ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  子どもたちに与える最高に贅沢な時間

子どもたちに与える最高に贅沢な時間

clubbanner.jpg

フィリピンには、在フィリピン日本人コミュニティで結成されているサークルが数多くあります。
Primerでご紹介するのは、そのほんの一握り。
既にフィリピン在住の方、これからフィリピンに移住してこられる方、
ぜひ自分の興味のあるサークルに参加してみませんか?

*******************


朗読ではない、口承を実践! 

語り手たちの会

katarinokai.jpg

 

今回プライマーがおじゃましてきたのは「マニラ語り手たちの会」。この会は子どもたちにお話を語る会で、1987年から活動している由緒ある会です。活動日は毎月一回、場所はマカティ市内の個人宅を会場として定期的に開催されています。


この会の趣旨には二つの目的があります。一つは、成長してから、子ども時代に聞いたたくさんの話から得られる知恵やユーモア、希望によって、人生を豊かに生きていけるようにすること。もう一つは、どこにいてもどこに住んでいても、お話を聞くことによって子どもたちの頭の中でなるべくたくさんの楽しい経験、体験をさせること。


部屋を暗くしてろうそくが灯ると、そこはお話の世界。語り手たちは、本を読み聞かせる時とは違った深みを持って自分の中に取り込んだお話を、自分の声と抑揚で、子どもたちの目を見ながら語っていきます。そこは現実から一瞬切り離された空間であり、ろうそくの灯によって膨らむ想像力と期待感で、どんな子どももお話しの世界にぐいぐいと引き込まれていきます。

参加していたお母さんや子どもたちもみんな耳を傾けて、語り手たちの話に聞き入ります。最後はとても充実した様子でした。現在「語り手たちの会」では、お話を聞いてくれる子ども達と同時に、子どもたちに夢や希望を与えてくれる語り手を募集しています。 
 
「語り手たちの会」に関しての詳しい情報は、こちらの「語り手達の会」のフェイスブックアカウントをご覧ください。
FB: 語り手達の会

広告

サークル紹介

「人類が考え出した最も知的なゲーム」、コントラクトブリッジの同好会のご紹介です。
老若男女が泥んこになって汗を流す、タッチラグビー同好会。メンバー大募集中です!
知る人ぞ知る、通称「ラジコン」="R/C"のファンが集まる場所を紹介します!ホビーを通しての国際交流はいかがでしょうか?
【カビテ】近年フィリピンには新しいゴルフ場が次々に誕生していますが、皆さん、様々なゴルフ場でスキルを磨きながら和気あいあいと活動されています。第1回は「リビエラ会」。安間浩志さんにお話をお聞きしました。
第2回の今回は「マニラ立命館大学校友会 ゴルフ部」をご紹介します。伊勢全次郎さんにお話をお聞きしました。

サークル紹介 一つ前のコラムを見る

サークル紹介
20年以上続くマニラ日本人会の伝統的なサークル「テニス同好会」で、一緒に汗を流しませんか?

その他

フィリピン国内最大手の総合人材会社でもあるジョンクレメンツパーソルフィリピンジャパンデスクでManagerを務める田渕大輔さん。クライアント· 求職者はもちろんのこと、社員やパートナー企業など関わるすべての人々に対して謙虚に接し、信頼関係の構築に意欲を燃やす。様々な業界で必要とされる人材の輩出を通じて、フィリピンの経済発展を後押しする。
コミュニティ隔離措置の開始時に駐在員を帰国させましたが、フィリピンに戻れる前にAEPと9(g)ビザが失効しました。今後渡比が可能になった場合、どうすればよいでしょうか?
フィリピンにはジープニー、トライシクル、バス、FX、電車などたくさんの交通手段があります。 中でも一番小回りが利き、地球に優しいエコな乗り物といえばやはり... サイドカー(ペディキャブ)です! サイドカーとは自転車の横にお客さんの乗る所を付けたフィリピンの人々の足となる乗り物です。 今回はそのサイドカーを運転してきました!
皆さんこんにちはHPN3です。今週はフィリピンでごく普通の床屋さん(カット50ペソ=約120円)に行き、写真通りのカットになるかを検証してきました!カット50ペソと聞くと安すぎて色々と不安になってしまいますが、店内に入れば不安一掃!赤いオシャレな鏡、掃除の行き届いた店内、大量のヘアカタログ、丁寧かつ迅速なカット、撮影OKしてくれる優しい店員さん!
強すぎるグリッププレッシャーはヘッドの走りを妨げて、振り遅れの原因になる。永峯咲希は、ショット直前に右手を脱力させることでショットの安定感を高めているという。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「KYUKYU RAMEN 99 紹介」です!僕はフィリピンに来てびっくりしたのが、日本に住んでいた時によく行っていたラーメン凪がフィリピンにもある事でした!
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 1 】 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか?本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
今回はパサイにある「upsidedown museum」に行ってきました! ここには様々なトリックアートがあり。 子供から大人まで楽しめます。 日本だとみんな照れながら遊びそうですが フィリピンでは子供も大人も大はしゃぎで遊んでいました!
家庭医療のプラットフォームを展開するAIDEを創業したPaolo Bugayong氏。自身の経験からフィリピンの医療システムに課題を感じ、スマートフォンを通じて自宅で医療サービスを受けられるシステムを開発した。「成功に近道はない」を信条に、目の前の患者と仕事に全力で向き合い、サービスの拡大を目指す。
野村総合研究所(NRI)では、DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを通じて社会や企業が「変化が激しい時代の未来を切り開く」支援をしています。今回は、NRI が考えるDX の定義とDX に関する具体的な活動についてご紹介します。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー