィック航空)は既に、2020年年次報告書、2021年第1四半期の事業報告書ともに提出済みである。その動向は以下のとおり。


<セブ・パシフィック航空の2020年、赤字222億ペソ>


2020年の乗客数は前年比(以下同様)78%減少、飛行便数は71%減少した。営業収入は73%減の226億ペソにとどまった。大幅減収効果とヘッジ損失などにより、最終損益は222億ペソの赤字となり、前年の91億ペソの黒字から急悪化した。そのなかで、貨物収入は6%減少と比較的堅調であった。


<セブ・パシフィック航空の2021年第1四半期、赤字73億ペソ>


2021年第1四半期の収入は前年同期比(以下同様)83.0%減の27億ペソへと二桁減少となった。旅客収入は92.2%減の8億9,000万ペソ。運航便数が75.8%減、乗客数は87.5%減の50万人、客席稼働率は28.2%ポイント低下し53.2%だった。平均運賃も37.5%減の1,612ペソへと低下した。一方、貨物収入は30.3%増の13億2,000万ペソへと増加した。


運航便数の減少、燃料費値下がり、ペソ高効果などにより営業費用は42.8%減の95億ペソへと減少したが、営業収入を大幅に上回った。その結果、営業損益は68億ペソの赤字となり、前年同期の7億ペソの赤字から9.7倍拡大した。更に、金利収入が98.9%減少したうえ、4億2,000万ペソのヘッジ損失発生などから、最終損益は73億ペソの赤字となり、前年同期(11億8,000万ペソの赤字)から赤字が6.2倍拡大した。

 

その他の記事

日本政府はフィリピンに日本で製造したアストラゼネカ社のCOVID-19ワクチンを無償で提供する。
フィリピン証券取引所(PSE)上場企業の2021第1四半期の企業業績発表が出揃ってきた。新型コロナウイルス感染再拡大やその対策としての地域隔離措置の影響を受けているが、非常に不振であった前年同期からは回復傾向にある。
2019年まではフィリピン最大の放送局であったABS-CBN(証券コード:ABS)が、6月8日、2020年の年次報告書と2021年第1四半期(1月~3月)の事業報告書を提出した。
在フィリピン日本国大使館は、6月5日、新型コロナウイルス感染症情報118(フィリピンで予防接種を完了した者のフィリピン再入国者に対するガイドライン他)を発出した。その概要は以下のとおり。
ユニクロ・フィリピン1号店は、2012年6月15日に、巨大ショッピングモール「SMモール・オブ・アジア」に出店された。すなわち、今年はユニクロのフィリピン進出10年目ということになる。
大手食品メーカーである「モンデ ニッシン」は、5月19日~25日までIPO(新規公募)を実施、6月1日にPSEメインボードへ新規上場される。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の外食企業や、マクドナルド フィリピン(未上場、親会社のアライアンス グローバル グループが上場)の2020年や2021年第1四半期の決算発表がほぼ出揃ってきた。
5月15日にフィリピン保健省(DOH)は、「インド由来の新型コロナウイルス変異株(インド変異種、B1617 SARS-CoV-2バリアント株)感染を新たに10例検出、15日現在、合計検出例は12例となった」と発表した。
フィリピン統計庁(PSA)発表の2021年第1四半期(1月~3月)の実質(以下同様)国内総生産(GDP)成長率は前年同期比(以下同様)マイナス4.2%、5四半期連続のマイナスだった。
フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル(証券コード:SMC)が、5月6日、2021年第1四半期(1月~3月)の決算速報を発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー