ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > プライマーブログ > 【ジェトロマニラから】スペースXの高速通信サービス、2022年中にフィリピンで提供開始

【ジェトロマニラから】スペースXの高速通信サービス、2022年中にフィリピンで提供開始
2022年08月17日更新

JETROマニラが15日、フィリピン国内でのスペースXの高速通信サービスのスタートに関する情報を発表しました。

スペースXの高速通信サービス、2022年中にフィリピンで提供開始

 

フィリピン情報通信技術省(DICT)は7月28日、イーロン・マスク氏が率いる航空宇宙企業スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)の衛星通信サービス「スターリンク」について、2022年末までに通信接続開始を見込むと発表した。

 

また、DICTは、スターリンクが2022年内に稼働すれば、2023年の1~3月にフィリピンの辺地でスターリンクを駆使した無償のインターネット接続の提供に着手するとコメントした(政府通信社2022年7月27日付)。スペースXが東南アジアでスターリンクを展開するのはフィリピンが初めてとなる(2022年4月13日記事参照)。

 

スターリンクを駆使したフィリピンでのインターネット接続サービス提供は、DICTの通信施策「ブロードバンド・ナン・マーサ」(注1)の一環として実施される。通常、スターリンクの衛星通信サービスを利用するには、衛星通信機器やルーターなどの機器が必要で、これらの導入に599ドルかかる。加えて、月々99ドルの利用料が発生するため、スターリンクのサービスは個々の家計にとって金銭的な負担が大きい。こうした状況に鑑みて、同施策では、地域コミュニティーでサービスを享受できるよう政府が予算を拠出し、バランガイ(注2)の施設などに必要な機器を設置する。

 

DICTは今回のスペースXとの取り組みによって、フィリピンで地理的に孤立して不利な地域に居住をする人々が無料の高速・低遅延インターネットサービスを享受できるようになると説明した。また、この取り組みによって、行政の電子政府化(注3)が進展すると付け加えた。

 

(注1)フィリピンの通信ネットワーク・デジタルへの接続を高め、デジタルデバイドを解消するための施策。「国民のブロードバンド」の意味。

(注2)バランガイとは、最小行政単位を意味し、フィリピン全土に4万2,000余りに及ぶバランガイが存在する。

(注3)情報通信技術を駆使することで、行政が有する情報への国民のアクセスの容易性を高めるとともに、情報伝達の効率性や行政サービスの質・透明性を高める取り組み。

(吉田暁彦、サントス・ガブリエル)

(フィリピン)

 

※出典はこちらから

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着ブログ

2022年12月02日

もうすぐ年末年始。「掃除したい場所がたくさんある」「汚れがかなり溜まっていて大変…」という方は、お掃除サービスの力をかりてみませんか?現在EZY LIFESTYLE(イージーライフスタイル)では、期間限定のキャンペーンを12月31日まで実施しています!

2022年11月30日

在フィリピン日本国大使館は12月02日、フィリピン政府は、これまでフィリピンへ入国する際に登録が必要だった「eARRIVAL CARD」を、「eTravel」に変更すると発表しました。

2022年11月25日

フィリピンプライマーが最新号の2022年12月号を発刊しました!今月は、クリスマスギフト&お土産特集!ビジネス特集では、マニラ日本人会会長フィリピン住友商事社長高野誠司氏のインタビューや、樹脂加工業の注目情報をお届けしています。

2022年11月24日

フィリピン発のシュミレーションゴルフ練習場がマカティに誕生しました!現在は特別キャンペーンを実施中ですので、ぜひチェックしてみてください♪

2022年11月24日

マカティの居酒屋 剣心( Kenshin Japanese Izakaya Restaurant)が12月に特別プロモを実施します!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you