ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンでの他社の株式取得の際の競争法上の手続きについて【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十一回】

フィリピンでの他社の株式取得の際の競争法上の手続きについて【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十一回】

『他社の株式取得の際の競争法上の手続』


今月の事例

Q.このたび、日本法人の完全子会社であるフィリピン法人が他のフィリピン法人の株式全株を譲り受けることを検討していますが、フィリピンの競争法上の手続がどのような場合に必要となりますか?
 
 
<フィリピン競争法の適用がある取引とは>


フィリピンの競争法(Philippine Competition Act)は、競争を阻害する契約や合併、株式譲渡等を禁止しています。そこで、そのような禁止される行為が行われることのないよう、一定の行為についてはフィリピン競争委員会( Philippine Competition Committee; PCC)に届出を行うことを義務付けています。設問のフィリピン法人の株式を取得するに当たっては、以下の2要件を満たす場合、PCCに対する届出が必要となります。

1.取引主体に関する要件
売主グループまたは買主グループのいずれかにおけるフィリピン国内の合計売上高またはフィリピン国内の資産価値が56億ペソを超える場合ここでいう「買主グループ」には、実際に株式を取得する主体だけでなく、その親会社である法人も含まれます。同様に、「売主グループ」には株式を取得されるフィリピン法人だけでなく、その株式を譲渡する親会社も含まれます。

2.取引額に関する要件
(1)取得される株式を発行している法人が所有する、株式以外のフィリピン国内の資産の総価値が22億ペソを超える場合、または、
(2)株式以外のフィリピン国内の売上高が22億ペソを超える場合であって、
(3)株式譲渡の結果、当該法人の株式を取得者が有することとなる議決権が35%を超える場合(既に35%以上を所有している場合は50%を超えることとなる場合)
なお、上記の基準金額(56億ペソまたは22億ペソ)は毎年PCCが改定を行っており(2018年、2019年ともに3月1日に改定)、今年も同様に改定される可能性もありますので、都度確認をされることをお勧めいたします。
 
 
<届出の手続>


先の基準に照らして届出が必要となる場合、売主と買主の双方が届出をPCCに対して行う必要があります(できれば同時に届けることが望ましいとされています)。届出が提出されますと、PCCは15日以内にその形式面をチェックし、不備があれば提出者に補充・修正を求めます。不備がない場合はPCCは形式面は十分である旨の通知を提出者に対して行い、30日間の実態調査に入り、当該取引が競争法上問題がないかどうかを精査します。問題ないとPCCが判断した場合、PCCは当該取引を承認することをウェブサイト上に公表します。また、PCCが30日間以内に判断を行わなかった場合、当該取引は承認されたものとみなすことができます。他方、PCCは更なる情報の提出を上記30日の期間内に当事者に対して求めることも可能であり、その場合、最大60日間待機期間が延長され、60日の期間内にPCCは当該取引を許可するかしないかを決定します。なお、PCCへの届出手続なしに行われた取引は無効であるとともに、取引金額の1から5%の行政制裁金が課される可能性があることに注意が必要です。また、今回は株式譲渡についてのみ説明しましたが、合併や資産譲渡も同様の届出が必要ですので、ご留意ください。
 
 
 

結論

A.債取引の当事者となる売主及び買主グループの資産及び取引の対象となる金額により競争法上の手続を行う必要があります。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

法律あらかると

売買代金の支払いがないのですが、回収するにはどうしたらよいでしょうか。裁判手続きは時間がかかると聞いていますので、それ以外の方法はないでしょうか。
工場の操業を再開し、出社命令を出しましたが、交通手段がないため出社できない社員がいます。この社員を解雇することはできますか?また、出社しない従業員の穴埋めのためにGCQの期間中のみ臨時に従業員を雇い入れることはできますか?
フィリピンで工事請負契約を締結しているのですが、GCQ・ECQのために工事がストップし、納期に間に合わせることができませんでした。注文主から損害賠償を求められているのですが、不可抗力を主張することはできないでしょうか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
フィリピン事業を撤退することになりましたので、現地子会社をなるべく早く清算したいのですが、どのような手続が必要ですか?

その他

レストラン産業に関わって約23年。エルバート・クエンカ氏は、アップルに勤務した経験も。以前は、ラーメン・優勝軒、メンドコロ・ラーメンバ、日本料理店のKazunoriの経営チームに関わっていたが、現在は彼自身が手掛けるオリジナルベンチャー企業“ステーキ・ルーム・コンセプト”に専念している。
今回は「マニラ湾で釣りをしよう」です!僕、田中の趣味は釣りで、日本にいる時は千葉の館山などによく釣りに行っていました。なのでフィリピンに来たら綺麗な海が近くにあり、年中暑いという事でいつでも手軽に海釣りが出来るんじゃないかと期待していました。
法律により保護の対象となる個人情報とは、媒体に記録されているかどうかを問わず、それにより当該個人の特定が明白もしくは当該情報を有する者により合理的かつ直接的に確定することのできる情報、または、他の情報と併せることによりその個人を直接かつ確実に特定することのできる情報であると定義されています。
フィリピンビジネス通信 ~コンサルの視点から~ NO.2 新型コロナウイルスによる自動車業界への影響シナリオ
マニラで10年以上に渡り飲食業を営む事業家・瀬戸正和氏に、フィリピンにおける飲食ビジネス参入のポイントを直撃取材!! フィリピンで起業・投資をお考えの方は必見です。
豚の生姜焼きと言えば、昔ながらの定食屋さんの定番メニューではないでしょうか。生姜の聞いた醤油ベースのたれは豚肉と抜群にマッチし、ごはんが進む進む。 フィリピンは豚肉の消費が非常に高い国なので、安価に購入することができます。
みなさんこんにちはHPN3の堀越、田中、井上です!本日はある場所へ行きました!フィリピンでここと言えばあれしかない!という日本人の方は多いと思います!その場所とは『アンへレス』です!皆さんもう僕達が何をしにアンへレスに行ったかわかりますよね!そう!!アンへレスには有名フィリピン料理のシシグー発祥の店があるのです!
現在駐在員が一時帰国していますが、家族はフィリピンに残っています。駐在員がフィリピンにまだ戻ることができない中、家族のビザの期限が近づいています。家族ビザの更新は可能で しょうか?
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です。今回は「大盛り激辛ヌードルチャレンジ」です。今回は更にハードルを上げて、ラーメン5個にチャレンジ!
油、酢、卵を主原料とした半固体状ドレッシングである、マヨネーズ。元々はスペイン料理のソースの一種でしたが、現在は世界中で家庭の定番調味料として親しまれています。ここフィリピンでも、国内製造の様々なマヨネーズを食品売り場等で手に入れるができます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー