ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報

  フィリピンステーキレストラン情報

様々な国の文化が入り交じったフィリピン。中でも食文化はかなり発展しています。イタリアン、スパニッシュ、フレンチ、中華、その他西洋料理、アジア料理、バーやクラブなどなど。日本料理店もフィリピンで大人気!有名店から隠れた名店までプライマーがご紹介します。
広告
広告
【マカティ】マカティで最も古いショッピングモールの一つとも思われるマカティシネマスクエア。しかし今でもたくさんの人気レストランで溢れています。モールの奥にたたずむ「満福ステーキハウス」は…
六本木に本店を構える正統派ステーキハウス。自家製の乾燥熟成ビーフとフレッシュビーフの2種類を提供ている。
【アラバン】アラバンで大人気、日本人経営のステーキハウス。コミュニティー隔離中でもテイクアウトを実施中!営業時間は10時〜17時。ステーキやパスタなどが楽しめる。注文は0927-460-2495もしくは86…
【マカティ】人気デリカテッセン「サンティス」と同じWerdenbergグループがお届けするステーキハウス。ブラウン一色の落ち着いた空間は友人同士の集まりでも接待でも大いに活躍が望める。店名が示す通…
ブエノスアイレスを本拠とし、ラテンアメリカの2014年版ベストレストランランキングで、17位を獲得したステーキ屋。
【マカティ】チンゴロデリで提供しているアルゼンチンのボルジコビーフの特徴は、柔らかく濃厚で脂肪が多すぎないこと。それは飼料ではなく牧草で…
【タギッグ】アメリカのセレブシェフ、Todd English氏が手がけるレストラン。洗練されたインテリアと共に、ジャンルごとに9つのステーション(調理…
【マカティ】オープンして約10年、口コミだけで広まっていったサルセドの隠れた名店。階段を3階まで上がったところにある赤い扉が目印。USDA認定の…
【イロイロ】テキサス風アメリカ料理を提供するレストランMojave。2008年にイロイロではじめてオープンしたステーキハウスで、フィリピンで人気の…
【タギッグ】ニューヨーク出身のオーナーが経営するデリで、ボリュームのある朝食メニューが人気。BGCのFairways Towerの1階にひっそりと構える。…
【セブ】セブで有名なアンザニ・グループが新たに手掛けるレストラン。アンガス、オーストラリア産、和牛、霜降り等級5のストリップロインステーキ…
【セブ】肉本来の味わいを大切にした本格的なステーキを提供するこちらは、日本人オーナーが経営するアメリカ西部をコンセプトにしたレストラン。1…
【アラバン】アラバンのモリートやマカティのヤカールストリートなどに店舗を構えるデリカテッセン。イタリア製のパスタや缶詰、ハムやソーセージ…
【マカティ】夜になると活気づくグリーンベルト3の3階に構えるレストラン。19世紀初頭のアメリカの酒場をイメージさせる黒のウッドやレンガのデザ…
【アラバン】ここでは、ただ料理を注文するだけでなく、材料を選び、シェフと相談して好きな風に調理してもらうこともでき、従来のレストランより…
【タギッグ】マカティ・シネマ・スクエア近くにオープンし、日本産の最高級和牛を提供することで話題になった隠れ家的レストラン。その2号店はBGC…
【マカティ】マカティ・シャングリ・ラの2階に構えるステーキハウス。全面ガラス張りの窓に映る緑が心地よく、雰囲気とサービスは高級ホテルならで…
【フォートボニファシオ】BGCで2016年に開業したばかりのシャングリ・ラ・ホテルの看板ステーキハウス。マカティシャングリ・ラのステーキハウス「…
【オルティガス】オルティガスにあるDiscovery Suitesの看板レストラン。アジアのレストランガイドブック「ミーレガイド」ではフィリピンのレスト…
【マカティ】Discovery Primeaホテルの16階に2016年6月にオープンしたばかりのレストラン。ステーキハウスではないが、ジョスパーグリルで作ったス…
【パサイ】リゾートワールドのホテルの一つ、マリオットホテルの看板ステーキハウス。ガラス張りのオープンキッチンではグリルでステーキを焼く様…
【パサイ】ニューヨークのステーキの名店。日本でも六本木など4か所に構え、高級ステーキハウスとして名を馳せている。昨年2月にマニラに上陸し、…
【オルティガス】東南アジアで人気のチキンライスと、洋食のステーキを同じお店で楽しめるユニークなレストラン。マニラでチキンライスを食べるな…
【ビガン】マニラで唯一のアルゼンチン料理レストラン。代表料理はステーキで、店内の炭焼き専用スペースで低温でじっくり焼いたFalda a la Cruzは…
【パラニャーケ】元々はスーパーやレストランにお肉を卸す業者が、一般にも直接肉を販売するために始めた精肉店。お肉のプロがその場で注文に合わ…
【アップタウン】アメリカで450店舗以上展開しているステーキチェーン。USDA認定チョイス級のビーフを使用。機械は使用せず、職人が手で切る「ハン…
【ボラカイ(フィリピン)】ボラカイで1998年にオープンした最初のステーキハウス。オープン以来、地元の人々から支持を得ている。一番人気は、や…
【ボラカイ(フィリピン)】2015年にオープンしたばかりのこちらは、グリル料理激戦区の中でもひと際注目のレストラン。その理由は、“辛い”と言う…
【クラーク】ウィダスホテル・アンド・カジノ内にある、優雅で落ち着いた雰囲気のステーキレストラン。店で使用されるステーキ肉の乾燥熟成肉は、…
【コロン】肉料理(アメリカン)といったフィリピンのフュージョンを楽しみたい方はここ。地元の人々でいつも賑わっている。2011年にオープンした…
【プエルトプリンセサ】 パラワンの美しさに惚れ込んだオーナーが丹精込めて作る本格リブステーキが味わえるレストラン。看板メニューの Grilled R…
【マカティ】 サルセドで今人気の新しいステーキ屋。プライム アンガスビーフ、松坂牛をはじめとしたあらゆる高 級ビーフを揃えている。
「Blooga」はパンパンガ州の言葉で「黒」を意味し、その名の通り店内はしっとりと薄暗く、落ち着いた雰囲気。
  お肉をガッツリ食べたい方にオススメのこちら。フィリピンのテレビ番組でスービックのステーキ店No.1に選ばれたこともあり、その美味しさは折…
ウォーターフロントビーチ付近にある、本格的なアメリカのステーキとリブが頂けるお店。内装はアメリカのカントリーホームスタイルで、スタッ…
Westgate Centerの一角にあるレストラン。レンガや丸太を取り入れたインテリアはとてもアットホームで、何時間でもゆっくりできそう。
老舗ステーキ屋Melo’sの系列で、若者や家族向けに少し価格を抑えたカジュアルなレストラン。Melo’s同様ステーキには定評があり、USビーフを使用し…
こちらはオーガニックのアメリカンフードレストラン。2010年にアメリカから帰国したオーナーがオーガニックフードの少なさを感じ、牧場主の父親に…
USDA(米国農務省)でプライム級に認定された極上ビーフを使用したステーキが大人気。当店のおすすめステーキはCab Rib Eye Steak。
半野外のテラスから海を望めるビーチ沿いのレストランでは、心地よい潮風を受けながら食事が楽しめる。
高級クラブRavenの姉妹店。ビルの最上階にあり、天井全体が窓になっている。白と黒を基調としたモダンな大人の空間。
平日は行列ができるほど地元で人気のステーキ屋。RAKI’S BBQ RIBS/singlesリブステーキとライス、そして9種類のサイドメニューの中から好きなもの…
UP Town centerの2階にあるダイニングレストラン。店内は木目調を基調とした、居心地がよくオシャレな空間。肉料理をがっつりと食べたい時におすす…
 フォート・ボニファシオのセレンドラで人気を博すマモウの2号店。数字の2と、こちらもマモウですよ、という意味をひっかけたユニークなネーミン…
ステーキ、スペアリブ、ナチョス、ブリトーなど、がっつりパワーをつけたいランチに最適なフードを楽しめるカジュアル・レストラン。木製のインテ…
25年前にマカティに1号店を開店。現在はケソンシティのエスゲラ通りと、フォートのブルゴスサークル、そしてここアラバンのウエストゲートに店舗を…
ステーキで名高いこちら、マネージャーが大の日本びいきで、隠れた人気メニューとしてとんかつが!
ガッツリお肉を食べたい時、ありますよね? そんな時にぜひ訪れてみてほしいのが、赤と白が基調のインテリアが印象的なキュー・モダン・バーベキュ…
最高級のアンガスビーフに舌鼓。オープンしたての新しいステーキハウスです。
フィリピンの美食家たちを魅了し続けるセレンドラの名店。特別な日のディナーはここで決まり!
フィリピン人は肉が好き!ボリュームたっぷり本格的なリブが食べられる!マニラのリブのお店、ラックス。

ステーキの月間アクセスランキング

ブエノスアイレスを本拠とし、ラテンアメリカの2014年版ベストレストランランキングで、17位を獲得したステーキ屋。
【パサイ】ニューヨークのステーキの名店。日本でも六本木など4か所に構え、高級ステーキハウスとして名を馳せている。昨年2月にマニラに上陸し、ちょうど1周年を迎えたところだ。当店は極上のUSDAプライムビーフを使用し、約28日間ドライエイジングを施している。
3   Wagyu 和牛
【タギッグ】マカティ・シネマ・スクエア近くにオープンし、日本産の最高級和牛を提供することで話題になった隠れ家的レストラン。その2号店はBGCのブルグスサークルに構える。レストランの他に精肉店も兼ねており、調理前のお肉を買うこともできる。
【マカティ】オープンして約10年、口コミだけで広まっていったサルセドの隠れた名店。階段を3階まで上がったところにある赤い扉が目印。USDA認定のプライムやスーパープライムなどの特上ビーフもあるが、マニラでは珍しいダブルゴールドビーフも是非味わってみてほしい。
【アップタウン】アメリカで450店舗以上展開しているステーキチェーン。USDA認定チョイス級のビーフを使用。機械は使用せず、職人が手で切る「ハンドカット」にこだわる。ステーキを注文すると調理前のお肉のディスプレイへ案内してくれるので、好きな肉を選ぼう。程よい塩味で整えられたステーキは日本人の口にも合う味付け。
 

広告

食べる

ジャンルで探す

フィリピン 外出規制中デリバリ情報

地域で探す

マカティ

タギッグ

マニラ

アラバン

パサイ

パシッグ

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

パラニャーケ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel