ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  会社清算に関する新ガイドラインについて【フィリピン法律あらかると第八十五回】

会社清算に関する新ガイドラインについて【フィリピン法律あらかると第八十五回】

『会社清算に関する新ガイドラインについて』


今月の事例

Q.フィリピン法人の清算について SECからガイドラインが出たと聞きましたが、どのような内容ですか?
 
 
未払い債務を解消した上でフィリピン法人を清算する方法として、 清算決議を行う方法と、法人の存続期間を短縮する方法があること を第60回でご紹介させていただいておりますが、今般SECが上記の 方法で法人清算を行う場合等の必要書類等についてガイドラインを 発表しました(SEC覚書回状2022年第5号)。そこで、今回はそのガイ ドラインの内容につき紹介させていただきます。

<清算決議による場合>
この場合、以下の申請書類をSECに対して提出することが必要です。
・社名、SEC登録番号、本店、Eメールアドレス
・代表者の名前、役職、住所
・清算を求める旨及び清算が法人の債権者を害するために行われる ものではないことについての供述
・清算の理由
・株主に対する清算決議のための株主総会開催通知
・通知の公表の詳細
・清算を承認した株主、取締役等の名前
・清算を承認し、申請のための代表者を指名した取締役会決議の公 証済み写し
・社内の紛争に関する係属事件がない旨の供述
・申請場所の選択に関する代表者が署名した証明書

上記の申請書に加え、以下の添付書類を提出する必要があります。
・最新のGIS
・株主総会開催通知の公表に関する証明書
・(適用ある場合)直近の会計年度の監査済み財務書類(AFS)
・BIRのタックスクリアランス
・社内紛争の不存在についての秘書役の証明書
・(必要な場合)SECのほかの部署または政府機関からのクリアラン スまたは推薦
申請書類の提出から15日以内に申請の撤回がない場合、SECは 清算証明書を発行し、これにより清算が直ちに発効します。

<存続期間の短縮による場合>
従来の法人の存続期間の終期を前倒しする定款変更を行い、そ の定款変更の承認を求める申請をSECに対して行い、これが認めら れた場合、変更された法人の存続期間の終期に当該法人は清算し たものと見なされます。SECへの申請書類は、新たな存続期間の終期 が変更申請の承認日から1年以上か、未満かにより異なります。
1.存続期間を定款変更承認の日から1年以上先とする場合
・法人の存続期間の短縮につき、取締役会の過半数の賛成及び無議 決権株式を有する株主を含む株主の3分の2以上の賛成により決議 されたこと等を含む取締役による証明書
・変更された定款
・法令遵守監査部門の監査クリアランス
・社内紛争の不存在についての秘書役の証明書
・(必要な場合)SECのほかの部署または政府機関からのクリアラン スまたは推薦

2.存続期間を定款変更承認の日から1年未満とする場合
上記に加え、
・直近の会計年度の監査済み財務書類(AFS)
・存続期間の短縮が債権者を害さないこと及び債権者から異議が出 ていないことについての社長及び財務役の証明書
・BIRのタックスクリアランス
等が必要となります。

今回のガイドラインでも清算決議の場合及び存続期間を1年未満 に短縮するためにはBIRのタックスクリアランスが必要とされている ことは変わりません。
 
 

結論

A.これまでの実務を踏襲したも のになりましたが、必要書類等が明確になりました。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-8892-3011(代表)・02-8892-3020(日本語対応)・0917-851-2987
E-mail: [email protected]


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

フィリピン法律あらかると

フィリピンの裁判所でフィリピン法人に対する金銭支払請求の裁判に勝訴しました。フィリピンでは判決はどのように執行されるのでしょうか?

フィリピン法律あらかると 一つ前のコラムを見る

フィリピン法律あらかると
今回は、フィリピンの選挙について解説します。

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「フィリピン食堂に日本のカレーがあったらオーダーしてもらえるのか!?」です。僕が今住んでる家のすぐそばにはフィリピン食堂が何軒かあり、昼時になると沢山のフィリピン人で賑わいます。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です。私、堀越がフィリピンに来て思っている事があります。それは「フィリピン人女性はみーんな消毒用アルコール持ち歩いてるんじゃないか?」です。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!先日、なんと愛犬が出産しました!今産まれて1週間ほどで目も開いてない状態ですがめちゃくちゃ可愛いです!
とんかつにコロッケ、ミックスフライ。揚げ物料理に欠かせない食材”パン粉”。ここフィリピンでも揚げ物料理は多く、スーパーでは様々なパン粉を入手することができます。そんなフィリピンのパン粉を使って今回は自宅で作れる厚切りとんかつをご紹介します。少しの手間をかければおウチでもサクサクジューシーなとんかつに!ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね。
今回は「釣りをしよう!イン オロンガポ」です! 久しぶりに遠出してきました! 遠出といってもクバオからビクトリーライナー(バス)で3時間!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「フィリピンの遊びビアポンを紹介します」です!みなさん!ビアポンって知ってますか?
皆さんこんにちは!ハポンスリーの井上です! 今回お仕事で日本に帰らせて頂いたので 僕の出身地広島にある平和公園を紹介したいと思います。
フィンテック分野で急成長を遂げているFirst Circle(ファーストサークル)の副社長を務めるMoritz Gastl氏。独自に開発した信用評価プロセスを基に、スタートアップやスケールの小さい企業の事業成長を資金面からサポートする。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「コスプレしてジョリビーに行ってみた」です!フィリピンは日本のアニメがすごい流行っていて、毎月のようにコスプレイベントがあります。
フィリピンの危機的状況にいる子どもたちの支援をしているNPO法人ICANマニラ事務所でスタディツアー、研修事業、国際理解教育、資金調達を担当しています。スタディツアー、研修においては、日本からフィリピンの現状について学びたい人を募集し、ICANが実際に活動している事業地に案内します。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you