...続きを読む" /> » 【フィリピン経済ニュース】職場でのマスク着用任意化、労働雇用省が指針フィリピンの経済ニュース | フィリピンプライマー
ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピンの経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】職場でのマスク着用任意化、労働雇用省が指針

【フィリピン経済ニュース】職場でのマスク着用任意化、労働雇用省が指針

2022年11月5日

労働雇用省(DOLE)は、11 月 2 日付労働勧告第 22 号を通じて、民間部門の全ての労働者及び職場を対象とするマ スク着用に関するガイドラインを発出し、職場でのフェイスマスクの着用を任意とした。 但し、診療所、病院、ラボラトリー、介護施設、透析クリニック等を含む医療施設及び救急車等の医療輸送車両、陸・海・ 空の公共交通機関ではマスク着用義務の規定が継続される。

 

また、労働雇用省は、高齢者や免疫不全・併存疾患のある 人、妊婦にはマスク着用を強く勧めている。 勧告に、「雇用主と従業員は、危険とリスク(閉鎖空間や換気不十分の場所)、業界の必要条件(食品の安全性など)、 他の伝染病(インフルエンザや結核他)、既存の会社の方針や規則を考慮して、マスク着用を求める規定を実施する場合が ある」と補足されている。

 

この動きは、マルコス大統領が 10 月 28 日に発布した屋内空間でのマスク着用義務を解除する大統領令(EO)第 7 号に 準拠したものである。

 

その他の記事

フィリピン初の地下鉄プロジェクトである日本支援の「マニラ首都圏地下鉄事業フェーズ1」(マニラ地下鉄)建設が推進されつつある。

フィリピン中央銀行(BSP)は10月10日、2022年7月の外資直接投資(FDI)速報を発表した。それによると、7月の外資直接投資(FDI)の純流入額は前年同月比(以下同様)64.4%減の4億6,000万米ドルにとどまり、2021年5月の4億5,500万米ドル以来、14カ月ぶりの低水準となった。

日本航空(JAL)が、9月30日、JALグループマンスリーレポート2022年8月版を発表した。

三越伊勢丹ホールディングス(三越伊勢丹、本社:東京都新宿区)、野村不動産(本社:東京都新宿区)、フィリピン大手不動産企業のフェデラルランド(本社:マニラ首都圏マ…続きを読む

フィリピン最大の自動車イベントである「第8回フィリピン国際モーターショー(PIMS)」が、2022年9月15日~18日、マニラ首都圏パサイ市の世界貿易センターで開催される。

フィリピン関税局バタンガス港オフィス(BOC-POB)は8月に設立65周年記念式典を開催、バタンガス港の拡充プログラムや取り組みに貢献したロケーターや輸出入企業を表彰した。

 アボイティス財閥の旗艦企業アボイティス エクイティ ベンチャー(証券コード:AEV)が、傘下のインフラ企業であるアボイティスインフラ キャピタル(AIC)を通じて、マクタン セブ国際空港(MCIA)の運営権等を2段階方式で取得する。

お好み焼専門店の老舗「ぼてぢゅう」を運営する「ぼてぢゅうグループ」(本社:大阪府大阪市)は、フィリピンで新業態「BOTEJYUラーメンハウス」を展開する。

 フェルディナンド・マルコス フィリピン共和国第17代大統領は、7月25日(月)、バタサン・パンバンサ(下院議事堂、マニラ首都圏ケソン市)で、大統領に就任して初めての施政方針演説(SONA)を行う。

日本航空(JAL)が、6月30日、JALグループマンスリーレポート2022年5月版を発表した。フィリピンを含む東南アジア線は449.5%増(約5.5倍)の11万7,034人と、低水準であった前年同月からは大幅増加となった。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you