ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第3回】

知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第3回】

第3回

中小企業でも良い特許があれば、 大企業と対等以上に戦えるって本当なの?

 

前回のコラムで、ビジネスが対象になる知的財産権の案件では、発生した損害の基礎となる対象がその売り上げ金額になるとお話しました。ドラマ・下町ロケットの第一話で、佃製作所の主力商品であるステラエンジンがナカシマ工業から特許侵害で訴えられ、その損害に対する賠償金として90億円を求められたのも、知的財産の世界では実際にあり得る話です。

 

しかし、第二話では、佃製作所がナカシマ工業の主力製品であるエルマーⅡエンジンに対して、佃製作所の保有している特許権を侵害していると訴え返し、その主張が裁判官に認められます。結局、佃製作所は56億円の損害賠償金をナカシマ工業から得ることとなり、最終的には和解に至りました。ナカシマ工業からしてみれば、自分たちから訴えたはずが、佃製作所からもナカシマ工業の主力製品に対する訴えを起こされてしまい、企業イメージが低下、結果として大損してしまったことになります。現実にもこんなことは起こり得るのでしょうか?

 

大企業同士の特許のクロスライセンス交渉においても、両者の特許力が同じ場合、発生する損害の基礎がその売り上げ金額となるため、売上が大きい企業が不利になります。

 

例えば、大企業であるナカシマ工業のエルマーⅡエンジンの売り上げが年間100億円、中小企業である佃製作所のステラエンジンの売り上げが年間10億円あるとします。その上で両社に同じレベルの特許があった場合、必ず佃製作所が勝ちます。裁判所が両者の損害賠償額を計算する際、同じレベルの特許であれば料率も同じレベル(例えば5%)になる可能性があるからです。

 

ナカシマ工業の売上額 × 裁判所の料率 = 佃製作所が得る損害賠償額 佃製作所の売上額 × 裁判所の料率 = ナカシマ工業が得る損害賠償額

 

料率が同じレベル(例えば5%)であれば、佃製作所が得る損害賠償額は年間5億円で、ナカシマ工業が得る損害賠償額は年間5千万円ということになります。 つまり、売上高が大きい大企業の方が圧倒的に不利なのです。この例えなら、裁判所が両者の金額を差し引いた結果、佃製作所に対して年間4億5千万円を支払うよう、ナカシマ工業に命じることになりますね。 中小企業であっても良い特許があれば、大企業と対等以上に戦うことができることが理解いただけたかと思います。

東南アジアで知的財産のことなら Masuvally and Partners

知的財産所有権などの技術法務を専門に取り扱う、東南アジア、日本、アメリカ、中国の弁護士・弁理士からなる法律事務所。複数国の専門 家が一体となって、 お客様の技術法務に関する各種の業務に対応できる全く新しい形の事務所です。お客様の要望に応じたキメの細かいサービスの提供を目指しております。アジアで活躍されている日系企業・ベンチャー企業の方々が必要とされている技術法務サービスを低価格、高品質で提供いたします。

Masuvally and Partners
住所: Joya North Tower, 16th fl. Rockwell Center, Makati City 1200, Philippines
メールアドレス : [email protected]
WEB: www.masuvalley.com

広告

知的財産経営 in 東南アジア

「死蔵特許」と「有効特許」って何ですか?皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか?本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 1 】 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか?本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 2 】今回は前回の続きの話です。下町ロケットの第二話で、佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際に、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘しました。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 3 】今回も前回に続き、ドラマの第二話で佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘したシーンについてお話したいと思います。
帝国重工への特許譲渡って何ですか?ドラマの第二話で、帝国重工の開発部長が佃社長に「佃製作所の特許を20億円で売却のうえ、譲渡してくれないか」と頼んでいたシーンがありました。他社の特許を買ったり、自社の特許を売ったりすることを「特許売買」と呼びます。

知的財産経営 in 東南アジア 一つ前のコラムを見る

知的財産経営 in 東南アジア
特許侵害事件で賠償金90億円って本当なの? 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか? 本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。

その他

住みますアジア芸人がフィリピンのマニラに上陸! フィリピンで日本のお笑いを広めるため、フィリピン住みます芸人のハポンスリー(HPN3)がマニラにやって来た!タガ...続きを読む
Ernani Omar Cruzさんは医療保険管理システムを運営する「S t a s h 」のCEOだ。国際的なIT企業や金融、航空業界など様々な業界の大企業で働いた経験を生かし「Stash」を創立。
フィリピンにはジープニー、トライシクル、バス、FX、電車などたくさんの交通手段があります。 中でも一番小回りが利き、地球に優しいエコな乗り物といえばやはり... サイドカー(ペディキャブ)です! サイドカーとは自転車の横にお客さんの乗る所を付けたフィリピンの人々の足となる乗り物です。 今回はそのサイドカーを運転してきました!
2014年にイオンクレジットサービスフィリピンの社長に就任した荒木さん。フランスの銀行会社勤務後に上海での飲食事業立ち上げに参画するなど、多彩な経歴の持ち主だ。冷静な分析力と「何事も現場に答えが落ちている」と語る熱い情熱で、フィリピン人の様々な層に適した金融商品を投入し、彼らの生活力の向上につなげている。
基本的な様々な能力がはぐくまれる大切な幼少時代、フィリピンで暮らす子供たちの未来のために何が大切で、何を今すべきなのか︕︕ 会社員から保育士に転職、BGCでウィズこども園を運営されている小野さんが連載でお伝えします。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!フィリピンはただいまコロナの影響で大変な事になっております。僕たちの住むマニラがあるルソン島は全域でコミュニティ隔離措置(Enhanced Community Quarantine)を実施中です。そして夜8時以降は外出も禁止です。
フィリピン事業を撤退することになりましたので、現地子会社をなるべく早く清算したいのですが、どのような手続が必要ですか?
『従業員の降格はできますか?』 前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあ...続きを読む
焼肉やしゃぶしゃぶが楽しめる和食ビュッフェ店を7月に開業したダイニングイノベーションの西山知義代表取締役会長。焼き肉レストラン牛角など、これまでに様々な業態の店舗を国内外で幅広く展開してきた。「お客様が喜んでくれることがモチベーションにつながる」と語る西山氏は、アジアで多くの人々の胃袋を掴み始めている。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー