ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 「第3回 ANA寄席2015 in Manila」の収益金を寄贈

「第3回 ANA寄席2015 in Manila」の収益金を寄贈
2015年04月01日更新
広告
広告

先日3月1日に行われました「第3回 ANA寄席2015 in Manila」の収益金が、4月1日マカティ市ロックウェルにある孤児院「バハイ・マリア・チルドレンセンター」に寄贈されました。

  
 

バハイ・マリア・チルドレンセンターへみられた全日空マニラ支店長・泉秀明支店長やスタッフの方々に、子供たちから「おはようございます。ようこそバハイ・マリアへ」とお出迎えの挨拶。さらに子供たちから、日本の童謡「いぬのおまわりさん」、「ゾウさん」のプレゼントがありました。

  
 

寄付金の贈呈式では、泉秀明支店長より子供たちへ「皆さんが健康に育ち、勉学に励んでくくれることを願っております。」と挨拶。
そして、泉秀明支店長からシスターへ寄付金の贈呈が行われ、シスターから感謝の意が述べられました。

  
 

その後、孤児院の子供たちへノートとペンのプレゼントがあり、日本語で「アリガトウ」と大喜び。すぐに自分の好きな文字や絵を描き始めていました。最後には、全日空のスタッフと子どもたちとの交流があり、全日空のスタッフが日本語を教える一幕も。終始和やかな贈呈式となりました。

  
 

また、ANA寄席2015 in Manilaに出演された立川志の輔さんは、今回の公演や趣旨を大変感動され、出演料を寄付されるそうです。

  
 

今回集まった寄付金は、総額303,572.95 PHP(チケット収益金:279,000 PHP, 募金箱: 24,572.95PHP)。その内、バハイ・マリア・チルドレンセンターに191,632.95PHP寄付されました。この寄付金は孤児院の運営費に使用されます(孤児院の1ヵ月の運営費はおよそ150,000PHP)。また、認定NPO法人ICANには、111,940PHP寄付されました。

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2015年03月31日

Tamashii Conventionはデ・ラサール大学の日本研究会が日本の文化をもっと多くの人に知ってもらおうと開催されたイベントです。今年のテーマは「日本のお祭りを体感しよう」。

2015年03月31日

ホーリーウィークのため、以下のモールは4/2(木)と4/3(金)は臨時休業です。

2015年03月30日

フィリピンには大手コンビニエンスストアのセブンイレブン、ミニストップ、一昨年にはファミリーマートがオープンし、大変盛り上がっておりました。そして次にオープンすると言われていたローソンが本日3/30(月)ソフトオープンいたしました。

2015年03月30日

世界中で人気があり急速に成長しているスポーツ 、それは サーフィン、スケートボード、スノーボード 。そのすべての要素がつまったスポーツ、それが「Flowboarding」。

2015年03月28日

3月28日、Bonifacio Global CityのHighstreetで、フィリピン初進出となる「名代富士そば」の1号店がソフトオープンしました!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel