ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  会社のための名義株の保有【フィリピン法律あらかると第八十二回】

会社のための名義株の保有【フィリピン法律あらかると第八十二回】

『会社のための名義株の保有』


今月の事例

Q.フィリピン子会社の取締役とするために現地子会社のフィリピン人従業員に子会社の株式を保有させることとしました。その際に注意することはありますか?
 
 
フィリピンでは、内国法人の取締役となるためにはその法人の株式を所持していることが必要なため、日本の親会社の完全子会社であったとしても、取締役となる個人には株式を所有させる必要があります。子会社出向中の駐在員であれば帰任時に後任の駐在員に株式を譲渡することを拒否するケースはないと考えますが、現地採用のローカル従業員を取締役とするために株式を保有させていた場合でその退任を求めるときに株式の譲渡を拒絶するケースが時折発生します。そこで、そのようなことにならないように会社として何らかの事前対策ができるのかにつき解説します。

<実質的所有者の報告>
SECは2021年1月27日付けで覚書回状を発表し、これにより内国法人はSECに対してノミニー株主及び取締役を有する場合、かかる事実が発生した日から30日以内にその事実につきSECにオンライン形式にて報告することが求められることとなりました。なお、この報告を怠った場合、罰金(5,000ペソから200万ペソ及び日額1,000ペソを超えない遅延した日数分の罰金(ただし、200万ペソを上限とする))、設立許可証の停止または失効等の罰則が科される可能性があります。また、この報告に加え、GISにおいても同様の開示を行う必要があります。

次に、取締役を交代するに当たり、これまでの取締役から新しい取締役に株式を譲渡する際の手続きですが、これは通常の株式譲渡と同じように株式譲渡証書(Deed of Assignment of Share)を新旧取締役の間で締結し、BIRにて必要な税金を納めてCARを取得の上、株式譲渡の事実を株主名簿(Stock Transfer Book)に登録すれば足りるということになります。

以上が新旧取締役の間でスムーズに株式の引き継ぎができる場合の手続きになりますが、少しであったとしても将来的に株式の譲渡を求めるときに素直に応じてもらえない可能性があるときには以下の方策があり得ます。まず、ノミニー株主として株式を譲渡する際に、その個人の株式の所持は株式の実質的所有者である親会社のためであり、あくまでノミニーとして所持していることを明確にするため、会社とノミニー株主との間で委託契約書(Trust Agreement)を締結して、会社が求めるときにはノミニー株主はその所有している株式を会社に返還または会社の指定する第三者に譲渡することを義務づけておくことが考えられます。これにより、仮に将来的に株式の譲渡を拒絶された場合、この委託契約に基づく株式の譲渡請求を行うことが法律的に可能となります。なお、このノミニー株主及び取締役は外資規制を逃れるために利用することは許されていませんので、注意が必要です。
 
 

結論

A.SECに対して実質的所有者の報告を行うと共に、委託契約等を締結してあくまで親会社のための株式所有であることを明確にするべきでしょう。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-8892-3011(代表)・02-8892-3020(日本語対応)・0917-851-2987
E-mail: [email protected]


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

フィリピン法律あらかると

フィリピン法律あらかると 一つ前のコラムを見る

フィリピン法律あらかると
今回は、LMC(労使協議制)について解説します。

その他

知的財産問題は、大企業だけが巻き込まれる特殊な問題だと思っていませんか? 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか? 本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回は田舎に家を探しに行きました!場所はTrece Martirez というカビテの田舎です。
モールオブアジアに待望のユニクロ1号店がオープンしました。今回は、ユニクロのグローバル・ワンを浸透させるため奔走された久保田勝美最高執行責任者(COO)にお話を聞きました
今回は「釣具を買って釣りに行こう!」です。 何度か釣り動画を上げさせてもらいましたが、 そもそも釣具はどこで買い揃えたらいいかなど言っていなかったと思うので今回は、釣具屋紹介をしたいと思います!
 フィリピンでもベストセラーとなっているKOOLFEVER(熱さまシート)を販売している小林製薬。謙虚、感謝の気持ちを持って様々な意見を受け入れながら、フィリピンでの「あったらいいな」を見つけ出し、フィリピン人の生活を豊かにしたい。そんな想いを持つ、KOBAYASHI PHARMACEUTICAL (SINGAPORE) PTE. LTD. MANILA BRANCH の鳥原さんにお話しを伺いました。
【カビテ】近年フィリピンには新しいゴルフ場が次々に誕生していますが、皆さん、様々なゴルフ場でスキルを磨きながら和気あいあいと活動されています。第1回は「リビエラ会」。安間浩志さんにお話をお聞きしました。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!日本とフィリピンの市場は色々違います。油がプラスチック袋に小分けされて売ってたり、ココナッツの中身を削って売ったり、その場でココナッツミルクを絞ったり。
今回はマニラで活動している日本人サッカーチームMAJ(Manila all Japan)にお邪魔してサッカーをしてきました。 主な活動として毎週月曜日と水曜日の22時からマカティでフットサルをしているのと、 日曜日にはBGCなどのサッカーグラウンドで試合をしています。
おやつが大好きなフィリピンにはたくさんの甘いスイーツがあります! クリスマスシーズンになると街中でPuto bumbong屋台が出没してきます! Puto bumbongとは紫の餅にココナッツや砂糖をまぶして食べるものです。 今回はこのPuto bumbong作りと販売のお手伝いをしてきました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you