ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】日本製のアストラゼネカ社ワクチン、フィリピン等へ

【フィリピン経済ニュース】日本製のアストラゼネカ社ワクチン、フィリピン等へ

2021年6月16日

日本政府はフィリピンに日本で製造したアストラゼネカ社のCOVID-19ワクチンを無償で提供する。


茂木外務大臣は6月15日の記者会見で、諸般の条件が整えば、7月上旬から、インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシアに対して、日本で製造したアストラゼネカ社製ワクチンを供与するために調整を進めていくと発表した。


先ず、16日、ベトナムに、日本で製造したアストラゼネカ社製ワクチン約100万回分を無償で供給。それ以前の6月4日には台湾にワクチンを124万回分無償で供与した。


茂木大臣は、「日本が提唱し各国が進めている『自由で開かれたインド太平洋』を実現していくうえで、ASEAN諸国は極めて重要な国々であり、その国内における感染状況や現地におけるワクチンの不足、また、日本との関係など総合的に判断した」と説明。COVAXなど国際機関の取り組みを経由すると、承認取得等の手続きに時間がかかることから、感染状況が非常に厳しい国々に対してはスピード感を重視して直接提供するという方法を取った。

 

その他の記事

2019年まではフィリピン最大の放送局であったABS-CBN(証券コード:ABS)が、6月8日、2020年の年次報告書と2021年第1四半期(1月~3月)の事業報告書を提出した。
在フィリピン日本国大使館は、6月5日、新型コロナウイルス感染症情報118(フィリピンで予防接種を完了した者のフィリピン再入国者に対するガイドライン他)を発出した。その概要は以下のとおり。
ユニクロ・フィリピン1号店は、2012年6月15日に、巨大ショッピングモール「SMモール・オブ・アジア」に出店された。すなわち、今年はユニクロのフィリピン進出10年目ということになる。
大手食品メーカーである「モンデ ニッシン」は、5月19日~25日までIPO(新規公募)を実施、6月1日にPSEメインボードへ新規上場される。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の外食企業や、マクドナルド フィリピン(未上場、親会社のアライアンス グローバル グループが上場)の2020年や2021年第1四半期の決算発表がほぼ出揃ってきた。
5月15日にフィリピン保健省(DOH)は、「インド由来の新型コロナウイルス変異株(インド変異種、B1617 SARS-CoV-2バリアント株)感染を新たに10例検出、15日現在、合計検出例は12例となった」と発表した。
フィリピン統計庁(PSA)発表の2021年第1四半期(1月~3月)の実質(以下同様)国内総生産(GDP)成長率は前年同期比(以下同様)マイナス4.2%、5四半期連続のマイナスだった。
フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル(証券コード:SMC)が、5月6日、2021年第1四半期(1月~3月)の決算速報を発表した。
フィリピン統計庁(PSA)は4月29日、2020年の国内地域別経済成長率(2018年=100)を発表した。2020年は、3月央から実施された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックによる地域封鎖・移動制限など様々な国内外の規制の影響を受けた。
日本政府観光局(JNTO)は4月21日、2021年3月の訪日外客数推計値を発表した。それによると、3月の訪日外客数は前年同月比93.6%減の1万2,300人にとどまった。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー