ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 ロミ(ローカルヌードル)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 ロミ(ローカルヌードル)
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ●ロミ(ローカルヌードル)


フィリピン食材
まめ知識



スーパーマーケットや、割とどこの食材店でも目にするローカル麺のロミ(LOMI)。 実は麺のサイズによって様々な呼び名があり、太麺がLOMI、中太麺がMAMI、細麺がMIKIという名前があるようです。ローカルレストランではこの麺の名前を使ったメニューが表記されており、例えば“Seafood Lomi” という感じであれば海鮮温うどんのようなものが出てきます。 地元の方々は昼食と夕食の間のミリエンダタイムや、夜食として食べることが多いようです。お値段は500gで40ペソ前後。スーパーではこれをワンパックにして売ってあることが多いので、今回紹介した料理を五人前作ることができます。とてもお手頃ですね。笑 日本の麺とは少し違った食感を楽しみながら、今晩はローカル麺を使った焼きうどんに挑戦してみませんか?




ローカル食材で屋台の味!!

ロミの焼きうどん風
Jap.style Sauteed LOMI

●材料

ロミ............................................................................100g
牛ひき肉......................................................................50g
キャベツ......................................................................50g
玉ねぎ..........................................................................30g
鰹節(トッピング用).................................................. 少々
出汁........................................................................... 60ml
みりん................................................................... 大さじ1
醤油...........................................................................小匙1
胡麻油.......................................................................小匙1



●調理ポイント
ロミは、日本のうどんなどの麺類と比べて塩分があるので(物によってはかなりしょっぱいものも)、調理時には塩は不要です。場合によっては醤油の量も加減してください。また日本のものと比べてあまりコシが強くないですが、逆にそれを利用して鍋の〆に入れてっみたり、味噌煮込みうどんなどの“煮込み系”の調理に使ってみるという手も。少し麺の外側がトロけた感じに仕上がり、これはこれで美味しいですよ♪

● 手順

沸騰した湯で、ロミを茹でる(5分程)

フライパンに油をひき、牛ひき肉、野菜の順に炒めていく

ある程度火が入ってきたら、出汁、みりんを投入。一煮立ちさせる

ロミが茹だったら、一度流水で洗い、ぬめりをとる

フライパンにロミを入れ、具材と絡めるように、強火で炒めていく

仕上げに醤油とゴマ油で香りづけし、器に盛りつけ鰹節をのせて完成


●INGREDIENTS

Lomi..........................................................................100g
Ground Beef..............................................................50g
Cabbage.....................................................................50g
Onion..........................................................................30g
Bonito flake............................................... for toppings
Dashi water............................................................. 60ml
Mirin( rice wine)...................................................1tbsp
Kikkoman.................................................................1tsp
Sesame oil................................................................1tsp

● STEPS

Boil Lomi with boiling water for 5min.

Saute Ground Beef and Veggies on the pan.

Put dashi water and Mirin to the pan, and simmer just second.

After boiled Lomi, wash by running water to take stick.

Put Lomi to ❸, and saute by strong fire.

Put Kikkoman and Sesame oil as finalize.

Decorate on the plate, Sprinkle Bonito flake.


Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

今回の食材 ●エデンチーズ(eden cheese)
ミルフィーユポテトのグラタン風
懐かしの給食メニュー! 揚げパン(ココア味/抹茶味)。 ふっくらとした食感に香ばしい香り。
お弁当の定番メニュー! ほんのり甘い出汁巻き卵
いつもの食卓に一手間かけて♪ 鶏もものサヨーテみぞれあんかけ。今回はそんなチキンキューブを使って、今晩のおかずにチャレンジしてみましょう!

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
今回の食材 ●マニ(ローカルピーナッツ)
日本風味の揚げピーナッツ

その他

フィリピンではPhilippine Golf Tour (PGT)というプロツアートーナメントが1年を通じて開催されています。2017年のスケジュールでいえば2月2日~5日までThe Country Clubで開催されたトーナメントを皮切りに11月15日~18日のWack Wack Golfで行われるツアーまで18試合が予定されています。
学生時代のほとんどを海外各地で過ごされた青木さん。そんな国際的センスの持ち主がフィリピン市場に魅力を感じ、いよいよ6月にフィリピン初の店舗をオープン。日本式の測定、加工までを手がける技術を持つ販売員の育成に努める他、アプリの開発も手がけるなど、メガネ店の可能性をあらゆる角度から追求します。
先日フィリピンの友人から貰ったお土産。何かと思って調べてみたらチリガーリックという唐辛子とニンニクのオイル漬けでした。作り方は簡単。油にニンニクと乾燥させた唐辛子を入れて火にかけるだけ。
こんにちは、ハポンスリーの井上です!今回はフィリピンの料理を紹介します!今回のフィリピン料理はSILOGシリーズです!
今回はisang daan (100)シリーズ第2弾という事で前回の【焼きそばにカラマンシーを100個かけてみた】に続いて、【焼きそばにチリを100個入れてみた】です。まずチリを100個買いに行ったのですが、普段ならすぐ見つかるはずのチリがどこにも売ってない!
Philippines Urban Living Solutions(PULS)の共同創業者のKooijman氏。以前はDevelopment Principles Group(DPG)の創業者でありCIOを務めていました。2004年にはマニラに拠点を置くBPOのMicro Sourcingも共同創業していたこともある人物です。
David Leechiu(デイビッド・リチュウ)さんは、フィリピンの商業不動産ブローカーの第一人者です。20年以上にわたり、激動のフィリピン不動産業界を駆け抜けてきました。
Ray Alimurung氏がLazada PhilippinesのCEOに就任したのは2018年6月。2012年から2013年までの間ラザダの経営に携わっていたが、その後いったん離れ、バンコクを拠点とした他のeコマース企業にてマネジメントに携わった。
人気の缶詰シリーズ!今回はフィリピンで売られているサバの缶詰Mackerel Canの紹介です。 イワシやツナなど、フィリピンのスーパーでは様々な魚介系の缶詰が売られていますが、サバもその一つ。 フィリピンの一般家庭では野菜と一緒に炒めたり、ご飯と一緒にそのまま食べたり。
日本の家庭料理で使われている定番の魚、鯵。焼きや刺身はもちろん、揚げ物や干物にして朝食でもよく食べられている万能な魚とも言えます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel