ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】サンミゲル上半期、31%減収で40億ペソの赤字に

【フィリピン経済ニュース】サンミゲル上半期、31%減収で40億ペソの赤字に

2020年8月10日

広告
広告
フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル(SMC)が、8月7日、PSE回覧05615-2020号にて、2020年上半期(1月~6月)の決算速報を開示した。


SMCの2020年上半期の純収入は前年同期比(以下同様)31%減の3,528億ペソ、営業利益は74%減の149億ペソ、EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は47%減の422億ペソ、純損益は40億ペソ(帰属損益ベースではなく純損益合計額)の赤字となり、前年同期の262億ペソの黒字から悪化した。2月までは堅調に推移していたが、3月に入ってからの新型コロナ感染拡大加速やその対策としての地域隔離措置が大きく影響した。


既報のとおり、SMCグループの食品と飲料事業が大統合して発足した「サンミゲルフーズ&ビバレッジ(SMFB)」の売上高は19%減の1,288億ペソ、営業利益は47%減の114億ペソ、純利益は50%減の74億ペソであった。SMFBの食品部門(サンミゲル ピュアフーズ)は、家庭調理用食材の需要増加、前年同期が鶏肉価格急落で大幅減益となったことの反動もあって、営業利益は111%増の22億ペソ、純利益も199%増の13億ペソと回復した。しかし、ビール事業が二桁減収減益となったことが響いた。


ビール製造子会社サンミゲル ブリュワリー(SMB、サンミゲルビール)の純売上高は39%減の428億ペソ、純利益は62%減の50億ペソにとどまった。サンミゲルビールの業績は近年好調に推移してきたが、今上半期については、マニラ首都圏やその他の地域の主要都市での酒類販売禁止や外食事業制限措置、酒税増税などが響き、減収減益を余儀なくされた。ただし、非常に強い逆風の中では底堅い推移であったといえよう。サンミゲルビールには、キリン・ホールディングス(キリン)が約48%出資している。


パッケージ部門(サンミゲル山村パッケージング)の売上高は19%減の145億ペソ、営業利益は81%減の3億ペソと減収減益であった。医薬品業界向けは好調であったが、酒類・飲料業界向けが低調であった。ただし、年初2カ月間では7%増収というペースであった。


多角化事業の一つである電力事業の収入は21%減の572億ペソ、営業利益は1%減の181億ペソ、純利益は25%増の91億ペソであった。サンミゲルの電力事業は、2010年第3四半期から持株会社SMCグローバル・パワー・ホールディングスのもとに集約されている。


石油製品部門(元売り最大手のペトロン)の売上高は40%減の1,524億ペソ、最終損益は142億ペソの赤字で、前年同期の26億ペソの黒字から急悪化した。原油価格急落やそれに伴う在庫評価損(150億ペソ)、外出・移動制限にともなう需要減などが響いた。フィリピンとマレーシアにおける販売量は合計で4,190万バレルとなり、前年同期の5,190万バレルを19%下回った。


インフラ事業担当のSMCインフラストラクチャーの純収入は46%減の67億ペソ、営業利益は84%減の9億5千万ペソと不振であった。外出・移動制限により、運営している有料道路の交通量が減少したこと、インフラ工事中断などが響いた。


更なる多角化、事業基盤拡大の過程で有利子負債が膨張し、2020年6月末時点で9,530億ペソに達し、2019年末の8,520億ペソから12%増加している。一方、現金残高も3,440億ペソと高水準。総資産は1兆8,520億ペソで、2019年末の1兆8,180億ペソから2%増加している。総負債対自己資本比率は2.34倍(2019年末2.16倍)、有利子負債対自己資本比率は1.72倍(同1.48倍)、純負債対自己資本比率は0.93倍(同0.84倍)となっている。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン統計庁(PSA)発表によると、2020年7月の総合インフレ率(総合消費者物価指数、2012年=100)は2.7%(速報値)で前月から0.2%ポイント上昇、2020年1月の2.9%以来、6カ月ぶりの高水準となった
日清食品グループ(日清グループ)は、フィリピンにおいて、ゴコンウェイ財閥の有力食品企業ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション(URC)との合弁企業「ニッシン・ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション」(ニッシンURC、1996年設立、会計期末12月、本社:マニラ首都圏ケソン市)を通じて即席麺(インスタントラーメン)事業を展開、カップ麺ではトップ企業となっている。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月30日新たに3,954例増加、 1日としての最多記録を大幅更新した。
三菱自動車工業(本社:東京都港区)は、7月27日、三菱自動車が強みを持つ地域・商品に経営資源を集中投入する2022年度までの新中期経営計画「Small but Beautiful」を発表した。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月26日新たに2,036例増加し、26日現在で、累計8万0,448人となった。ASEAN地域では、インドネシアの9万8,778人に次ぐ2位。
アヤラ財閥のアヤラコーポレーション(アヤラコープ)傘下の発電企業であるACエナジー・フィリピン(比ACエナジー)は、7月23日、フィリピン証券取引所(PSE)回覧05135-2020号を通じて、AXIAパワーホールディングスとの株主間合意を公表した。
パナソニックのフィリピン拠点であるパナソニック・マニュファクチャリング・フィリピンズ(PMPC、会計期末3月、フィリピン証券取引所{PSE上場})は、7月22日、2019年度(2019年4月~2020年3月)の情報報告書を公表した。
新型コロナウイルス感染拡大に伴う混乱で、フィリピン証券取引所(PSE)上場企業の業績発表や財務関連資提出が遅れがちである。2020年第1四半期(1月~3月)の事業報告書未提出企業もある。そのような状況下で、2020年上半期(1月~6月)の決算発表シーズン入りとなった。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月18日新たに2,357例増加し、18日現在で、累計6万5,304人となった。ASEAN地域では、インドネシアの8万4,882人に次ぐ2位。
世界的な会計コンサルティンググループである太陽グラントソントンは、7月16日、2020年5~6月に実施した非上場企業を中心とする2020年上半期の中堅企業経営者の意識調査(景況感)の結果を公表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー