ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  ビジネストランスフォーメーションを支える『組織風土改革』 ~プロジェクト事例【NRI 野村総合研究所 フィリピンビジネス通信 第23回】

ビジネストランスフォーメーションを支える『組織風土改革』 ~プロジェクト事例【NRI 野村総合研究所 フィリピンビジネス通信 第23回】

フィリピンビジネス通信 ~コンサルの視点から~

ビジネストランスフォーメーションを支える『組織風土改革』 ~プロジェクト事例

野村総合研究所(NRI)シンガポールマニラ支店では、組織風土改革や人事評価・報酬制度等の人事制度改革、データを用いた戦略的人事の変革支援等、組織・人事領域におけるコンサルティングサービスを提供しています。

 

今回は、NRIシンガポールマニラ支店がフィリピンのコングロマリット傘下の企業向けに実施した「ビジネストランスフォーメーションにおける組織風土改革」の事例をご紹介します。

 

フィリピンのコングロマリット傘下にあるインフラ開発・運営を行うA社では従来のコアビジネスに加え、テクノロジーを活用した新規ビジネスを立ち上げ、全社大でビジネストランスフォーメーションを進めてきました。社員は3千人以上いますが、過去の合併・統合や新規ビジネスのために異業種から経験者採用を進めた結果、背景や価値観の異なる様々な”DNA”が混合していました。まだ、「異才融合」には至っていませんでした。組織として大切にすべき「バリュー(価値観)」が明記されたものはありましたが、それが意味するところはリーダー層の中でも異なっていました。

 

 

また、「イノベーション」や「アジリティ(俊敏さ)」と掲げていても、長年コアビジネスを行ってきた社員からすると「絵に描いた餅」というのが現実でした。コアビジネスでうまくやってきた仕事の進め方や意思決定プロセスを「アジャイルに(素早く)!」と言われても「なぜ変える必要があるのか」、「何をどう変えるべきなのか」、ピンと来ないのも想像に難くありません。

 

このような背景の下、A社ではビジネス自体のトランスフォーメーションと同時並行で、組織構造改革、そして「人の意識・文化の醸成」に焦点をあてた組織風土改革を行うことになったのです。変革・改革プロジェクトが失敗に終わる大半の理由は戦略や手法ではなく、「人の意識や感情」といった心理的要因だと言われています。そして、人の意識や組織風土の改革には強いリーダーシップが必要です。A社でもまず行ったのは、経営幹部層とのワークショップです。そこで組織風土の重要性について同じ認識を持ち、言語の共通化を図りました。組織風土の醸成・強化が今後のビジネストランスフォーメーション牽引の源泉となることでしょう。

 

 

フィリピンでの各種調査、事業推進、人事・組織開発を支援します。

 

事業・サービス内容

■産業・市場動向調査

産業・市場動向、規制調査、競合分析、バリューチェーン分析等

■事業支援(ビジネスコンサルティング)

新規事業立案支援、業務改善、M&A準備・実行支援 等

■リーダーシップ開発、組織開発、組織風土改革

人事評価・報酬制度等の人事制度改革、データアナリティクスによる戦略的人事への変革支援 等

 

野村総合研究所グループは、1997年に野村総合研究所マニラ支店を設立以来、フィリピンで各種調査、事業支援、人事、組織開発等に関するコンサルテーションを提供しています。事業課題や予算等に応じて各社の要望に沿った支援内容を提案します。お気軽にご相談ください。

 

 

●本リサーチおよびコンサルに関するお問合せはこちらへ

Nomura Research Institute Singapore Pte. Ltd Manila Branch

住所:26th Fl., Yuchengco Tower, RCBC Plaza 6819 Ayala cor Sen. Gil J. Puyat Avenues, 1200 Makati

メールアドレス:[email protected]

 

野村総合研究所シンガポールマニラ支店の企業情報はこちらから。

 

広告

フィリピンビジネス通信

野村総合研究所 (NRI) シンガポールマニラ支店では、デジタルトランスフォーメーション (DX)の構想策定、フィージビリティスタディ(実行可能性調査)からパイロット実施および実行支援までのコンサルティングサービスを提供しています。今回は、NRI シンガポールマニラ支店が支援しているフィリピンの現地大手ノンバンク企業の声をご紹介します。

フィリピンビジネス通信 一つ前のコラムを見る

フィリピンビジネス通信
今回は、NRIシンガポールマニラ支店がフィリピンの大手現地企業向けに実施した「戦略人事の実現に向けた改革支援」の事例をご紹介します。

その他

皆様、はじめまして。 日本で弁護士をしております上村真一郎と申します。 これまでご縁をいただきましてフィリピンの弁護士と一緒にフィリピンの法律業務に携わる機会が...続きを読む
焼肉やしゃぶしゃぶが楽しめる和食ビュッフェ店を7月に開業したダイニングイノベーションの西山知義代表取締役会長。焼き肉レストラン牛角など、これまでに様々な業態の店舗を国内外で幅広く展開してきた。「お客様が喜んでくれることがモチベーションにつながる」と語る西山氏は、アジアで多くの人々の胃袋を掴み始めている。
飛ばすより曲がらないスイング「ジャンプ」と「90度キープ」が超精度を生む!タメすぎても、ほどけてもダメ。トップの手首90度キープで球がまったくブレナイ。アドレス以外で球が曲がらないポイントは手首にある。切り返しで左手首の90度をキープしながらダウンスイングに移行するのがコツだ。ほどけやすい人はフックボールを練習しよう。
大根はアブラナ科ダイコン属の1年草で、昔から私たち日本人になじみのある野菜の一つです。肌寒い日に食べるおでん、味の染みた大根の煮物、家庭料理には欠かせません。そんな大根ですが、フィリピンでもスーパーなどでよく売られています。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!皆さんモンゴという豆をご存知でしょうか?僕はフィリピンに4年ほどいますが知りませんでした。
おやつが大好きなフィリピンにはたくさんの甘いスイーツがあります! クリスマスシーズンになると街中でPuto bumbong屋台が出没してきます! Puto bumbongとは紫の餅にココナッツや砂糖をまぶして食べるものです。 今回はこのPuto bumbong作りと販売のお手伝いをしてきました!
魚コーナーを覗いてはみるものの、見慣れない魚ばかり。結局いつもの食材をカゴの中に入れてしまう方、いらっしゃいませんか?今回紹介する魚Tulinganもその一つかもしれません。実はこの魚、私たち日本でとても親しみのある魚、鮪の幼魚だそうです。
マニラで15年に渡り飲食業を営む瀬戸氏に、フィリピンにおける飲食ビジネスの現状と、展開されるフランチャイズ事業について直撃取材!! 第二弾
みなさん、こんにちは。 フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です! 今回は「フィリピンでミニ四駆をやろー!!」です。 皆さんご存知!あのタミヤのミニ四駆です! 僕が小学生の頃ミニ四駆二次ブームで、すごく流行りました!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!僕が1番美味しいと思うインスタントラーメンは日清のスパイシーシーフードなのでそれで作ってみました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you