ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  お家で簡単エスニック! ガパオライスグリーンカレー風

お家で簡単エスニック! ガパオライスグリーンカレー風


プロ直伝! 今晩の おかず The Simple Japanese Food

グリーンカレーペースト(Green Curry Paste)



お家で簡単エスニック

 

●材料(1人前)

鶏肉......................................120g
玉ねぎ....................................20g
長ネギ....................................10g
ピーマン..................................10g
ニンニク..................................5g
卵........................................1pcs
ご飯......................................200g
グリーンカレーペースト....................大さじ1(15g)
牛乳......................................大さじ3(45ml)
油........................................大さじ1(15ml)
塩胡椒....................................1つまみ

 


Point!

グリーンカレーペーストは物によって溶けにくいものもあるので、フライパンに入れる前に 牛乳と合わせておくと調理しやすいでしょう。もう少しエスニック感を加えたい場合は仕上げにナンプラー(Patis)を少々加えると風味が増します。 材料はアレンジ自在なので豚肉、シーフード、その他色々な野菜で試してみてください。

 

フィリピン食材
まめ知識




フィリピンで手に入るスパイシーな調味料、グリーンカレーペースト。 元々はタイ料理のグリーンカレーを作るためのものですが、ここフィリピンでも家庭料理や、タイ料理、他アジア料理を作るためにスーパーなどで手軽に入手できる食材の一つです。 フィリピン料理でグリーンカレーによく似ているものはピコールエクスプレス。 豚肉と唐辛子をココナッツミルクで煮込み、仕上げんいパゴーン(小エビの塩漬け)で味付けした料理です。 刺激的な辛さにココナッツミルクのマイルドな甘味が加わり、食欲をそそります。 ピコール他方の料理ですがマニラのフィリピンレストランでも食べられるのでぜひ試してみてください。さて、今回のレシピではタイから輸入した有名なブランドMAE.PLOYを使用しましたが、その他輸入品、ローカル ブランドでも代用可能です。グリーンカレーの"グリーン"は青唐辛子の緑色から来ています。辛味が得意な方は是非生の青唐辛子を一緒に炒めて調理してみてください。 辛さが格段に増し、より本格的な味に仕上がりますよ^^。 Youtubeチャンネルsimple.japanese.foodでは家庭で簡単に作れる日本食を世界の方々に分かりやすく説明しています。 プライマーのレシピも紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

 

 

●作り方(15分)

 

①フライパンに油とみじん切りのニンニクを熱し、 香りが出てきたら食べやすい大きさに切った鶏肉、
野菜を炒めていく。

②七割方材料に火が入ったら、グリーンカレーペースト、牛乳を入れさらに炒めていく。
塩コショウで味を整える。

 

③火が入ったら完成。ご飯の入った丼に盛り付け、別で作った目玉焼きも一緒に盛り付ける。 

 

○Gapao Rice with Green Curry Paste

Chiken fillet(thigh/breast)...............120g

White onion...............................20g

Leeks.....................................10g

Green bell pepper.........................10g

Garic.....................................5g

Egg.......................................1pc

Rice......................................200g

Green curry paste.........................1tbsp(15g)

fresh milk................................3tbsp(45ml)

Oil.......................................1tbsp(15ml)

salt & pepper.............................1pinch

 

○COOKING DIRECTIONS MAKES 1 serving(Cooking time: 15mins)

In a pan, heat some oil and saute bite-sized chicken, chopped onion and green bell pepper to taste.

When the chicken is almost cooked, add the green curry paste and fresh milk, Saute it continuosly while mixing all ingredients altogether.

Put the dish in a bowl and serve it with rice and fried egg.

 

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]


YouTubeはこちら

 

広告

プロ直伝!今晩のおかず

人気の缶詰シリーズ。今回は缶詰の定番ツナ缶のご紹介です。日本と同じく、ツナ缶はここフィリピンでも、コンビニなどで手軽に入り食卓で親しまれている食材の一つです。
フィリピンのスーパーマーケットでよく目にするAll purpose Flour。日本語に訳すと全ての目的に使える万能小麦粉。日本では用途に応じて薄力粉、中力粉、強力粉の選択肢があるのに対してフィリピンの一般用ではほぼこの一択のみが使われているようです。
油、酢、卵を主原料とした半固体状ドレッシングである、マヨネーズ。元々はスペイン料理のソースの一種でしたが、現在は世界中で家庭の定番調味料として親しまれています。ここフィリピンでも、国内製造の様々なマヨネーズを食品売り場等で手に入れるができます。
今回の「簡単!ウマい!今晩のおかず」では、フィリピンの夏野菜たっぷりの和風ドライカレーレシピをご紹介します♪
トマトなどと同じくナス科の仲間であるピーマンは、そのトマトの四倍にもなるたっぷりのビタミンCを含む健康野菜です。生のままサラダにして食べるのが理想的でしょう。特に油との相性がいいので、炒め物等に活用するとおいしくいただけます。今回はそんなピーマンを使ったピーマン肉詰めのご紹介です。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
Vermicelli(パーミセリ)とは、イタリア語でミミズのような細長いものを示し、最も細いパスタの名所でもあります。また春雨やビーフンなど、世界中の細い麺の総処としてこの言葉が用いられます。

その他

現在の仕事は、昔からの夢だったと語る矢野さん。ルールやマニュアルに則った仕事を地道にこなしつつ、フィリピンを舞台に、若者をつなげる会の立ち上げや勉強会など、未来の世界を見据えた活動も精力的にこなしている。そのパワーみなぎる姿勢とユーモアのある語り口には、矢野さんの魅力ある人柄が溢れていた。
必須アミノ酸をバランスよく含み、「栄養の宝庫」といわれるレバー。ビタミンの含有量も高く、レバー50gで、成人が1日に必要とするビタミンAやビタミンB2をまかなうことができるといわれています。フィリピンでは鶏肉が多く消費されるので、鶏レバーも日常的に一般家庭の食卓に並びます。
フィリピンの激安マーケットといえばDivisoria!そしてDivisoriaといえば値段交渉です!僕がホームステイしている母ちゃんもよく買い物する時に値段交渉をして安くしてもらっています。という事で今回僕たちはDivisoriaで値段交渉をしてきました。
フィリピンでは、一定の場合に出国禁止命令が出ます。一般的にはHold Departure Order (HLO)とImmigration Lookout Bulletin Order (ILBO)の2種類があります。
最新ギア打ちこなすには、体幹を使ったバックスイングが必要だ。横田が実践しているのは、1キロのメディシンボールを使った練習法。左手にパスしたボールの反動を利用し、キュッと締まった体幹を使って投げ出す感覚が正しいバックスイングのイメージだという。
ラウンド後はクラブハウス隣接のレストランではなく是非ともハイランドリゾート内にある中華かステーキかに足を延ばして頂きたいです。どちらもクオリティーが高く甲乙付け難いのが嬉しい悩みで行く度に迷ってしまいます。The Highhlander Steakhouseからの景色は絶景で天気が良ければテラスからタール湖とMidlandコースが見下ろせます。
僕たちには仲間がいます! タイ住みます芸人、ベトナム住みます芸人、マレーシア住みます芸人、台湾住みます芸人、インドネシア住みます芸人です。 みんなそれぞれの地域で活動しています!
David Leechiu(デイビッド・リチュウ)さんは、フィリピンの商業不動産ブローカーの第一人者です。20年以上にわたり、激動のフィリピン不動産業界を駆け抜けてきました。
2018年10月に開所したJNTO(日本政府観光局)のマニラ事務所。初代所長に就任した藤内さんはこれまで米国などで経験を積み、日本の観光創造に長年携わってきた。近年ではアジアからの訪日客が急増している。フィリピン訪日客のさらなる獲得を目指し、新たな観光需要の創出に汗を流す。
前回ではフィリピンでの事業譲り受けの手段についてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー