ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】ワクチン接種1,171万人に、7月4日現在

【フィリピン経済ニュース】ワクチン接種1,171万人に、7月4日現在

2021年7月6日

新型コロナ(COVID-19)国家タスクフォース(NTF)は7月5日、国内でCOVID-19ワクチンの接種(1回目または2回目)を受けた人が合計1,170万8,029人に達したと発表した。


NTFの最新データによると、7月4日現在、国内でCOVID-19ワクチンの2回目の接種を完了した人が286万8,905人、1回目の接種を受けた人が883万9,124人だった。


全国予防接種プログラムの過去18週で、177万8,989回分の接種が行われた。過去7日間における1日の平均接種回数は25万4,141回だった。


医療従事者で1回目の接種を受けた人は171万4,313人、2回目の接種を完了した人が115万6,220人。接種優先リストA2カテゴリーに属する高齢者のうち1回目の接種を受けた人が252万4,204人、A3カテゴリー(併存症のある人)で1回目の接種を受けた人が299万3,197人、A4カテゴリー(必須セクターで働く人)で1回目の接種を受けた人が135万0,979人、A5カテゴリー(貧困者)で1回目の接種を受けた人が25万6,431人。一方、2回目の接種を受けた人がA2カテゴリー78万8,630人、A3カテゴリー89万7,719人、A4カテゴリー2万6,109人、A5カテゴリー227人。


なお、フィリピン食品医薬品局(FDA)は、「6月20日時点で、ワクチン2回接種14日後の新型コロナ感染症による死亡・入院事例は皆無」との報告書を発表している。ただし、2回接種は死亡や重篤化防止には効果的であるが、感染の100%防止を保証するものではなく、2回接種完了後も引き続き感染防止のための公衆衛生基準に従う必要があるとのことである。


FDAによると、中国シノバック製ワクチン2回接種完了160万人のうちその後のコロナ感染報告事例は33人である。英国アストラゼネカ製ワクチン2回接種完了42万8,000人については1人、米国ファイザー製ワクチン2回接種完了8万2,800人についても1人と報告されている。ロシアのスプートニクVワクチン2回接種完了1,400人については、接種数が非常に低水準ということもあって、感染例は報告されていない。感染者はいずれも軽症とのことである。

 

その他の記事

フィリピン中央銀行(BSP)は6月26日、2021年第1四半期(1月~3月)の住宅不動産価格指数(RREPI)を発表した。
フィリピン中央銀行は(BSP)は、現在、年8回の金融委員会(MB)政策会合を開催している。
フィリピン財務省のカルロス・ドミンゲス大臣は、日本の災害復旧スタンド・バイ借款フェーズ2(PDSL-2)での3回目の拠出となる200億円の資金支援に対して、フィリピンの新型コロナウイルス感染対策に大きく役立っていると感謝の意を評した。
ファーストフード・チェーン最大手のジョリビー フーズ(証券コード:JFC)は、6月22日、「吉野家ホールディングス(YH)の子会社ヨシノヤ インターナショナル フィリピンズ(YIPI)との折半合弁企業『Yoshinoya Jollibee Foods, Inc(吉野家ジョリビーフーズ)』の設立が、6月18日、証券取引委員会(SEC)によって承認された」と発表した。
スマートバクナ(スマートワクチン)福利厚生プログラムの一環として、多くの飲食店などが、新型コロナワクチン接種完了証明カード持参者には、割引などのサービスを提供する。
フィリピン航空(PAL)の持株会社であるPALホールディングス(証券コード:PAL)は、6月17日、2020年の年次報告書と2021年第1四半期(1月~3月)の事業報告書を開示した。
フィリピン統計庁(PSA)は6月16日、2020年のフィリピン旅行・観光産業の動向を発表した。
日本政府はフィリピンに日本で製造したアストラゼネカ社のCOVID-19ワクチンを無償で提供する。
フィリピン証券取引所(PSE)上場企業の2021第1四半期の企業業績発表が出揃ってきた。新型コロナウイルス感染再拡大やその対策としての地域隔離措置の影響を受けているが、非常に不振であった前年同期からは回復傾向にある。
2019年まではフィリピン最大の放送局であったABS-CBN(証券コード:ABS)が、6月8日、2020年の年次報告書と2021年第1四半期(1月~3月)の事業報告書を提出した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー