ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第六十八回ビジネス烈伝 / ミライフィリピン 社長 本永修さん

第六十八回ビジネス烈伝 / ミライフィリピン 社長 本永修さん
広告

【PR】JPマルザン/J.P MARZAN PROJECT VENTURES.INC - フィリピンの消毒、除菌、感染予防

大型貨物の輸出入手続きや輸送、組み立て、据え付けまでの業務を得意とし、ODA(政府開発援助)案件にも数多く参画する当社では、日本の技術を用いた消毒・除菌サービスを開始いたしました。・・・

フィリピンで梱包事業に参入、世界展開の試金石に

ミライフィリピン
社長
本永修さん

1963年東京生まれ。専修大学付属高校を卒業後、専修大学商学部に進学。1984年に新卒でアパレルメーカーに就職。子供服の営業を手がける。1992年に未来樹脂に転職。新製品の提案などのため、全国の営業を担当。2000年リサイクルの新事業を社内で立ち上げ、16年にフィリピン法人を設立、現職。

好きな言葉
座右の銘といえるかは不透明ですが、行動の指針として「何をするかよりも誰とするか」を非常に大事にしています。今までの様々な経験からこのように感じるようになりました。信頼のおける人と何をしていくのか。日々の生活でもこの言葉を振り返るようにして、仕事に励みたいと思います。

 

2016年にミライフィリピンの社長に就任した本永修さん。アパレル業界での仕入れや販売を経て、未来樹脂に転職。新規事業としてリサイクル材を使用した梱包、輸送用資材の開発に携わり、フィリピンで事業拡大を進める。参入障壁の高いニッチな分野で勝負し、世界展開を見据えてフィリピン市場に布石を打つ。

 

 

編集部

 

学生時代の生活について教えてください。

 

本永さん

 

専修大学の付属高校を卒業し、専修大学商学部に進学しました。3000人もの部員が所属するテニスの同好会リーグに入り、練習三昧の学生生活を送りました。

 

 

編集部

 

卒業後はどうされたのですか?

 

本永さん

 

アパレル企業に入社、営業を8年間しました。低価格で実用的な服から一着何十万円もする高級服まで、幅広く取り扱っている会社で子供服を担当。仕入れから製造、在庫の管理や出荷などすべてを手がけたのが良い経験になったと思います。

 

 

編集部

 

未来樹脂にはいつ転職されたのでしょうか?

 

本永さん

 

1992年、29歳の時に未来樹脂に転職しました。26歳で結婚し子供が生まれたものの、仕事が忙しくて家族の時間をなかなかつくれなかったのが転職の主な理由です。転職活動中に見つけた未来樹脂に惹かれました。

 

 

編集部

 

どのような点が魅力的だったのでしょうか?

 

本永さん

 

実家が機械の修理・メンテナンスなどを手がける会社を経営していたのですが、取引先がたまたま未来樹脂の取引先と一緒で、親近感を覚えました。未来樹脂が扱う資材の市場自体は小さいのですが、ニッチな事業なので参入障壁が高い。今までにない製品を自社で企画、開発し規格品として提案、導入が一度決まると継続的に売り上げが確保できる、その分野のオンリーワン企業としてのビジネスモデルを構築していたことが魅力でした。

 

 

編集部

 

入社後はどのようなご担当だったのですか?

 

本永さん

 

営業です。北は北海道の網走から南は沖縄まで、営業先に訪問して新製品を提案したり、マーケティング調査を行ったりしました。企業側にどういったニーズがあるのかを探り商品化した後は、販路をどのように広げていくかを検討していました。

 

 

編集部

 

何年間営業をされたのですか?

 

本永さん

 

2000年までの約8年間営業を続け、その後は新規事業の立ち上げに携わりました。リサイクル材を使った梱包資材の導入を提案しました。値段が1桁変わるほど、大幅にコストを削減できる点が強みでしたね。

 

 

編集部

 

なぜリサイクル材に着目されたのでしょうか?

 

本永さん

 

2000年に容器リサイクル法が施工され、ペットボトルとそれ以外のプラスチックを分別するというリサイクル方法が広がりました。しかし実情としては、ペットボトル以外のプラスチックには色々な材料が混ざってしまっているので、新しい製品をつくる材料として一般的には使用しにくい。そこで自社の使用済みの材料を自社の技術で製品化できないかと考え、リサイクル製品化事業を立ち上げたのです。産官学で研究を進めた結果狙いは的中。その後、リサイクル材料を活用した梱包、輸送材の展開をスタートしました。初年度で何億円もの売上を計上しました。

 

 

編集部

 

その後フィリピンに進出されたのですね。

 

本永さん

 

以前から、日本企業の進出が盛んなタイや中国への進出のきっかけはありましたが、これから伸びて行くフィリピンで自社が持つ輸送梱包製品の展開をしたいと考え進出しました。また、弊社は世界各国に取引先があり以前ヨーロッパの取引先から、使用済みの弊社製品をリサイクル化技術を用いて新たな製品として再活用して欲しいというご依頼を頂いたのですが、現場で英語を使って仕事ができる人材がいなかったため、実現できずに終わりました。そこで英語が堪能な人材を輩出しているフィリピンで彼らに徹底的に知識や仕組みを教えて海外事業を担ってもらいたいと考えたことも一つの切欠でした。そして、2016年8月に会社を設立しました。

 

 

 

 

編集部

 

どのように販路を開拓されているのですか?

 

本永さん

 

弊社の製品を使用した際の改善効果を数値化し、具体的な改善効果をご提示しています。弊社の製品を使用することで同じ外装箱に200%以上の数量を収容することで輸送費・資材また工程の削減により物流コスト削減につながった事例などがあります。とにかく現場に行き、自分の目でみて、課題や解決方法を考えることが非常に重要です。

 

 

編集部

 

働く上で大事にされていることは何ですか?

 

本永さん

 

コミュニケーションを重視しています。一人一人性格や価値観を異なりますので、それぞれ認め合える職場環境にしていきたいですね。

 

 

編集部

 

現在の課題を教えてください。

 

本永さん

 

人材の育成です。日系の企業を相手にしているので日本の常識が求められる場面が多いのですが、フィリピンの文化とは少し異なる点もあります。今後は社内でマニュアルを作り、業務の見える化を徹底していきます。

 

 

編集部

 

フィリピンに進出するメリットを教えてください。

 

本永さん

 

自社の強みを最大限に活かせることです。こちらではオリジナルのプラスチック輸送資材を使用し、改善を検討するといった手法があまり見られないので一度改善効果を認知して頂ければ拡大が早いかと思います。現在は自動車部品を主に扱っているのですが、今後は製品の幅を広げ、アジアの他国にも展開していきたいです。

 

 

編集部

 

今後計画されている新規事業などはございますか?

 

本永さん

 

梱包、輸送用資材のメンテナンス事業を検討しています。弊社が納入させて頂いた製品を使用後に繰り返し使いたいという依頼をいただくことが多いためです。弊社では一度使用したものをリターナブル資材として利用を世界的にはプラスチックストローを廃止するなど、プラスチックの使用を控える動きが広がりつつあります。弊社では一度つかったものをリサイクル資材として購入して再利用を進めているので、非常によい循環ができつつありますね。

 

 

編集部

 

プライベートはどのように過ごされていますか?

 

本永さん

 

ゴルフ上達に向けて、日々練習しています。

 

 

広告

【PR】オフショア・キャド・アンド・マネジメント / Offshore CAD & Management Inc - フィリピンの会社設立、会計・税務申告、エンジニア採用

2007年にマニラのMAKATIに設立。IT系の日系企業を中心に、ワンタイムとしては法人の設立、ビジネスパーミット取得、労働ビザ取得。毎月の契約としては、記帳代行と税務申告、決算関・・・

広告

ビジネス烈伝

2017年にADBの総裁首席補佐官に就任した池田さん。新卒で財務省に入省後、活動の幅をバングラデシュやフィリピンなど海外にも広げてきた。平和な社会の実現に向け、働く組織や国籍を超えて団結する力の育成に邁進する。
2018年2月に富士ゼロックスフィリピンの社長に就任した加藤英明さん。顧客の業務効率化や業績の拡大をサポートするため、商品の提案だけでなく、印刷に付加価値をつけたサービスの提供に徹底したこだわりをもつ。これまで上海、シンガポール、ミャンマーなど海外に長く駐在した経験をいかし、国の発展や需要に応じた事業展開の舵取りを担う。
焼肉やしゃぶしゃぶが楽しめる和食ビュッフェ店を7月に開業したダイニングイノベーションの西山知義代表取締役会長。焼き肉レストラン牛角など、これまでに様々な業態の店舗を国内外で幅広く展開してきた。「お客様が喜んでくれることがモチベーションにつながる」と語る西山氏は、アジアで多くの人々の胃袋を掴み始めている。
2014年にジョイントベンチャーとして設立されたUCC上島コーヒーフィリピンのCEOを務めるHubert Young氏。三ツ矢堂製麺など多くの日本食事業をフィリピン展開する架け橋となり、飲食業界を30年以上率いてきた。
ラーメン業界の競争が激しいフィリピンにおいて、リーズナブルな価格で勝負をする「RAMEN KURODA」。店舗すべてを直営で展開し、本物の味と質の高いサービスを追求する。

ビジネス烈伝 一つ前のコラムを見る

ビジネス烈伝
2014年にイオンクレジットサービスフィリピンの社長に就任した荒木さん。フランスの銀行会社勤務後に上海での飲食事業立ち上げに参画するなど、多彩な経歴の持ち主だ。冷静な分析力と「何事も現場に答えが落ちている」と語る熱い情熱で、フィリピン人の様々な層に適した金融商品を投入し、彼らの生活力の向上につなげている。

その他

今回はある噂を耳にしてその調査に出かけました。その噂とは、「フィリピンにパチンコ店がある!」なんとフィリピンにパチンコ店があるらしいのです。これはビックニュースです。あの日本で大人気のパチンコがフィリピンにで出来るなんて!
『フィリピンでビジネスを始めるには?』 今月の事例 前回はフィリピンの弁護士や法律事務所についてご紹介させていただきました(もし見逃してしまい、今から見たいとい...続きを読む
。先日僕たちHPN3は日本に行ってきました。 日本に行った時は必ずホームステイファミリーにお土産を買っていっています。チョコレートやスナック菓子、カップラーメンなど。みんな喜んでくれます。僕の帰りよりもむしろお土産を楽しみにしています。
レストラン産業に関わって約23年。エルバート・クエンカ氏は、アップルに勤務した経験も。以前は、ラーメン・優勝軒、メンドコロ・ラーメンバ、日本料理店のKazunoriの経営チームに関わっていたが、現在は彼自身が手掛けるオリジナルベンチャー企業“ステーキ・ルーム・コンセプト”に専念している。
野村総合研究所(NRI)では、DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを通じて社会や企業が「変化が激しい時代の未来を切り開く」支援をしています。今回は、フィリピン企業におけるDX の促進を支援してきた経験を有し、現在はNRI マニラ支店の人事セクターで活躍するMr.Juan Roy にフィリピン企業におけるDX の導入事例についてインタビューした内容を共有します。
フィリピンで食用とされているホタテ貝は主にビサヤ地方で収穫されており、日本のものより小型で成長が早いのが特徴です。品種はイタヤガイ、ヒオウギガイという貝で、通年市場にで回っている食材ですが、素潜り漁であるため海が穏やかな4-9月の方が安定して流通がされているようです。
リーディングカンパニーとしてフィリピン国内家電業界を牽引してきたパナソニック。同社の販売部門を担うパナソニックフィリピンの、豊田勝副社長にお話をお聞きしました。
真のグローバル化を掲げ、キャラクター、エンターテイメントビジネスで世界のリーディングカンパニーを目指す。バンダイフィリピンの社長、石井敦樹さんにお話をお聞きしました。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「ケソンのJAPAN TOWN紹介」です!JAPAN TOWN と言えばマカティのグロリエッタにあるイメージかもしれませんが、僕が住んでいるケソンシティーのアヤラモールにもJAPAN TOWN があります!
トップからフィニッシュまでは0.2秒。その中でスイングを修正するには膨大な練習量が必要だ。でもグリップなら、誰でも5秒で形を変えることができ、真っすぐ飛ぶ球筋に修正できる!指は敏感なので、グリップを変えると最初は違和感が出るもの。でも慣れのも早いので、50球も打てば自分のスイングに馴染むぞ!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー