ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > フィリピンはジャンクフードのVAT(付加価値税)が上がるかもしれない?

フィリピンはジャンクフードのVAT(付加価値税)が上がるかもしれない?
2016年07月13日更新
広告
広告

現在、フィリピンのVAT税率は12%。

上院議長、フランクリン・ドリロン氏は、もしドゥテルテ政権から要求があれば、肥満や病気を引き起こす可能性のある食べ物に対するVAT(Value Added Tax)税率を引き上げるかもしれないと述べました。 

予算管理相のベンジャミン・ジョクノ氏によると、彼はすでに財務相のカルロス・ドミンゲス氏と会談し、VATを最大の15%まで引き上げるプランについて話し合ったとのことです。

VATの税率を調節するタイミングとしては、所得税減引き下げ後の今後2年を見通しています。

 

 

(写真)食べ物がヘルシーかどうかで、VATあり、なしに? ※写真はイメージです。

(画像出典: nzgba.taxbackinternational.com)

 

 

ドリロン氏はまた、ドゥテルテ政権の税制は、内国歳入庁の徴税力に応じたものでなくてはならないとしました。

「内国歳入庁の税収は、ここ5年間で倍になっている。歳入は、国民にとって、不可欠なものである。少なくてはいけない。」とも言っています。

 

前大統領ベニグノ・アキノ3世は、5年で前政権(アヨロ政権)の歳入額を倍にしています。

アキノ氏は「最も多くの歳入を得たのは、2008年のアヨロ政権時の7786億ペソだった。我々はこれに5年で追いつき、追い越し、前大統領時代の最高歳入記録を倍にすることが出来た。」と語っています。

 

国にとって、税収は不可欠なもの。ジャンクフードなど、体に悪いと言われる食品の税率の行方はいかに?

 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Ami
「自己紹介」   ファッション、洋楽ロック、
洋画が大好きです!
初めてマニラに上陸しました。

広告
広告

その他の記事

2016年07月12日

シネマラヤとは、毎年開催されているフィリピン最大のインディーズ映画祭。若手映画人を支援する目的でスタートし、今年は12回目となり過去最多となる作品が出品されます。今年のテーマは「Break the Surface(水面から浮上する)」で、開催日は8月5日から14日までです。

2016年07月11日

アメリカの国際的な旅行雑誌、「Travel and Leisure (T+L)」は、世界最高の島に再びパラワン島を選びました。総合スコアは93.71点で、「ビーチ愛好者にとっては夢のような場所!」などのコメントが寄せられています。

2016年07月11日

マニラ在住の日本人たちで構成されたバンド、マニラエクスプレスによるライブが7月16日(土)、ユニカセ・レストランにて開催されます。ユニカセ・レストランのヘルシーで美味しいビュッフェを味わいながら、音楽と共にステキな夜をお楽しみください!

2016年07月10日

2016年8月15日(月)~8月21日(日)、BGCのthe Venice Piazza Grande にて、Fashlight Bazaar (ファシュライト・バザー) 2016が開催されます。今年流行りの衣服やアクセサリーを、通常より安い価格で購入するチャンス!

2016年07月08日

フィリピン・フィルハーモニック・管弦楽団(PPO)は、新たな高みを目指し、 指揮者として名高い福村芳一氏を音楽監督に迎えました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー