ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  今晩のおかず The Simple Japanese Food モロヘイヤの胡麻和え

今晩のおかず The Simple Japanese Food モロヘイヤの胡麻和え



プロ直伝! 今晩の おかず The Simple Japanese Food

 

モロヘイヤの胡麻和え

簡単調理で栄養満点!

 

●材料(2~3人前)

モロヘイヤ ...............300g
炒りゴマ白 ...............大さじ2
醤油 ........................小さじ2
砂糖 ........................小さじ2

 

 

 

 


Point!

モロヘイヤは茎の部分と葉の部分で茹で時間が異なります。沸騰した湯にまず茎を入れ40秒程茹でた後に葉を入れ20秒、合計1分程で丁度良い茹で加減となります。茹でる際に塩を少々入れると色鮮やかに仕上がります。茹で上がり後は速やかに冷水に浸しましょう。

 

フィリピン食材
まめ知識


青汁などによく入っている野菜として知られるモロヘイヤ。ネバネバした食感でのどごしが良く、暑さで食欲がない時にも食べやすい食材の一つです。実はこのモロヘイヤ、野菜の王様と呼ばれる程栄養価が高いことをご存じでしょうか。β-カロテンはゴーヤの約29倍。食物繊維やカルシウム、ビタミン、葉酸なども含まれています。ここフィリピンではその気候柄、年中手に入れることのできる野菜の一つです。フィリピンではスープに入れたり、炒め物に使ったり様々な料理に用いられます。値段は日本と比べて格安で入手可能。安価で栄養満点なモロヘイヤを使って色々なお料理に活用してみてください。モロヘイヤを選ぶ際は、鮮やかな緑色で瑞々しいものを選びましょう。収穫から時間がたつと葉が固くなり食感や味が悪くなります。購入後はポリ袋に入れて野菜室で立てて保存し、1~2日以内に食べきってしまうのがおすすめです。すぐに食べきれない場合はさっとゆでて水分をよく拭き取ってから、ラップできっちりと包んで食品用保存袋に入れて冷凍保存しておくとよいでしょう。食べやすい大きさに切ってから冷凍しておくとすぐに料理に使えて便利です。Youtubeチャンネルsimple.japanese.foodでは家庭で簡単に作れる日本食を世界の方々に分かりやすく説明しています。プライマーのレシピも紹介していますので、そちらも是非ご覧ください。

 

 

●作り方 (15分)

沸騰した湯でモロヘイヤを1分茹でる。
茹でた後、冷水で冷やす。
冷やした後、手で絞り、食べやすい多きさにカットする。
砂糖、醤油、すった炒りゴマと共に3をボールに合わせる。
よく混ぜ合わせたら完成。器に盛り付ける。

 

 

●【Saluyot Goma-ae】Boiled Saluyot with sweet sesame soy dressing
Saluyot..............................300g (10oz)
roasted sesame seeds .....2 tbsp
sugar ................................2 tsp
soy sauce .........................2 tsp

 

●Cooking time: 15 minutes

Boil Saluyot in boiling water for 1min.

Soak in iced water until cooling down.

Squeeze water, and cut bite size. keep in mixing bowl.

Add sugar, soy sauce and grind roasted sesame seeds in 3.

Mix well. and then decorate on the plate.

 

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]
YouTubeはこちら!

 

広告

プロ直伝!今晩のおかず

フィリピンの代表的な調味料、バナナケチャップ。柔らかいパスタに甘味の強いバナナケチャップが絡み、フィリピンの食文化を感じるにはオススメです。今回はそんなバナナケチャップを使ってナポリタンのレシピを紹介させていただきます。
私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。スーパーの買い出しでは結構な頻度で買い物かごに入る食品では無いでしょうか。ここフィリピンでも豆腐は親しまれており、主要なスーパーマーケットでは様々な豆腐を購入することができます。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。
私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。作り置き用には揚げ出しのつゆにトロミをつけると味馴染みが良いです。
Bisugo。英語ではGolden threadfin bream と呼び、日本語ではイトヨリダイと呼びます。赤色で横に黄色い線が入っているのが特徴。フィリピンの豊富な海産物を活用して是非色々な料理にチャレンジして見てください。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
サーモンは寿司や刺身で1,2を争う程の人気のネタ。脂分が多く、しっとりとした、クセのない味はフィリピンだけでなく世界中の方々から支持を得ている理由なのかもしれません。そんなサーモンを使って今回は炊き込みご飯を作ってみました。

その他

僕たちには仲間がいます! タイ住みます芸人、ベトナム住みます芸人、マレーシア住みます芸人、台湾住みます芸人、インドネシア住みます芸人です。 みんなそれぞれの地域で活動しています!
基本的な様々な能力がはぐくまれる大切な幼少時代、フィリピンで暮らす子供たちの未来のために何が大切で、何を今すべきなのか︕︕ 会社員から保育士に転職、BGCでウィズこども園を運営されている小野さんが連載でお伝えします。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今日はロックダウン中に家の近所で食べ物の配給があったので配給品をお借りしてフィリピンローカルの家庭にはどんな物が配られているか紹介します!
フィリピンでは、2022年の8月頃から砂糖や玉ねぎといった農産品の供給について、不安が指摘されています。今回は、フィリピンの食糧事情について説明します。
今回は「水没したアイフォーンを直そう!」です。 僕は未だにアイフォーン5を使っています、、 それをみて僕の妹がアイフォーン6プラスsをくれました! なんて優しい妹なんだと思いましたが、それは水没して使い物にならないアイフォーンでした、、
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」です!今回はオンラインショップのLAZADAでミステリーボックスなる物を購入して見ました!
私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。作り置き用には揚げ出しのつゆにトロミをつけると味馴染みが良いです。
フィリピンの三大調味料の一つであるお酢。(醤油、魚醤、酢)タガログ語ではスーカ。原材料にサトウキビが使われているため英語ではCane Vinegarと呼ばれています。
現在の仕事は、昔からの夢だったと語る矢野さん。ルールやマニュアルに則った仕事を地道にこなしつつ、フィリピンを舞台に、若者をつなげる会の立ち上げや勉強会など、未来の世界を見据えた活動も精力的にこなしている。そのパワーみなぎる姿勢とユーモアのある語り口には、矢野さんの魅力ある人柄が溢れていた。
今回は「イナサルのメニューを全部たのんでみました!」です。 イナサルとはフィリピンにあるチキンのレストランで低価格でライス食べ放題といった魅力がある大人気のチェーン店です!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you