ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンの立法過程【フィリピン法律あらかると第七十三回】

フィリピンの立法過程【フィリピン法律あらかると第七十三回】
広告

【PR】RISE・ライズ - フィリピンの高速インターネット回線、フィリピンの企業向けインターネットプロバイダー

フィリピンの高速インターネットプロバイダー、RISE。独立したビジネスインターネットサービスプロバイダーとして、"フィリピンのインターネットを加速させる" というミッションのもと、・・・

『フィリピンの立法過程』


今月の事例

Q.税制改革法案が話題になっていますが、フィリピンではどのようにして法律ができるのですか?
 
 
今般、税制改革法第2弾が話題となっていますが、フィリピンにおいてどのようにして法律ができるのかについて解説致します。 フィリピンにおいて立法権限を有する機関は国会(Congress)です。国会は、上院(Senate)と下院(House of Representatives)の2院によって構成されており、その構成員である議員は、それぞれ選挙で選出されます(現在の上院議員は24名、下院議員は300名)。

上院、下院とも、法案の審議の方法は同じです。ここでは、下院にまず法案が提出されたと仮定して説明します。まず、法案が議員または下院の法案起案局にて起草され、担当部局に提出されます。提出されますと法案に番号が振られ、第1読会(First Reading)の期日が予定されます。第1読会においては、議案の名称および番号が読み上げられ、適切な委員会での検討に付されます。委員会において議案の内容が検討され、必要な場合には一般からの意見の聞き取りなどが行われます。これらの検討を踏まえ、委員会は議案に必要な修正等を加え、委員会報告を作成します。
 
続いて開催される第2読会では、全議員が参加して、法案の審議が行われ、ここでも必要な修正等がなされ、最終的には議案の採決が行われます。第2読会において可決された議案は、最終案が作成され、第3読会において議決がなされ、可決された場合は法案が上院での検討に回され、同様の手続きを行います(第1読会から第3読会まで)。なお、議案の審議のスピードアップを図るため、両院の議員が同じ法案を提出し、両院で同時に審議がなされることもあります。

両院での議案の審理の結果、途中で修正が入るなどにより最終的に可決された法案が同じ内容でない場合、両院の法案の内容を合致させる必要があります。このような事態が生じた場合、両院協議会が開催されます。両院協議会は、上院下院の議長がそれぞれ議員を任命し、任命された議員が法案のすりあわせのための議論を行い、最終的には法案を一本化します。

一本化された法案について再度両院において採決が行われ、可決された場合、その法案は大統領に回されます。大統領は憲法上、議会において可決された法案に対して拒否権を行使することができますので、提出された法案の全部または一部について拒否権を行使することができ、その場合、法案は再度両院に差し戻されます。
 
両院は必要な修正を加えて再度法案を可決し、大統領の承認を求めることもできますし、両 院の3分の2以上の賛成がある場合、大統領の拒否権を覆すこともできます。こうして、大統領の署名を得た場合、または両院において拒否権を覆す賛成を得た場合、法案は法律として成立します。また、大統領が法案を受け取ってから30日が経過した場合も、法案は法律として成立します。成立した法律は、一般的には官報や一般紙上で公表されます。
 
 

結論

A..一般的には、国会の両院で審議がなされ、可決されたあとに、大統領が署名をすることにより法案が法律として成立します。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

【PR】はつはな亭日本食レストラン(Hatsu Hana Tei) - マカティで本格和食なら!

はつはな亭は、マカティのリトル東京の向かいに建つHerald Suites Hotel(ヘラルドスイーツホテル)内の和食レストランです。寿司カウンターや個室も併設しています。アラカ・・・

広告

法律あらかると

コミュニティ隔離措置により工場が一時操業停止になったことにより、他の工場への異動を求められたところ、出勤しなかった従業員がNLRCに異議を申し立て、当社に通知が届きました。これはどのような手続でしょうか?
フィリピンの法律の専門知識を解説する「フィリピン法律あらかると」のコーナー。今回はフィリピンでの刑事告訴について、当て逃げ事件をベースにご紹介します。

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
現在駐在員が一時帰国していますが、家族はフィリピンに残っています。駐在員がフィリピンにまだ戻ることができない中、家族のビザの期限が近づいています。家族ビザの更新は可能で しょうか?

その他

今回僕は英語の勉強に行ってきました! 行った先は以前にもお世話になったb.E.Campさん! マニラから一時間ほどのサンペドロシティにある英語学校です。 今回も学校紹介をしようかと思ったのですが、学校紹介は以前やったので今回は学校近くのラーメン屋さんを紹介します!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「TOYCON2019に行ってきました」です! TOYCON とはフィリピンでとても大きなオタクフェスでコスプレやフィギュア、アイドルなど色んなジャンルがあり毎年開催されています。
SkyJet Airlinesの最高経営責任者であるパトリック・タン氏。過去にはSEAir, Inc.やTiger Airwaysで社長を務めた経験があります。
今回は「日本人が経営しているラーメン屋に行きました」です!ある噂を耳にしたので、それを確かめに行きました! その噂とは一杯25ペソのラーメン屋がある! しかも日本人が経営しているというもの。 場所はLRTのモニュメント駅から徒歩3分のイレブンストリートを入った所。
日比租税条約による節税案について 第2回目は日比租税条約による節税案についてお話させて頂きます。
構えてからじっと固まってなかなか動かない”お地蔵さん”みたいな人がいますよね・実は止まっている時間が長いと、あれこれ考えてしまうので力みやすいんです。私は構えたらなるべく時間をかけ最低でも3秒以内です。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「カルビーハニーバターて卵焼き」てす!2019年にハニーバターのCMに出演さしていただいて、少し知名度があがり、今でもFacebookにカルビーのcmが流れていたりて絶賛売り出し中のチップス!
解雇された従業員がDOLEに異議を申し立て、当社に連絡が来ました。これはどのような手続きでしょうか?
今回僕たちはディビソリアに洋服を買いに行きました。 フィリピンにはUkay ukayと呼ばれる古着屋さんがたくさんあります。 Ukayとは「掘る」という意味があります。 掘り出しものを探す感じからきてるのでしょうか。 今回行ったのはディビソリアの少し外れのトンド教会の近くのUkay ukayです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー