ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  今晩のおかず The Simple Japanese Food ナポリタンパスタ

今晩のおかず The Simple Japanese Food ナポリタンパスタ



プロ直伝! 今晩の おかず The Simple Japanese Food

 

ナポリタンパスタ

バナナケチャップで作る!

 

●材料(2~3人前)

にんにく......10g
玉ねぎ.........150g
ピーマン.......50g
ウインナー......80g
パスタ麺......250g
油...........大さじ3
塩コショウ......少々
バナナケチャップ......大さじ5+3 
パスタのゆで汁......100ml
牛乳..........大さじ2
バター.......10g

 

 

 

 


Point!

ケチャップは調理中、仕上げ直前の二回に分けて入れましょう。そうすることによってケチャップの風味を損なわずに調理することができます。仕上げに牛乳をいれることでマイルドに。バターを入れることによってよりリッチな風合いに仕上がります。バターはローカルでなく輸入の良質なものがオススメ。

 

フィリピン食材
まめ知識


フィリピンの代表的な調味料、バナナケチャップ。すりつぶしたバナナに砂糖、ビネガー、スパイスを加えて作られます。元々の色はバナナの色ですが、トマトケチャップに近づけるために着色料を入れているようです。第二次世界大戦時にフィリピンではトマトケチャップ不足が起きました。その際代替品として作られたのがバナナケチャップです。フィリピンではバナナの生産量が高く、通年安定して流通、コストも安価なため、その後も国民の食卓を支える調味料となりました。バナナケチャップは元々のバナナの糖分に加え、さらに砂糖も加わるためトマトケチャップに比べて甘味が強いのが特徴です。私達日本人にとっては少し甘味が強いと感じるかもしれませんが、フィリピン人の味覚にはこれが大変マッチしているようです。フィリピンを代表するバーガーチェーンJOLLIBEEで提供しているバナナケチャップを用いたスパゲティは大人にも子供にも大人気。柔らかいパスタに甘味の強いバナナケチャップが絡み、フィリピンの食文化を感じるにはオススメです。今回はそんなバナナケチャップを使ってナポリタンのレシピを紹介させていただきます。作り置きも可能なので、お弁当用にも是非お試しください。 Youtubeチャンネルsimple.japanese.foodでは家庭で簡単に作れる日本食を世界の方々に分かりやすく説明しています。プライマーのレシピも紹介していますので、そちらも是非ご覧ください。

 

 

●作り方 (15分)

にんにくをみじん切りに、玉ねぎ、ピーマン、ウインナーを薄切りにする。
2Lの沸騰した湯に塩大さじ1を入れ、パスタを茹でる。
フライパンに油をひき、1を塩コショウで炒める。
パスタのゆで汁、バナナケチャップ大さじ5を入れ、3分程煮立たせる。
牛乳、バターを入れ、茹で上がったパスタと合わせる。
全体に混ざったら完成。

 

 

●Napolitan Pasta (Japanese ketchup based spaghetti
galic 10g........(1clove)
white onion.....150g/5oz (1/2pcs)
greenbell pepper...50g (1pcs)
sausage 80g........(4pcs)
pasta noodles......250g
cooking oil....3tbsp
salt&pepper
banana ketchap...5 + 3tbsp
pasta boiling water...100ml
fresh milk...2tbsp
butter 10g

 

●Cooking time: 15 minutes

Finely chop the garlic and slice the onions, peppers and sausages.Put 1 tablespoon of salt in

2 L of boiling water and boil the pasta.

Add oil to a frying pan and fry 1 with salt and pepper.

Add boiled pasta soup and 5 tablespoons of banana ketchup and boil for about 3 minutes.

Add milk and butter and combine with boiled pasta.

Completed when mixed in the whole.

 

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]
YouTubeはこちら!

 

広告

プロ直伝!今晩のおかず

私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。スーパーの買い出しでは結構な頻度で買い物かごに入る食品では無いでしょうか。ここフィリピンでも豆腐は親しまれており、主要なスーパーマーケットでは様々な豆腐を購入することができます。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
青汁などによく入っている野菜として知られるモロヘイヤ。ネバネバした食感でのどごしが良く、暑さで食欲がない時にも食べやすい食材の一つです。安価で栄養満点なモロヘイヤを使って色々なお料理に活用してみてください。

その他

マニラ、セブで学生、ビジネスマンらを受け入れる英語学校、さらにはオンライン英会話教室などを運営するEEN HD co.,LTDの李百鎬会長にお話をお聞きしました。
皆さんこんにちは!ハポンスリーの井上です! 今回お仕事で日本に帰らせて頂いたので 僕の出身地広島にある平和公園を紹介したいと思います。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「フィリピン人にトロロを食べさせてみた」です!前回の堀越さんの動画でフィリピン人に納豆、梅干しを食べさせてみた動画があります。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」堀越です。今回僕たちHPN3は6月14日〜16日に開催されたPhilippine Expo 2019に呼んでいただきました!これは今年で第三回目のイベントで去年に続き今年も上野公園で開催されたイベントです。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回は田中にオバケドッキリを仕掛けてみました!今回ドッキリを仕掛けた理由は、、、
今回も僕たちは子供達と遊んできました!ですが今回は流行ってる遊びではなく、古くからある遊びです。なんとフィリピンには日本と同じ子供の遊びがたくさんあります。例えば「じゃんけん」。掛け声は違いますがフィリピンにもあります。そして「かくれんぼ」。これは「Taguan(タグアン)」という名前であります。
フィリピンといえば安くて美味しいご飯屋さんがたくさんあります! その中でもフィリピンでとても有名で、僕たちHPN3もよく利用させてもらってる 「Mang INASAL」に今回行ってきました!
今回は「フィリピン料理を作ろう〜チキンアドボ!」です。以前の動画では日本の料理、魚の煮付けを作ったので、今回はフィリピン料理を作ってみました。フィリピンではすごく食べられている料理で、フィリピンの家庭に絶対と言っていいほど出て来るアドボ。
バーベキューやステーキレストランでお馴染みのベイビーバックリブ。日本の食肉需要等から、日本の精肉店ではあまり骨付きの塊肉は入手しづらいかもしれませんが、フィリピンではスーパーでも市場でも、至るところで色々な塊肉を見かけることができます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you