ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > ビットコイン in フィリピン

ビットコイン in フィリピン
2016年07月05日更新
広告
広告

マカティにあるBitmarketには、フィリピン初、スカイフック社のビットコイン自販機(ATM)があります。

ビットコインは世界中で使われている“仮想通貨”ですが、一体どういうものなのかご存知でしょうか?

ビットコインとは??

 

 

このビデオは、ビットコインとは何かを説明してくれています。 (ビデオ提供: weusecoins )

 

Bitcoin.org.によれば、ビットコインとは国や中央銀行のような機関を介さないデジタル通貨で、つまり、2人の人間が銀行を通さずにやり取りができるというものです。

2008年に誕生したばかりの新しい経済形態で、誰が発明したのか? という議論が今も続いていますが、「中本哲史(サトシ・ナカモト)」(*P2P Foundationに登録されたアカウント名)という人物の論文に基づき運用が開始されたとのことです。

 

通貨との違いは?

 

ビットコインと通貨の違いは、政府や銀行に管理されていないという点です。

ですが通貨と同じように一部ではビットコインを使って買い物をすることもでき、

Bitmarket.ph は、ビットコインが使える提携ショップのリストを公開しています。

 

ビットコインは、フィリピンのどこで買える?

 

フィリピンでビットコインを手に入れる方法は色々ありますが、Coinagecoins.ph や BuyBitcoin.ph などビットコイン取引所へのアクセスが最も簡単な方法です。

 

または、PrepaidBitcoin CardsがPrepaidBitcoin.ph でも買えます。

P200、P500、 P1,000分のカードが購入可能です。

もし何らかの理由でオンラインで購入できない場合は、Bitmarketのビットコイン自販機(ATM)でも購入することができます。(住所:Unit 606, GC Corporate Plaza, 150 Legaspi St., Legaspi Village, Makati City)

 

 

 

ソース: When in Manila, Bitmarket.ph

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Ami
「自己紹介」   ファッション、洋楽ロック、
洋画が大好きです!
初めてマニラに上陸しました。

広告
広告

その他の記事

2016年07月04日

7月4日(月)、フィリピン大統領府より、7月6日(水)を祝日にするとの発表がありました。今回の祝日は、イスラム教の祝日である、Eid al-Fitr (イード・アル=フィトル)を全国民で祝う意図であるとのこと。

2016年07月04日

フィリピン出身のドレスデザイナー、マイケル・シンコ氏が、パリのオートクチュールコレクションにゲスト初参加しました。
オートクチュールコレクションに参加できるのは、パリオートクチュール組合のメンバー(クリスチャン・ディオールやシャネルなど)と招待されたデザイナーのみ。彼は、フィリピン人で初めて招待されたデザイナーです。

2016年07月03日

先日、7月と8月の運休が発表されたジェットスター・ジャパンの日本・フィリピン線ですが、7月1日(金)より、運休明けの9月1日(木)~10月29日(土)の便の航空券の販売が始まっています。

2016年07月01日

去る5月9日の大統領選で圧勝したロドリゴ・ドゥテルテ氏は、6月30日午前11時45分、マラカニアン宮殿にてフィリピンの第16代大統領に就任しました。

2016年06月30日

BGCに今年オープンしたアップタウンモール1Fにある、Flatironで“コンフォート・フード”を。Flatironでは、鉄板を使用したグリル料理をメインに提供しています。副料理長のカーク・グー氏曰く、「レストランの名前は、鉄板にちなんでいます。当店の代表メニューであるFlatiron Brisket 6も、鉄板の上で誕生しました。」 とのこと。家庭的なほっとする、心が和むという意味のコンフォート・フードが味わえます。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー