ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】日本、比の新型コロナ対策を迅速かつ継続的支援

【フィリピン経済ニュース】日本、比の新型コロナ対策を迅速かつ継続的支援

2021年6月24日

フィリピン財務省のカルロス・ドミンゲス大臣は、日本の災害復旧スタンド・バイ借款フェーズ2(PDSL-2)での3回目の拠出となる200億円の資金支援に対して、フィリピンの新型コロナウイルス感染対策に大きく役立っていると感謝の意を評した。


災害復旧スタンド・バイ借款とは、災害発生後の復旧時に増大する資金ニーズに備えるため、被災国政府が災害復旧費用の貸付を請求できることをあらかじめ合意することにより、被災国の迅速な復旧を支援する借款である。2020年9月、マニラにおいて、羽田浩二駐フィリピン日本国大使(当時)とテオドロ・ロクシン・フィリピン外務大臣との間で、500億円を限度とする円借款「災害復旧スタンド・バイ借款(フェーズ2)」(PDSL-2)に関する交換公文の署名が行われた。対象案件の概要等は、次のとおり。


<供与条件>


(1)金利:0.01% (2)償還期間:40年(10年の据置期間を含む) (3)調達条件:アンタイド


PDSL-2において、2020年10月27日と2021年1月5日にそれぞれ100億円の第1トランシェと第2トランシェが拠出された。PDSL-2は、国の災害や健康上の緊急事態が発生した場合に、災害後の対応努力に対する日本の資金援助を迅速に実行することを目的としている。


PDSL-2に先立ち、2020年8月14日、日本によるフィリピン向け500億円の新型コロナウイルス危機対応のための緊急支援融資(CCRESL)が実行された。この緊急支援は、新型コロナウイルス感染がさらに拡大し大きな影響を受けているフィリピンにおける感染拡大の抑制とともに、社会・経済の回復と安定及び持続的発展に寄与することが期待される。


フィリピンは、日本のCCRESLプログラムの最初の受益者になるとともに、500億円のCCRESLに関する交換公文の署名が行われた7月1日後わずか44日間という記録的な短期間で500億円を拠出した日本に感謝の意を表している。CCRESLは8月11日に発効、その3日後の8月14日に、国際協力機構(JICA)を通じて日本政府から迅速に拠出された。この時も、フィリピン政府を代表して、カルロス・ドミンゲス大臣は、「日本政府とJICAに対して、CCRESLの記録的な速さでの拠出に感謝する」とコメントした。


なお、フィリピン財務省によると、2016年7月のドゥテルテ政権発足以来、日本の対フィリピン援助合意額は2020年末時点で約6,793億円(約3,131億ペソ、約64億4,300万米ドル)に達している。そして、日本が対フィリピンODAシェアで首位の座を継続している。


ちなみに、2020年上半期末(6月末)の対フィリピンODAポートフォリオ(設定枠残高)は261億9,300万米ドル。国・機関別内訳は、1位が日本の100億8,200万米ドル(シェア38.49%)であった。そのうち、融資が100億3,000万米ドル、贈与が5,191万米ドルであった。2位がアジア開発銀行(ADB)の70億6,400万米ドル(シェア26.97%)、3位が世界銀行の49億5,100万米ドル(シェア18.90%)と続く。この3機関で総ポートフォリオの約84%に達する。

 

その他の記事

スマートバクナ(スマートワクチン)福利厚生プログラムの一環として、多くの飲食店などが、新型コロナワクチン接種完了証明カード持参者には、割引などのサービスを提供する。
フィリピン航空(PAL)の持株会社であるPALホールディングス(証券コード:PAL)は、6月17日、2020年の年次報告書と2021年第1四半期(1月~3月)の事業報告書を開示した。
フィリピン統計庁(PSA)は6月16日、2020年のフィリピン旅行・観光産業の動向を発表した。
日本政府はフィリピンに日本で製造したアストラゼネカ社のCOVID-19ワクチンを無償で提供する。
フィリピン証券取引所(PSE)上場企業の2021第1四半期の企業業績発表が出揃ってきた。新型コロナウイルス感染再拡大やその対策としての地域隔離措置の影響を受けているが、非常に不振であった前年同期からは回復傾向にある。
2019年まではフィリピン最大の放送局であったABS-CBN(証券コード:ABS)が、6月8日、2020年の年次報告書と2021年第1四半期(1月~3月)の事業報告書を提出した。
在フィリピン日本国大使館は、6月5日、新型コロナウイルス感染症情報118(フィリピンで予防接種を完了した者のフィリピン再入国者に対するガイドライン他)を発出した。その概要は以下のとおり。
ユニクロ・フィリピン1号店は、2012年6月15日に、巨大ショッピングモール「SMモール・オブ・アジア」に出店された。すなわち、今年はユニクロのフィリピン進出10年目ということになる。
大手食品メーカーである「モンデ ニッシン」は、5月19日~25日までIPO(新規公募)を実施、6月1日にPSEメインボードへ新規上場される。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の外食企業や、マクドナルド フィリピン(未上場、親会社のアライアンス グローバル グループが上場)の2020年や2021年第1四半期の決算発表がほぼ出揃ってきた。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー