ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  【フィリピンの日系幼児教育施設から】幼児期に必要な運動とは

【フィリピンの日系幼児教育施設から】幼児期に必要な運動とは
広告

【PR】RISE・ライズ - フィリピンの高速インターネット回線、フィリピンの企業向けインターネットプロバイダー

フィリピンの高速インターネットプロバイダー、RISE。独立したビジネスインターネットサービスプロバイダーとして、"フィリピンのインターネットを加速させる" というミッションのもと、・・・

Childcare Center WHiZ 幼児教育連載コラム

すべてのウィズキッズへ!
フィリピンの日系幼児教育施設から Vol. 1

 

 

基本的な様々な能力がはぐくまれる大切な幼少時代、フィリピンで暮らす子供たちの未来のために何が大切で、何を今すべきなのでしょうか。会社員から保育士に転職、BGCでウィズこども園を運営されている小野さんが連載でお伝えします。

ウィズこども園・事業統括責任者・保育士 小野誠さん

 

 

 

 

幼児期に必要な運動とは?

 

運動というと、厳しいトレーニングを思い浮かべるかもしれません。しかし、個人差が大きい幼児期には、こども一人ひとりの成長ににあわせて、楽しく体を動かすことが重要です。 例えば、弊園では、よく鬼ごっこを取り入れます。職員が鬼役になり、一人ひとりのこどもの様子をうかがいながら追いかけます。こどもたちは、体を一生懸命動かすと同時に、鬼から逃げるためにどうするか、判断力を養うことができます。そして楽しい環境にいることで、自然にこどもたちも、体を動かすことが好きになっていくのです。


では、現在のマニラのようになかなか外で運動ができない場合、屋内でもどのような運動ができるのかということですが、弊園のオンライン授業では、コーディネーショントレーニングを積極的に取り入れています。

 

 

コーディネーショントレーニングとは?

 

コーディネーショントレーニングとは、神経系の発達を促すことで、視覚・聴覚から得た情報を脳が適切に処理し、自分の体をおもった通りに動かす能力を身に付けるトレーニングです。コーディネーショントレーニングには、①バランス能力、②リズム能力、③反応能力、④操作能力、⑤認知能力、⑥定位能力、⑦変換能力といった能力を育む動きの要素が取り入れてあり、それらを相互に連動させた運動をします。

例えば、「リアクションジャンプ」という運動では、職員が「まえ」と言ったら、園児も「まえ」と言って前にジャンプします。だんだん、園児が慣れてくると少しずつレベルアップしていきます。次は、職員が「まえ」と言ったら、園児は反対の動作をします。つまり、「うしろ」と言って後ろにジャンプします。

 

職員が「みぎ」と言えば、園児は「ひだり」と言って左にジャンプします。こどもたちは、合図に素早く反応し、職員の指示を体の動きに素早く変換します。これは実は大人が挑戦しても結構難しい動きです。しかし、こどもたちは、成功を積み重ねていくことで、どんどん難しい運動に挑戦していくようになります。


幼児期に、このような様々な動きを経験することで、こどもたちはたくさんの動きの情報を脳に記憶させます。記憶されたこれらの動きは、将来、さまざまなスポーツで応用ができます。大人になってから、特定のスポーツが苦手という方がいらっしゃいますが、そのスポーツに応用できる動きの経験が少ないからと言えます。

職員はコーディネーショントレーニングにタオルを使った運動を考案するなど、様々な工夫を取り入れています。しかし、こどもも大人と同じく、気持ちの浮き沈みがあります。そんな時、弊園では、こどもへの接し方を大事にしています。それについては、次号でご案内いたします。

 

 

幼児教育関連のコラム連載開始にあたってのインタビューは、こちらからお読みいただけます。

 

<2021年度入園申込受付中!>

オンラインでも元気に開園中!

2021年度募集園児の対象は下記の通りです。

 

2歳児(2018.4.2生~2019.4.1生) 3歳児(2017.4.2生~2018.4.1生)
4歳児(2016.4.2生~2017.4.1生) 5歳児 (2015.4.2生~2016.4.1生)

※年度の途中入園も可能です。

 

<幼児向け日本語教室/学習教室もオンラインにて好評開講中>
週2回(1回30分)開催しており、
ご家庭でも楽しく体を動かして学習できます。

 

お問い合わせは[email protected]までご連絡を!施設の詳細はこちらから。

 

<基本情報>
住所:Unit 209, 1st Floor Park West Veritown, 7th Ave. Corner 36th St. BGC, FORT BONIFACIO, TAGUIG CITY. Philippines 1630
TEL:02-8529-2129/0919-082-2315(日本語 & English)
Web: https://whizkids.jp/
メール: [email protected]
FaceBook:@whizjapan

広告

【PR】野村総合研究所シンガポールマニラ支店 /Nomura Research Institute Singapore Pte. Ltd Manila Branch - フィリピンにおけるコンサルティング、産業・市場調査

野村総合研究所シンガポールマニラ支店は、1997年よりフィリピンにおける産業・市場動向調査、事業・組織変革支援、実証実験等の事業支援、人事制度改革・リーダーシップ開発・組織風土改革・・・

広告

ウィズキッズ幼児教育連載コラム

フィリピンでの幼児教育に奮闘されるご家庭向けに、Primerでは次号から幼児教育コラムを開始します。会社員から保育士に転職、BGCでウィズこども園を開園された小野さんに、これからの幼児教育について取材しました。
基本的な様々な能力がはぐくまれる大切な幼少時代、フィリピンで暮らす子供たちの未来のために何が大切で、何を今すべきなのか︕︕ 会社員から保育士に転職、BGCでウィズこども園を運営されている小野さんが連載でお伝えします。

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です。僕の住んでるトンド地区では朝6時頃タホ売りのおじさんが来ます。トンド地区以外でもフィリピンの朝の定番ともいえるタホ。
2017年にADBの総裁首席補佐官に就任した池田さん。新卒で財務省に入省後、活動の幅をバングラデシュやフィリピンなど海外にも広げてきた。平和な社会の実現に向け、働く組織や国籍を超えて団結する力の育成に邁進する。
もち米と言えば、その名の通りモチモチとした食感が特徴的な米です。日本では餅としての用途はもちらろん、炊き込みごはんや赤飯、またおはぎなどの和菓子としても広く親しまれている食材の一つです。ここフィリピンでももち米は流通されており、Malagkitと言う名称で地元スーパー、市場などの米売り場でよく販売されています。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「TOYCON2019に行ってきました」です! TOYCON とはフィリピンでとても大きなオタクフェスでコスプレやフィギュア、アイドルなど色んなジャンルがあり毎年開催されています。
NO.9 インタビュー どうなる?ピープルアナリティクスの動向 〜NRIマニラ支店HRコンサルタントに聞く〜
マレーシアで大ヒットの「蚊よけ塗料」を、もうじきフィリピン国内で販売する関西ペイント。こちらの商品を販売し、デング熱患者を減らすことでフィリピンの人々の役に立ちたい。そんな想いを持つ、KANSAI PAINT PHILIPPINES,INC.の山本さんにお話しを伺いました。
第2回の今回は「マニラ立命館大学校友会 ゴルフ部」をご紹介します。伊勢全次郎さんにお話をお聞きしました。
こんにちは!HPN3の堀越です。今回僕はおそらくフィリピンで一番人気のトランプゲーム「Tongits」をしてみました。日本にいた時は聞いた事もありませんでした。日本でもあるトランプゲーム、セブンブリッジに少し似ています。フィリピンの人たちはこの「Tongits」で大盛り上がりします。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です。私、堀越がフィリピンに来て思っている事があります。それは「フィリピン人女性はみーんな消毒用アルコール持ち歩いてるんじゃないか?」です。
今回は「アーチェリーに挑戦!」です。 フィリピンで出来るスポーツといえば、ゴルフやダイビングだと思いますが、もっと手軽に出来て楽しいスポーツかありました! それはアーチェリーです!!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー