ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 トマトケチャップ(Tomato Ketchup)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 トマトケチャップ(Tomato Ketchup)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 トマトケチャップ(Tomato Ketchup)



メイドさんも簡単に作れる!

 

●材料(1人分)

玉ねぎ(粗みじん 切り....................50グラム
鶏肉..............................................70グラム
ご飯..............................................200グラム(茶碗一杯強)
トマトケチャップ...........................大さじ3
バター...........................................小さじ1
油.................................................小さじ1(ケチャップライス用)
油.................................................大さじ1(オムレツ用)
卵.................................................2個
牛乳..............................................大さじ1
塩コショウ....................................1つまみ

 




●調理ポイント

基本のオムライスということで、材料は極限までシンプルに。どこでも手に入る材料のみで仕上げました。ケチャップライスにバターを使うことで風味が増しますが、調理時に焦げやすいくなってしまうため。油を混ぜています。ローカルバターは香りが独特であるため、Anchor Butterなどの輸入バターの使用がオススメです。

 

フィリピン食材
まめ知識



フィリピンでは安価で手に入り、甘味が国民性に合う、ということからバナナケチャップがケチャップ需要の主流となっています。国民食であるジョリビーでは、甘いトマトケチャップを使用したスパゲッティは大人気です。しかしながら、やはりケチャップには酸味が欲しいもの。普段の料理や食卓のお供にもカゴメケチャップのようなトマト感が欲しい、という方は私だけでは無いように思います。メトロマニラ近郊の日本食材店では日本からのトマトケチャップを購入することが可能ですが、一般的なスーパーでも海外ブランドのHeinzやDelmonteといったトマトケチャップを購入することができます。日本ではあまり見かけない瓶のタイプやキャップ付きのテトラパックが売られており、使用用途に合わせて選べます。今回はそんなトマトケチャップを活用したオムライスのご紹介です。半熟卵のオムライスやドレスオムライスなど、巷では様々なオムライスが流行っていますが、やはり最終的に落ち着くのは家庭ででてくるようなケチャップがかかったオムライスではないでしょうか?メイドさんも簡単に作れるように、youtubeチャンネルsimplejapanesefood.comでも詳しい作り方を紹介しています。是非調理時の参考にしてみてください。

 

 

 

 

● 手順(調理時間90分)

 

フライパンにバターと油を入れ温める。

バターが溶け、香りが出てきたら鶏肉、玉ねぎを塩コショウで炒めていく。

ご飯、トマトケチャップを入れ、ケチャップライスとなるよう全体的に馴 染むまで炒めていく。

ケチャップライスが完成したら、お皿に一旦移し、オムレツの準備をする。

フライパンに油を入れ、温める。卵と牛乳を混ぜたものをフライパン全体にひく。

火加減を中ー弱に調整し、下が焦げ付かないよう、全体に火が入るようフライパンを動かしながら卵に火を通していく。(卵はひっくり返さなくてOK)

卵に火が通ったら、お皿にラップをひき、そこへ移す。

その上にケチャップライスをのせ、写真のようにドーム型に成型しくるりと回してお皿に盛り付ける。

仕上げにケチャップを上からかけて完成!

 

(/Cooking time: 15 min)


chopped white Onion..................50g/1.8oz
cube cut Chicken meat...............70g/2.5oz
Rice.............................................200g/7oz
Tomato Ketchup..........................3tbsp/54g
Butter......................................1tsp/4g
Oil............................................1tsp/4g
Egg..............................................2
Milk....................................1tbsp/15g
Salt and pepper..........................1pnch

 

● STEPS

Heat frying pan with Oil and Butter.

Once Butter Melted, Start saute Chicken and Wshite Onion with Salt and Pepper.

After Chicken and Onion cooked, Put Rice and Tomato ketchup. Continue to Saute until All ingredients are mixed.

Once It became “Ketchup rice”, transfer to any plate. then now we start to prepare to make Omelet part.

Heat frying pan with oil. then put Egg for omelet ( mix advance 2Eggs and Milk in any bowls)

Make fire level low to middle. Move frying pan sometimes for not burn it. (You don’t need to turn around Omelet. just heat bottom part.)

Once omelet cooked, put cling wrap on plate, then transfer on it.

after Omelet transfered, put Ketchup rice on it. Wrap all from outside, shape like Rugby ball. then Turn around all, decorate on plate. like photo.

Put additional Tomato ketchup for toppings.

 

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

Vermicelli(パーミセリ)とは、イタリア語でミミズのような細長いものを示し、最も細いパスタの名所でもあります。また春雨やビーフンなど、世界中の細い麺の総処としてこの言葉が用いられます。
バーベキューやステーキレストランでお馴染みのベイビーバックリブ。日本の食肉需要等から、日本の精肉店ではあまり骨付きの塊肉は入手しづらいかもしれませんが、フィリピンではスーパーでも市場でも、至るところで色々な塊肉を見かけることができます。
フィリピンで手に入るスパイシーな調味料、グリーンカレーペースト。 元々はタイ料理のグリーンカレーを作るためのものですが、ここフィリピンでも家庭料理や、タイ料理、他アジア料理を作るためにスーパーなどで手軽に入手できる食材の一つです。
人気の缶詰シリーズ。今回は缶詰の定番ツナ缶のご紹介です。日本と同じく、ツナ缶はここフィリピンでも、コンビニなどで手軽に入り食卓で親しまれている食材の一つです。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
フィリピンの三大調味料の一つであるお酢。(醤油、魚醤、酢)タガログ語ではスーカ。原材料にサトウキビが使われているため英語ではCane Vinegarと呼ばれています。

その他

フィリピンでラーメン店のフランチャイズ事業をやろうと計画していますが、契約を締結する際にはどういう点に注意すればよいですか?
『フィリピンで株式会社を作るには?』
今回は前回の検討を経ていよいよビジネスを始めるに当たって100%日本資本で株式会社を設立することになった場合についてご説明させていただきます。
さつまいもの生産には日が良く当たり、通気性の良い、痩せた土が最適とされています。そんなことからフィリピンでは色々な種類のさつまいもが年中を通して生産されているのかもしれません。
魚コーナーを覗いてはみるものの、見慣れない魚ばかり。結局いつもの食材をカゴの中に入れてしまう方、いらっしゃいませんか?今回紹介する魚Tulinganもその一つかもしれません。実はこの魚、私たち日本でとても親しみのある魚、鮪の幼魚だそうです。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回はフィリピン人が大好きなデザート「kakanin」を紹介します!皆さんもフィリピンのパーティーに参加された際によく目にすると思いますが、ライスケーキのデザートです。
『フィリピンでの労働紛争の解決手続はどうなっている?』今回は再びビジネスの話に戻り、フィリピン人を雇用したところ、給与の支払いや解雇など、様々な労働問題でもめてしまい……
今回は知り合いのフィリピン人の子供がキリストの洗礼式(binyag)をするという事で参加してきました!
マーケットが求めている商品やサービスを通じて、「商うこと」の先に広がる豊かさを提供していく「伊藤忠商事株式会社」マニラ支店長の河野一之さんにお話を伺いました。
今回はフィリピン料理のシニガンを作ってみました!フィリピンに長く住んでいる方なら1度は食べたことがあると思います。 シニガンはフィリピンの代表的な料理で一言で言うととても酸っぱいスープです。フィリピンではシニガンスープは日本でいう味噌汁と似ていて各家庭によって作り方や味が違います。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー