ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第15回

上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第15回
広告
広告

動作分析の専門家が太鼓判

骨盤を止めずに回すからスイングの再現性が高い

田村尚之とローリー・マキロイ。ふたりの対照的なスイングを動作分析の観点から比較。
ネジらず体を回すことの効率性の高さが見えてきたぞ。



ネジらず体を回すから楽にボールを飛ばせる

田村尚之



マキロイと同じくアドレスでの股関節の角度は45度。ややカカト体重の脱力した構えで、力まず体を回せる形を作っている



骨盤ごと回転し、ヒザが伸びるから股関節の角度が小さくなる。体を大きく回しつつ、負荷を最小限にする動き



ベタ足のまま、ヒザから上でクルッと体全体を回している。股関節も積極的に動かすことで、体への負担を軽減。
それでいて、回転によってパワーが生まれるので飛距離も出る



インパクトにかけて、股関節とヒザが同じ角度に戻っていく。角度の変化は大きいが、軸に対するズレがないので、再現性の高い動きができる



腰を止めないから筋力は必要ない


バックスイングで股関節の角度を保っているマキロイに対して、田村さんは股関節を止めるどころか、体全体で回転しています。またトップ からダウンスイングにかけてマキロイは踏み 込んで体重を左に乗せていますが、田村さんはその場でクルッと回るだけ。後方から比較するとよくわかりますが、マキロイは股関節の角度があまり変わりませんが、田村さんは股関節 やヒザの角度が大きく変化します。我慢させな いことで体への負担が減る。しかも、シンプルな動きなので再現性が高くなる。筋力のないアマチュア向きの振り方ですね。


股関節を固めず、むしろ大きく動かし体全体で回転。体に負担がかからず、軸もブレてないから再現性が高い


軸を体の中心に保ってクルッと回る



ネジる力で飛ばせるが体にかかる負担も大きい

ローリー・マキロイ

体重移動がほとんどない田村のスイング。クラブを体の中心に保ちつつ、クルッと大きく回転していく。シンプルな動きで、フェース開閉もしないから、常に安定したインパクトでボールを飛ばせる



ややツマ先体重のアドレスで、股関節の角度は45度。この角度がもっともスムーズに動き出せる態勢だ

骨盤の動きを抑え、前傾角を保つマキロイ。背骨を中心に体をネジってパワーを生むが、その分、ワキ腹などに大きな負担がかかる。日々の筋トレとケアが必要不可欠なスイング



肩は大きく回っているが、股関節もヒザの角度も変化は小さい。下半身の動きを抑えて、上体を強くネジってパワーをためている


週3回、筋トレできない人はマキロイの振りはあきらめて!


股関節の角度をキープしつつ、ヒザの角度が大きい。下半身からリードして強烈にネジれ戻している。パワーが出る一方で、体への負荷も大きい



このレッスンの続きは「電子版ALBA」で!
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.alba.co.jp/magazines/e_book.php

広告
広告
広告

上達への近道!ALBAゴルフ

手先の力がいらないのはわかった。では、どこに気をつければいいのか? 永井コーチは左肩にポイントがある という。「手首の角度を崩さずストンと落と すには、左肩を低く動かすことが大切です。
ジャンボ流アプローチのポイントは右手の押し込み。角度を保って、フォローで長く押し込むように使う。小平は「まだまだマスターできていませんと謙遜するが、なかなかどうして、右手の使いはそっくりだ。
セカンドショットでグリーン近くまでボールを運ぶも SWのザックリ、トップでまさかのダブルボギー…。 そんな経験はありませんか? それは技術ではなくクラブ選びが一番の問題。 PWを使えば超簡単なんです。
ショートスイングは振り幅が小さいので、棒立ちになって下半身が止まり、手打ちになりやすいので注意。右太モモを左太モモに寄せ、しっかり下半身を動かしてスイングすることが大事。スイングアークが最大になり、自然とフォローも大きくなる
フォローでヘッドに引っ張られるように体を回転させる。ハンマー投げのイメージでヘッドの遠心力にまかせて手首を返し、ヘッドを動かしたい方向へ走らそう

上達への近道!ALBAゴルフ 一つ前のコラムを見る

上達への近道!ALBAゴルフ
ダウンで腹筋を使うためのコツがあると今野は言う。「体重移動がポイントです。トップで右足に乗った体重をインパクトに向かって左足に移行しますが、厳密には体重はインパクト後にもう一度右足に戻ります。この動きをすることで、腹筋が使えて伸び上がらなくなります」

その他

『こんな従業員は解雇できますか?(2)』今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
住友商事と比大手財閥ロペスグループが共同で開発・運営するバタンガスの工業団地、「ファースト・フィリピン・インダストリアル・パーク」の福田繁夫さんにお話をお聞きしました。
飛ばすより曲がらないスイング「ジャンプ」と「90度キープ」が超精度を生む!タメすぎても、ほどけてもダメ。トップの手首90度キープで球がまったくブレナイ。アドレス以外で球が曲がらないポイントは手首にある。切り返しで左手首の90度をキープしながらダウンスイングに移行するのがコツだ。ほどけやすい人はフックボールを練習しよう。
今回は「運動不足のあなたにズンバを紹介したかったのですが、、」です! フィリピンに居る日本人の方達は、タクシーを使う機会が多いと思います。 ですので、中には運動不足に悩んでる方もいるのではないでしょうか?
18歳の時に飲食業界に足を踏み入れたというブライアンさんは、主力ブランドのPeri Peri Charcoal Chicken and Sauce Barを始め多くのレストランを手掛けるグループの代表。 ドミノピザのフランチャイズ経営からスタートし、その後自ら手軽に日本料理が楽しめるフードチェーンというコンセプトで「Teriyaki Boys」を誕生させた。
コスり球のイヤ~なイメージが消える、右肩を前に出して体の正面で打つ。高校3年生までフェードを打っていた星野陸也は持ち球をドローに変えた。それが功を奏し、22歳になった今年、ツアー初優勝を遂げた。「マキロイのように体の回転でドローを打ちたい」と語る。
日本とフィリピンの友好、相互理解のために文化交流を行っています。具体的には、文化事業(日本映画祭や展示、公演など)、日本語教育(日本語教師の研修や日本語能力試験の実施)、日本研究・知的交流(日本について研究する人への支援、知的リーダー層の交流)を3本柱として行っています。その中でも特に文化事業と日本研究・知的交流を担当しています
オンラインファッションポータルサイトとして、ASEANにて不動の地位を確立しているザローラ。フィリピンアパレル業界に衝撃を与えたデビューから4年が経った今、見据えているビジョンとは一体どんなものでしょうか。今回は、ZALORA PHILIPPINES共同出資者でCEOのPaulo Campos III氏に今後の展望についてお話をうかがいました。
フィリピンといえば安くて美味しいご飯屋さんがたくさんあります! その中でもフィリピンでとても有名で、僕たちHPN3もよく利用させてもらってる 「Mang INASAL」に今回行ってきました!
フィリピン最大の商業銀行BDO。名実共にフィリピンNo1となった銀行で、日系企業との取引を最前線で担当するジャパンデスクのマリサ・キョーゲさんにお話をお聞きしました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel