ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】RCBC、上半期純利益17%増の31億ペソに

【フィリピン経済ニュース】RCBC、上半期純利益17%増の31億ペソに

2020年8月13日

広告
広告
有力銀行のリサール商業銀行(RCBC)が、8月12日、2020年上半期(1月~6月)の事業報告書を発表した。


それによると、2020年上半期の総収入は271億ペソに達した。主力の融資業務などによる純金利収入が20%増、非金利収入は32%増と双方二桁増加した。増収効果に加え総費用が5.5%増の225億ペソにとどまったことなどで、純利益は17%増の31億ペソへと増加した。新型コロナウイルス危機に備え、貸倒引当を3.5倍と大幅に増加させたにもかかわらず二桁増益決算という結果となった。年率換算の自己資本利益率は(ROE)は7.4%、総資本利益率(ROA)は0.9%となった。


RCBCは、財務体質の向上、自己資本拡充も推進してきている。2020年6月末の総資産は7,188億ペソ、自己資本は847億ペソに達している。バーゼルⅢ基準での自己資本比率(CAR)は13.9%で中央銀行の最低基準10%をかなり上回っている。補完資本(TIER2)を除いた普通株式中核自己資本(CET1)比率も13.0%と良好で、中央銀行の最低基準8.5%を大幅に上回っている。


新型コロナウイルス感染危機への備えを強化するとともに、幅広い層や地域での金融サービスへのアクセス向上、キャッシュレス化対応などを推進しつつある。中小企業向け融資、個人向け融資、クレジットカード債権残高は順調に拡大している。また、クレジットカード発行数は15%増の90万8,000枚超となっている。モバイルATM拡充などにも注力している。


RCBCはフィリピンの有力財閥ユーチェンコグループ傘下の中核企業。ファーストシニアバイスプレジデントの松本康宏氏ら日本人駐在員3名を含む総勢40名超の日本企業部はフィリピン民間商業銀行でも有数の規模である。日系企業800社超と取引を有し、主要工業団地に支店を開設するなど、日系企業に対し充実した金融サービスを提供している。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、8月10日新たに6,958例増加し、単日で過去最高を記録した
フィリピン・セブン社(PSC)は、8月6日、PSE回覧第05571-2020号にて、2020年上半期(1月~6月)の決算速報を開示した
 フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル(SMC)が、8月7日、PSE回覧05615-2020号にて、2020年上半期(1月~6月)の決算速報を開示した。
在フィリピン日本国大使館は、8月6日、「日本の緊急無償資金協力によるアビガンがフィリピンに到着した」と発表した。
フィリピン統計庁(PSA)発表によると、2020年7月の総合インフレ率(総合消費者物価指数、2012年=100)は2.7%(速報値)で前月から0.2%ポイント上昇、2020年1月の2.9%以来、6カ月ぶりの高水準となった
日清食品グループ(日清グループ)は、フィリピンにおいて、ゴコンウェイ財閥の有力食品企業ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション(URC)との合弁企業「ニッシン・ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション」(ニッシンURC、1996年設立、会計期末12月、本社:マニラ首都圏ケソン市)を通じて即席麺(インスタントラーメン)事業を展開、カップ麺ではトップ企業となっている。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月30日新たに3,954例増加、 1日としての最多記録を大幅更新した。
三菱自動車工業(本社:東京都港区)は、7月27日、三菱自動車が強みを持つ地域・商品に経営資源を集中投入する2022年度までの新中期経営計画「Small but Beautiful」を発表した。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月26日新たに2,036例増加し、26日現在で、累計8万0,448人となった。ASEAN地域では、インドネシアの9万8,778人に次ぐ2位。
アヤラ財閥のアヤラコーポレーション(アヤラコープ)傘下の発電企業であるACエナジー・フィリピン(比ACエナジー)は、7月23日、フィリピン証券取引所(PSE)回覧05135-2020号を通じて、AXIAパワーホールディングスとの株主間合意を公表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー