ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】輸出企業の国内調達、VATゼロ・レート正式復活へ

【フィリピン経済ニュース】輸出企業の国内調達、VATゼロ・レート正式復活へ

2021年12月14日

内国歳入庁(BIR)は、輸出企業による国内企業からの物品やサービスの購入などに対する付加価値税(VAT)ゼロ・レートの適用を正式に再制度化する。すなわち、ゼロレート化を正式に復活させる。

 

国内企業が適格輸出企業に販売する原材料、在庫、消耗品、機器、および商品サービスへのVATの税率に関しては、既に7月末に、12%課税措置が停止され、ゼロレートが復活している。ただし、この12%課税停止理由は、「長引く新型コロナウイルス・パンデミックやその輸出企業への影響を考慮」とされ、停止期間は新しい改正規則が発出されるまでとされていた。

 

そして間もなく、暫定的な12%課税措停止ではなく、正式なゼロレート復活を規定する改正歳入規則が発出されることになる。

 

なお、輸出企業の国内調達に対するVAT課税に関しては、最近短期間での大きな変化が見られた。BIRは、2021年5月7日に発出され、6月27日に発効となった歳入規則2021年第9号(RR 9-2021)において、経済区(PEZA)入居企業を含む輸出企業による国内企業からの物品やサービスの購入などに対する付加価値税(VAT)ゼロ・レートの適用廃止、12%課税を盛り込んだ。

 

この動きに関しては、フィリピン進出の輸出型企業にとって大きな痛手となり、フィリピン投資の意欲をそぐことにもつながりかねないことから、RR9-2021の廃止を要請する声が高まった。そして上記のように、BIRは7月28日、歳入規則2021年第15号(RR 15-2021)において、「6月27日に発効となったRR 9-2021の効力を停止する」と表明した。すなわち、12%課税措置が短期間で停止されたという経緯がある。

 

その他の記事

喫茶チェーン「フィガロ」や「エンジェルス ピザ」など外食事業を手掛けるフィガロ コーヒーグループ(証券コード:FCG)のIPO(新規公募)とフィリピン証券取引所(PSE)メインボードへの新規上場計画の変更が、12月10日、PSEによって承認された。

フィリピン証券取引所(PSE)上場企業の2021年9ケ月間(1月~9月)の企業業績発表が出揃ってきた。

主要食品・飲料企業の2021年9カ月間(1月~9月)の決算発表が出揃った。2021年も長引く新型コロナウイルス感染禍やその対策としての断続的な地域隔離措置厳格化の影響を受けたが、巣篭り需要の寄与や比較対象となる前年同期が不振であったことの反動という要素もあって、総じて増収増益という結果となった。

フィリピン証券取引所(PSE)上場の不動産企業の2021年9カ月間(1月~9月)の事業報告書提出がほぼ出揃った。

フィリピン統計庁(PSA)によると、2021年10月の総合インフレ率(消費者物価指数、2012年=100)は4.6%と前月から0.2%ポイント鈍化、3カ月ぶりの低水準となったものの、2021年年初から10カ月連続の4%台であった。

2021年のフィリピンの新車販売は、長引く新型コロナウイルスパンデミックや感染力の強い変異株出現など環境は依然厳しいが、非常に不振であった2020年との比較では二桁増加ペースとなっている。

2021年8月の包括的フィリピン人海外就労者(OFW)本国送金額(速報値)は前年同月比4.8%増の28億8,900万米ドル。前年同月比で7カ月間連続の増加となった。

米国フォーブス誌が、10月12日、「世界最高の雇用主」ランキング2021年版を発表した。このランキングは市場調査企業スタティスタと共同で毎年作成しており、今年で5回目の発表となる。

10月10日にフィリピン政府通信社は、「統計庁(PSA)予備報告によると、2020年の出生数は急減、34年間で最低となった」と発表した。

2021年ノーベル平和賞は、フィリピンのネットメディア「ラップラー」の共同創設者であり最高経営責任者(CEO)であるマリア・レッサ氏と、ロシアのリベラル紙「ノーヴァヤ・ガゼータ」編集長のドミトリー・ムラトフ氏に授与される。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you