ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】輸出企業の国内調達、VATゼロ・レート措置復活へ

【フィリピン経済ニュース】輸出企業の国内調達、VATゼロ・レート措置復活へ

2021年8月31日

内国歳入庁(BIR)は、輸出企業による国内企業からの物品やサービスの購入などに対する付加価値税(VAT)ゼロ・レートの適用を復活させる方針である。


  BIRは、国内企業が的確な輸出企業に販売する原材料、在庫、消耗品、機器、および商品サービスへのVATの税率を12%からゼロ%とする歳入規制(RR草案)を作成、その草案をBIRのホームページに掲載した。


  この草案では、VATゼロ・レートの対象となる商品・サービス等は、登録されたプロジェクトおよび活動で「直接かつ排他的に」使用されるものであり、販売先の輸出企業は投資促進機関に登録されていることなどの条件が課されている。


  なお、輸出企業の国内調達に対するVAT課税に関しては、最近短期間での大きな変化が見られた。BIRは、2021年5月7日に発出され、6月27日に発効となった歳入規則2021年第9号(RR 9-2021)において、経済区(PEZA)入居企業を含む輸出企業による国内企業からの物品やサービスの購入などに対する付加価値税(VAT)ゼロ・レートの適用廃止、12%課税を盛り込んだ。


  この動きに関しては、フィリピン進出の輸出型企業にとって大きな痛手となり、フィリピン投資の意欲をそぐことにもつながりかねないことから、RR9-2021の廃止を要請する声が高まった。そして、BIRは、7月28日、歳入規則2021年第15号(RR 15-2021)において、「6月27日に発効となったRR 9-2021の効力を停止する」と表明した。すなわち、12%課税措置が短期間で停止されたのである。そして、今回、VAT12%課税停止にとどまらず、ゼロ・レート措置復活を盛り込んだ草稿が発表されたのである。


 

その他の記事

セブン銀行(本社:東京都千代田区)のフィリピン子会社Pito AxM Platform社(PAPI、本社:マカティ市)は、マニラ首都圏中心からフィリピン国内のセブン-イレブン店舗へのATM設置を順次進めつつある。2021年2月末時点での設置店舗数は11台に過ぎなかったが、現在は500店を突破、2021年末に1,000店と予定している。
川崎汽船がフィリピンで新型コロナワクチン接種会場の提供を開始しました。
開発予算調整委員会(DBCC)が、8月18日、2021年~2024年の中期マクロ経済目標やその前提条件見直しのための会議を開催した。今回のDBCC会議において、2021年のGDP成長率予想が、これまでの6.0%~7.0%から4.0%~5%へと大幅下方修正された。
フィリピン統計庁(PSA)の速報によると、2021年第2四半期(4月~6月)のGDP成長率(実質ベースの対前年同期比、以下同様)は11.8%となり、6四半期ぶりにプラス成長に転じるとともに、1988年第4四半期の12.0%以来、約33年ぶりの高い伸びとなった。
野村不動産は、8月4日、「三越伊勢丹ホールディングス(三越伊勢丹)とフィリピン大手不動産企業フェデラルランドの3社で共同推進するマニラ首都圏における分譲住宅『ザ・シーズンズレジデンス』が、フィリピンの最優秀賞ならびにアジア・パシフィック地域におけるFIVE STAR(最優秀賞候補)に選ばれた」と発表した。
輸出企業の国内調達へのVAT課税が、正式に停止されました。
ドゥテルテ大統領は7月28日、新興感染症管理のための省庁間タスクフォースの提言を受け、マニラ首都圏(NCR)での「制限が強化された一般的なコミュニティー隔離措置(GCQ)」の期限を当初予定の7月31日から8月15日まで延長すると発表した。
東京オリンピック第4日(7月26日)に行われた重量挙げ女子55キロ級で、フィリピンのヒディリン・ディアス選手が優勝、フィリピン史上初のオリンピック金メダルをもたらした。
7月25日フィリピン保健省(DOH)は、「25日、世界で猛威を振るっている新型コロナウイルス・デルタ株(旧呼称:インド株)の新たな感染55例を確認した」と発表した。
7月24日早朝、ルソン島マニラ近郊のバタンガス州を震源とするマグニチュード(M)6.7の地震が発生した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー