ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  一時帰国中の駐在員のフィリピンに残った家族のビザ【フィリピン法律あらかると第七十二回】

一時帰国中の駐在員のフィリピンに残った家族のビザ【フィリピン法律あらかると第七十二回】

『一時帰国中の駐在員のフィリピンに残った家族のビザ』


今月の事例

Q.現在駐在員が一時帰国していますが、家族はフィリピンに残っています。駐在員がフィリピンにまだ戻ることができない中、家族のビザの期限が近づいています。家族ビザの更新は可能で しょうか?
 
 
昨年3月からのコミュニティ隔離措置の後、業務の必要性等から、駐在員自身は日本に一時帰国をし、家族のみがフィリピンに残られているケースもあると思います。その後、駐在員自身がフィリピンに再入国することができない中、家族の9(g)ビザの期限が近づいているというケースも発生してきています。そこで、そのような場合、どう対処したらよいのかについて解説させていただきます。

まず、一般的な家族用の9(g)ビザの取得の方法から説明させていただきますと、家族用のビザは駐在員本人が9(g)ビザを取得するときに同時に申請するケースと、先に駐在員本人が赴任して9(g)ビザを取得したあとに家族を呼び寄せてビザ申請をするケースの2種類があります。なお、コロナによるコミュニティ隔離措置前は申請書類の提出後、移民局(BI)で申請者に対するヒアリングが行われていましたが、現在はこのヒアリングの手続は行われていないとのことです。

次に、一般的な家族用9(g)ビザの更新手続ですが、これは、駐在員本人の9(g)ビザ更新の手続きと同時に申請がなされ、駐在員本人のビザ更新がなされた場合、家族も同時に更新がなされます。もっとも、この申請を行うためには、申請者、すなわち、駐在員本人と家族がフィリピン国内にいる必要があります。

それでは、設問のように、駐在員本人が日本に一時帰国している場合ですが、原則論からいいますと、本人のビザが本人がフィリピンにいないため期限までに更新できないとなると、駐在員本人だけでなく、家族のビザも期限の経過により失効することになります(原則的には失効前にビザのダウングレード手続を行うことが求められ、それを怠りますと罰金が科される可能性があります)。しかしながら、コミュニティ隔離措置に伴い、外国人のフィリピンへの入国が制限されている現状に鑑み、移民局に確認したところによりますと、事情を説明する文書を提出することにより、駐在員本人がフィリピン国外にいる場合であっても、家族用の9(g)ビザの更新申請を受け付けることもあるとのことです。具体的な手続につきましては専門家にご相談されることをおすすめ致します。

なお、2月4日付のIATF決議第98号により、これまでは2020年12月17日以降にフィリピンを出国した方に限られていた9(g)ビザ保有者の再入国が、2020年3月20日時点、かつ、再入国時も有効なビザを有する方については2021年2月16日以降可能となったようですが、詳細については本稿作成時点ではよくわかっていません。引き続き、フィリピン政府の発表を随時ご確認ください。
 
 

結論

A.原則は駐在員本人と同時の更新が必要ですが、事情を説明することにより、駐在員本人不在でも更新される場合もあります。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

法律あらかると

税制改革法案が話題になっていますが、フィリピンではどのようにして法律ができるのでしょうか?今回は、フィリピンにおいてどのようにして法律ができるのかを解説しています。
コミュニティ隔離措置により工場が一時操業停止になったことにより、他の工場への異動を求められたところ、出勤しなかった従業員がNLRCに異議を申し立て、当社に通知が届きました。これはどのような手続でしょうか?
フィリピンの法律の専門知識を解説する「フィリピン法律あらかると」のコーナー。今回はフィリピンでの刑事告訴について、当て逃げ事件をベースにご紹介します。
今回は、フィリピン現地法人の株主総会のオンライン開催について解説します。リモート開催時の株主総会の進行方法についてもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。
今回は、小売業自由化法の改正審議状況について解説します。

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
コミュニティ隔離措置の開始時に駐在員を帰国させましたが、フィリピンに戻れる前にAEPと9(g)ビザが失効しました。今後渡比が可能になった場合、どうすればよいでしょうか?

その他

静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
2014年にジョイントベンチャーとして設立されたUCC上島コーヒーフィリピンのCEOを務めるHubert Young氏。三ツ矢堂製麺など多くの日本食事業をフィリピン展開する架け橋となり、飲食業界を30年以上率いてきた。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「サルディナスパスタを作りました」です!皆さんサルディナスって知ってますか?
みなさん、こんにちは。HPN3 の堀越、田中、井上です! 今回は「フィリピンの心霊スポットに行きました」です! フィリピンの夏がやって来ました!
野村総合研究所(NRI)マニラ支店では、人事・組織コンサルティングサービスの一環として、マネジャーや次世代幹部候補向けの教育研修を実施しています。  今回は、コロナ禍でオンラインによる研修を実施してきたNRI マニラ支店支店長の高岡とシニアビジネスアナリストの山下に、インタビューした内容をご紹介します。
東京カフェ7店舗をはじめ、合わせて17の飲食店のフィリピンでの事業展開にかかわってきたレストランコンサルタントの吉沢淳さん。さまざまな変遷を経てコーヒー業界に足を踏み入れ、当地で起業した経緯を、その人となりとともに伺いました。
「森のバター」として知られるアボカド。まったりとした食感と綺麗な色合いから日本ではサラダや前菜などに使われたり、わさび醤油でそのまま食べたりすることが多いですが、フィリピンではコンデンスミルクをかけて食べたり、シェークにしたりと、デザート的な感覚で使われることが多いようです。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
フィリピンで日本のお笑いを広めるため、フィリピン住みます芸人のハポンスリー(HPN3)がマニラにやって来た!タガログ語の芸でフィリピン人を笑わせます!?プライマーでは毎週金曜、ハポンスリーのお笑いムービー(日本語字幕付き)をお届けします♪
今回は「セブ島のQQENGLISHで英語勉強して来ました!」です。僕たちは普段ネタなど日常会話は全てタガログ語を使っています。フィリピンに初めて来た時にタガログ語も英語も全く喋れなく、まずはフィリピンの公用語タガログ語を勉強しました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー