ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】サンミゲル、9カ月間の純利益73%減の107億ペソ

【フィリピン経済ニュース】サンミゲル、9カ月間の純利益73%減の107億ペソ

2020年11月6日

広告
広告
フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル(SMC)が、11月5日、2020年第3四半期(7月~9月)と9カ月間(1月~9月)の決算速報を発表した。


2020年9カ月間の純収入は前年同期比(以下同様)30%減の5,311億ペソ、営業利益は53%減の415億ペソ、純利益は73%減の107億ペソと大幅減収減益決算となった。EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は32%減の838億ペソであった。2月までは堅調に推移していたが、3月に入ってからの新型コロナ感染拡大加速やその対策としての地域隔離措置が大きく影響した。ただし、地域隔離措置が緩和されつつある第3四半期は9%増益と回復に転じている。


SMCグループの食品と飲料事業が大統合して発足した「サンミゲルフーズ&ビバレッジ(SMFB)」の売上高は14%減の1,946億ペソ、営業利益は39%減の205億ペソ、純利益は37%減の144億ペソであった。SMFBの食品部門(サンミゲルフーズ)の純売上高は4%減の967億ペソ、営業利益は17%減の27億ペソ、純利益は13%減の15億ペソであった。


ビール製造子会社サンミゲル ブリュワリー(SMB、サンミゲルビール)の純売上高は30%減の725億ペソ、営業利益は47%減の148億ペソ、純利益は44%減の111億ペソにとどまった。サンミゲルビールの業績は近年好調に推移してきたが、今9カ月間については、マニラ首都圏やその他の地域の主要都市での酒類販売禁止や外食事業制限措置、酒税増税などが響き、減収減益を余儀なくされた。ただし、非常に強い逆風の中では底堅い推移であったといえよう。また、上半期は39%減収62%減益であったが、第3四半期は12%減収8%減益と底打ちしつつある。サンミゲルビールには、キリン・ホールディングス(キリン)が約48%出資している。


一方、洋酒のヒネブラサンミゲルの純売上高は18%増の253億ペソ、営業利益は41%増の31億ペソ、純利益は67%増の22億ペソと好調であった。特に、第3四半期は56%増収、177%増益と絶好調であった。巣籠り需要の寄与という要素もある。


パッケージ部門(サンミゲル山村パッケージング)の売上高は16%減の222億ペソ、営業利益は74%減の6億5千万ペソと減収減益であった。医薬品業界向けは好調であったが、酒類・飲料業界向けが低調であった。ただし、年初2カ月間では7%増収というペースであった。


多角化事業の一つである電力事業の収入は16%減の879億ペソ、営業利益は3%減の290億ペソ、純利益は27%増の145億ペソであった。サンミゲルの電力事業は、2010年第3四半期から持株会社SMCグローバル・パワー・ホールディングスのもとに集約されている。


石油製品部門(元売り最大手のペトロン)の売上高は43%減の2,164億ペソ、最終損益は126億ペソの赤字で、前年同期の36億ペソの黒字から急悪化した。原油価格急落やそれに伴う在庫評価損、外出・移動制限にともなう需要減などが響いた。ただし、第3四半期(7月~9月)の総販売数量は第2四半期比48.6%増加、最終損益が16億3,000万ペソの黒字に転換するなど、回復の兆しを見せている。


インフラ事業担当のSMCインフラストラクチャーの純収入は42%減の103億ペソ、営業利益は76%減の21億4千万ペソと不振であった。外出・移動制限により、運営している有料道路の交通量が減少したこと、インフラ工事中断などが響いた。


更なる多角化や事業基盤拡大の過程で有利子負債が膨張し、2020年9月末時点で9,380億ペソに達し、2019年末の8,520億ペソから10%増加している。一方、現金残高も3,260億ペソと高水準。総資産は1兆8,730億ペソで、2019年末の1兆8,180億ペソから3%増加している。総負債対自己資本比率は2.17倍(2019年末2.16倍)、有利子負債対自己資本比率は1.58倍(同1.48倍)、純負債対自己資本比率は0.87倍(同0.84倍)となっている。

 
広告
広告
広告

その他の記事

10月29日午前3時(日本時間、以下同様)、フィリピンの東で台風19号(国際名:コーニー)が発生した。
2020年9月末時点でフィリピンのユニクロ店舗数は60店で、2位のタイとマレーシアの51店を大きく上回っている。
フィリピンの最大銀行であるBDOユニバンク(BDO、本店マニラ首都圏マカティ市)は、10月26日、2020年第3四半期(7月~9月)及び9カ月間(1月~9月)の事業報告書を発表した。
ニッシンURCの業績が堅調に推移している。ニッシンURCの今9カ月間の売上高は前年同期比(以下同様)17%増の55億5,500万ペソ、EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は23%増の11億2,900万ペソ、純利益は19%増の6億9,000万ペソで二桁増収増益決算となった。
フィリピン証券取引所(PSE)上場企業の2020年第3四半期(7月~9月)及び年初9カ月間(1月~9月)の決算発表シーズン入りとなった。
新型コロナウイルスワクチン(ワクチン)のフィリピンでの臨床試験に、多数の海外製薬会社が関心を有している。
主要消費関連企業の2020年上半期(1月~6月)の決算発表が出揃った。多くの企業が新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う地域隔離措置による景気悪化の影響を受けた。また、外食制限、家庭内食事の増加というライフスタイルの変化により明暗が大きく分かれた。
フィリピン中央銀行(BSP)発表の速報データによると、フィリピンの総外貨準備高(GIR)は2020年9月末現在で、過去最高の1,004億9,000万米ドルに達した。
インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)のコンバージICTソリューションズ(コンバージ)が、新規公募(IPO)実施・フィリピン証券取引所(PSE)への新規上場計画を推進しつつある。
フィリピン最大の格安航空会社(LCC)であるセブ航空(CEB、ブランド名:セブ・パシフィック航空)は、10月8日、フィリピン証券取引所(PSE)回覧07044-2020号において、「新常態での成長を可能にする『資金調達計画(ビジネス・トランスフォーメーション資金調達計画)』を実施する予定である」と発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー