ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】サンミゲル、第1四半期の純利益16倍の172億ペソ

【フィリピン経済ニュース】サンミゲル、第1四半期の純利益16倍の172億ペソ

2021年5月10日

広告

【PR】野村総合研究所シンガポールマニラ支店 /Nomura Research Institute Singapore Pte. Ltd Manila Branch - フィリピンにおけるコンサルティング、産業・市場調査

野村総合研究所シンガポールマニラ支店は、1997年よりフィリピンにおける産業・市場動向調査、事業・組織変革支援、実証実験等の事業支援、人事制度改革・リーダーシップ開発・組織風土改革・・・

フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル(証券コード:SMC)が、5月6日、2021年第1四半期(1月~3月)の決算速報を発表した。


2021年第1四半期の純収入は前年同期比(以下同様)6%減の2,012億ペソ、営業利益は175%増の322億ペソ、純利益(帰属ベースではない総純利益、以下同様)は1,471%増(約15.7倍)の172億ペソと大幅増益決算となった。EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は52%増の410億ペソであった。前年は3月に入ってからの新型コロナ感染拡大加速やその対策としての厳格な地域隔離措置により不振であった。地域隔離措置が徐々に緩和された第3四半期以降は回復に転じ、今第1四半期は回復ピッチが強まったといえる。新型コロナ感染再増加など依然厳しい環境が続いているなかでの回復ぶりが注目される。


SMCグループの食品と飲料事業が大統合して発足した「サンミゲルフーズ&ビバレッジ(証券コード:FB)」の純売上高は11%増の764億ペソ、営業利益は45%増の126億ペソ、純利益は66%増の97億ペソであった。FBの食品部門(サンミゲルフーズ)の純売上高は9%増の362億ペソ、営業利益は75%増の45億ペソ、純利益は107%増の34億ペソであった。


ビール製造子会社サンミゲル ブリュワリー(SMB、サンミゲルビール)の純売上高は2%増の288億ペソ、営業利益は25%増の68億ペソ、純利益は45%増の55億ペソと増収増益となった。飲食店での定員規制、一時的な店内飲食禁止など依然マイナス要因も多く、販売数量の本格回復には至っていないが、非常に不振であった前年同期からは回復している。サンミゲルビールには、キリン ホールディングス(キリン)が約48%出資している。


一方、洋酒のヒネブラサンミゲルの純売上高は52%増の113億ペソ、営業利益は88%増の13億ペソ、純利益は120%増の10億ペソと依然好調であった。引き続き、巣籠り需要の寄与という要素もある。


パッケージ部門(サンミゲル山村パッケージング)の売上高は13%減の74億ペソ、営業利益は31%減の4億ペソと減収減益であった。前年は医薬品業界向けが好調、酒類・飲料業界向けが低調であった。今第1四半期もその傾向が続いたようである。


多角化事業の一つである電力事業の純収入は3%減の274億ペソ、営業利益は8%増の84億ペソ、純利益は141%増の78億ペソであった。サンミゲルの電力事業は、2010年第3四半期から持株会社SMCグローバル・パワー・ホールディングスのもとに集約されている。


石油製品部門(元売り最大手のペトロン)の総販売量は21%減の1,938万バレルに減少し、収入は20%減の833億ペソにとどまった。しかし、コスト低減などで、純損益は17億ペソの黒字となり、前年同期の49億ペソの赤字から改善した。


インフラ事業担当のSMCインフラストラクチャーの純収入は7%減の43億ペソ、営業利益は33%減の12億ペソと依然低調であった。引き続き、外出・移動制限により運営している有料道路の交通量伸び悩み、インフラ工事遅延などが響いた。


更なる多角化や事業基盤拡大の過程で有利子負債が膨張し、2021年3月末時点で9,130億ペソに達し、2020年末の9,080億ペソから0.6%増加している。一方、現金残高も3,370億ペソと高水準。総資産は1兆8,970億ペソで、2020年末の1兆9,120億ペソから0.8%減少している。総負債対自己資本比率は1.95倍(2020年末1.92倍)、有利子負債対自己資本比率は1.42倍(同1.39倍)、純負債対自己資本比率は0.76倍(同0.71倍)となっている。

 
広告

【PR】はつはな亭日本食レストラン(Hatsu Hana Tei) - マカティで本格和食なら!

はつはな亭は、マカティのリトル東京の向かいに建つHerald Suites Hotel(ヘラルドスイーツホテル)内の和食レストランです。寿司カウンターや個室も併設しています。アラカ・・・

その他の記事

日本政府観光局(JNTO)は4月21日、2021年3月の訪日外客数推計値を発表した。それによると、3月の訪日外客数は前年同月比93.6%減の1万2,300人にとどまった。
フィリピン証券取引委員会(SEC)は、4月20日、大手食品メーカーである「モンデ ニッシン」のIPO(新規公募)とフィリピン証券取引所(PSE)メインボードへの新規上場申請(申請日2021年3月4日)を承認した。
4月16日付けフィリピン政府通信社オンラインニュースによると、Dr. Zen Biotech社は、ブラカン州の州都マロロスに立地するファーストブラカン工業団地にコロナウイルス(Covid-19)ワクチンの生産施設を建設しつつある。
4月14日午前3時(日本時間、以下同様)に、カロリン諸島で熱帯低気圧が台風2号(国際名:スリゲ)へと変わった。この時点での、中心気圧は1,002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル/秒、1時間に10キロメートルの速さで北西に進んでいる。
ニッシンURCの業績が堅調に推移している。4月13日に発表されたURCの2020年アニュアルレポートによると、表1のように、ニッシンURCの2020年の売上高は前年比(以下同様)17%増の74億0,600万ペソ、EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は27%増の14億7,200万ペソ、純利益は25%増の8億9,300万ペソで二桁増収増益決算となった。
フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2021年3月末終値は6,443.09ポイントとなり、前月末と比べて5.18%低下した。年初3カ月間(第1四半期)では9.76%低下した。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、4月3日、新たに1万2,576件増加、2日連続での1万件突破となった。これにより、3日現在の累計感染者数は78万4,043人に達した。
モスバーガー フィリピン3号店が、3月23日、マニラ首都圏マカティ市アヤラモール・グロリエッタ1の2階にオープンした。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、3月20日、新たに7,999例増加した。これにより、20日現在で、累計65万6,056人になった。
 マニラ首都圏のマカティ市役所は、新型コロナウイルス感染拡大を抑制するために、バランガイ(最小行政区)ピオデルピラールの一部エリアに対し、3日間の厳格な封鎖措置(ロックダウン)を講ずることを決定、実施中である。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー