ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  小売業自由化法の施行規則【フィリピン法律あらかると第八十六回】

小売業自由化法の施行規則【フィリピン法律あらかると第八十六回】

『会社清算に関する新ガイドラインについて』


今月の事例

Q.小売業自由化法の改正法の施行規則が発表されたそうですが、どのような内容ですか?
 
 
2022年3月22日に2000年小売業自由化法(Retail Trade Liberalization Act of 2000;共和国法第8762号)の改正法(共和国法第11595号)の施行規則(Implementing Rules and Regulations; IRR)が発表されましたので、その主な内容につきご紹介させていただきます。先に公表された小売業自由化法の改正により、外資による小売業への参入へのハードルが引き下げられましたが、実際の運用に際しては施行規則の定めがどうなるかが待たれていましたので、今回その施行規則が発表されたことにより、参入のための条件がより明らかとなりました。

<外国小売業者の登録等の要件>
払込資本の40%以上を外国資本が占める法人(以下、外国小売業者といいます。)は、a) 2500万ペソ以上の最低払込資本金を有し、b)その国がフィリピン人に対しても同様に小売業への参入を認めている場合は小売業に従事又は投資することができます。また、外国小売業者のSECへの登録に際しては、a)2500万ペソ以上の資本金の払い込みがなされたことに関する銀行等が発行する証明書、b) 前記b)の要件を満たしていることにつき、当該国の政府職員又は大使館等が発行する証明書の提出が必要とされます。 また、上記の要件は外国小売業者がオンラインでの小売業に従事する場合も必要であることが明示されました。既にオンラインでの小売業に従事している外国小売業者は、上記の最低払込資本金まで資本金を引き上げる必要があり、これを怠ると罰金が課されたり、将来的な事業の停止等の処分が課される可能性があります。 さらに、フィリピン人資本が60%以上の場合は、2500万ペソの最低資本金要件や1店舗あたりの最低投資要件も適用されないこととされました。改正法前は少しでも外国資本が入る場合には厳しい最低資本金の要件がありましたので、フィリピン側が60%以上の出資の場合は小売業への参入がかなり容易になりました。

<必要条件の遵守に関する規則>
外国小売業者は2500万ペソの払込資本金を常に維持することが求められますが、当該金額は店舗あたりの投資要件を充足するために使用することは可能です。1店舗以上の実店舗により小売業に従事する外国小売業者は1店舗あたり1000万ペソ以上を投資する必要があります。もっとも、共用の施設等への投資もそれを利用する店舗数に応じて上記投資額として考慮することが可能です。改正法により、外国小売業者に対する一定の割合でのフィリピン国内製品の取り扱い義務は撤廃されましたが、国内製品の取り扱い(店舗におけるフィリピン部門のスペースの確保、袋や箱といった梱包製品の国内製品の利用、国内産原料の使用等)が推奨されます。

外国小売業者は、最低資本金の維持及び利用、店舗の所在地、店舗あたりの投資及び操業状態、(適用ある場合)現地生産品の在庫、その他要求される事項につき、毎年SEC又はDTIに報告することが義務付けられました。
 
 

結論

A.外国小売業者がSEC登録するための要件が更に規定されるとともに、登録後の遵守事項についても明らかにされました。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-8892-3011(代表)・02-8892-3020(日本語対応)・0917-851-2987
E-mail: [email protected]


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

フィリピン法律あらかると

フィリピンの裁判所でフィリピン法人に対する金銭支払請求の裁判に勝訴しました。フィリピンでは判決はどのように執行されるのでしょうか?

フィリピン法律あらかると 一つ前のコラムを見る

フィリピン法律あらかると
今回は、会社清算に関する新ガイドラインについて解説します。

その他

フィリピンでの外資規制緩和の動向について説明します。昨今、フィリピンにて3つの外資規制緩和に関する法案が議会を通過しました。1つ目が「小売り自由化法の改正法案」、2つ目が「外国投資法の改正法案」、3つ目が「公共サービス法の改正法案」です。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!最近はステイホームで家で映画を見る機会も増えました。そんなある日、フィリピン人友達と映画の話をしていると話が噛み合いません。同じハリウッドムービーの話をしているはずなのに...
フィリピンビジネス通信 ~コンサルの視点から~ NO.2 新型コロナウイルスによる自動車業界への影響シナリオ
2016年10月に三菱商事のシニア開発オフィサーに就任した栗生さん。近年、フィリピンではショッピングモール内に日本コンセプトの商業エリアや日本のコンテンツに対して注目が集まっている。JR東日本で培った沿線再開発のノウハウを糧に、不動産開発を通じて海外と日本をつなげる仕掛け作りに注力する。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!僕はフィリピン料理の中だと、アドボとパンシットビーフンが好きなのですが、今回はこの2つを掛け合わせたアドボビーフンを作りました!
日本ではもちろん世界中で人気のアニメ「ワンピース」や「ドラゴンボール」。
東映のアニメを20年間作ってきた祖谷さんに尋ねました。
今回は「フィリピン大学のTOMOKAI(日本愛好サークル)のイベントに参加してきました」です。フィリピン大学はケソンシティーにある国立大学でフィリピンにおける最高ランクの大学です。そのフィリピン大学に、TOMOKAIという日本愛好サークルがあり、今回はそのイベントに参加してきました。
今回僕らは、とあるご縁からROUGEさんのライブに出させてもらう事になりました!ROUGEさんとは…Karaさん(Bass),Princessさん(Violin),Jeriさん(Guitar),Gyanさん(Drums)からなる女性四人組バンドです。
マニラからバタンガス方面に1時間ほどの場所に立地するのがMt. Malarayat。コースはMakulot、 Lobo、Malipunyoのそれぞれ9ホール、計27ホールからなり、景観が良く、フェアウェイも広く、とても気持ちの良いコースです。
フィリピンの激安マーケットといえばDivisoria!そしてDivisoriaといえば値段交渉です!僕がホームステイしている母ちゃんもよく買い物する時に値段交渉をして安くしてもらっています。という事で今回僕たちはDivisoriaで値段交渉をしてきました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you