ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第五十九回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第五十九回
広告
広告

『フィリピンの民事裁判』


今月の事例

Q.フィリピンの会社相手に損害賠償を請求する民事裁判を提起することが考えていますが、フィリピンの民事裁判制度はどうなっていますか?
 
 
<誰が訴えられるか?>


誰でもフィリピンの裁判所に訴えを提起することができますが、例外もあります。外国法人がフィリピンで訴えを提起する場合、その外国法人がフィリピンでビジネスを行っている(Doing Business)と判断されますとSECへの登録がなされていない限り、訴えを提起することができません。単にフィリピン法人にライセンスを供与しているだけであればビジネスを行っていると判断されませんが、共同で事業を行っていると判断される場合などはビジネスを行っていると判断される可能性がありますので、注意が必要です。
 
 
<どの裁判所に訴えるか?>


フィリピンでも日本と同様に請求金額により、第1審の管轄裁判所が異なります。請求金額が30万ペソ以下の場合はMunicipal Trial Court(地方裁判所)、Municipal Circuit Trial Court(地方巡回裁判所)の管轄となり、40万ペソ以下の場合はMetropolitan Trial Court(首都裁判所)の管轄となりますが(日本でいう簡易裁判所と考えて頂ければよいと思います)、それ以上の場合はRegional Trial Court(地区裁判所;RTC)の管轄となります。法人間の取引での訴訟の場合、RTCが第1審の管轄となることが一般的であるといえます。また、どの地域の裁判所に訴えるかについてですが、フィリピンでは原告の所在地を管轄する裁判所に訴えることが一般的です
 
 
<裁判の流れ>


次裁判の流れですが、日本における民事裁判と大きな流れとしては同じといえます。まず、原告が訴状を提出し、裁判所において事件が係属する部に割り当てられ、裁判所が被告に対して答弁書の提出を求め、被告が答弁書を提出します。これに対して再反論等が必要な場合、原告、被告がそれぞれ準備書面を提出し、必要に応じて証人尋問などが行われ、最終的に裁判所が判決を下すという流れになります。もっとも、幾つか日本の裁判とは違う点がありますので、その点を挙げさせて頂きます。

(1)すべての主張を訴状で行うことが求められます

日本の場合、必ずしも訴状にすべての主張を盛り込むことは求められませんが、フィリピンでは原告の主張だけでなく、被告からなされうる反論に対しても最初から反論の主張を行うことが求められます。

(2)和解を裁判所が主導することは一般的ではありません

日本では途中から弁論準備手続と呼ばれる公開の法廷以外の場所で主張の整理が行われたり、裁判所が和解を勧めることがあります。しかしながら、フィリピンではすべての手続は公開の法廷で行われ、また、裁判所が主体的に和解を勧めることはほとんどありません。なお、両当事者が合意する場合、裁判を提起したあとに裁判所とは別の組織である仲裁機関での仲裁・和解が行われることがあります。

 
 

結論

A.外国法人は裁判を提起できない可能性がありますので、注意が必要です。基本的な手続は日本と同じですが、若干の違いもあります。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: japandesk@quasha-interlaw.com
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: uemura@mmn-law.gr.jp
E-mail: torikai@mmn-law.gr.jp
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

フィリピン事業を撤退することになりましたので、現地子会社をなるべく早く清算したいのですが、どのような手続が必要ですか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
プレビルドのコンドミニアムを購入したのですが、引渡予定時期になってもまだ完成していません。何かできることはありますか?

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「フィリピンで人気のアニメを調査しました!」です!今回も日本人コスプレイヤーの友達のさえきくんと一緒にコスプレをしてケソンメモリアルパークでフィリピンのアニメ事情をインタビューしてきました!
今回は日本人とフィリピン人の結婚と離婚についてお話しさせていただきます。特に多いと思われるフィリピン在住の日本人男性とフィリピン人女性の結婚と離婚を念頭においてお話しいたします。
こんにちは、ハポンスリーの井上です。 フィリピン料理をもっと日本人に知ってほしい!! という事で、今回ご紹介するフィリピン料理は、、、paresです! Paresは甘辛いタレに柔らかく煮た牛肉が入っている料理です。
日本ではSKIPPYでお馴染みのピーナッツバター。フィリピンでももちろん購入でき、日本では見慣れない種類のものを入手可能。それもそのはず、フィリピン人はピーナッツバターが大好物。
今回僕はNAIA空港の近くにある軍事博物館「Philippine Air Force Aerospace Museum」 に行ってきました。 入館料は20ペソです。 入る時にガードに「お前、外国人か?」と怖い顔で聞かれましたが、多分僕の顔が怪しい外国人に見えただけだと思うので、誰でも入れます!
かつて、フィリピン航空機内食の総料理長を務めていたBergerさん。ヨーロッパ出身の友人らが、故郷の食べ物を懐かしむのを見てヒントを得た。「肉を輸入して、ここマニラでソーセージを作ろう!」それから30年。彼の経営するデリカテッセン、サンティスは、国内で一番と評価されている。
日本に帰る機会があったので国際免許を取得してみました! と言う事で今回はフィリピンで車を運転してみました!
今回は「水没したアイフォーンを直そう!」です。 僕は未だにアイフォーン5を使っています、、 それをみて僕の妹がアイフォーン6プラスsをくれました! なんて優しい妹なんだと思いましたが、それは水没して使い物にならないアイフォーンでした、、
こんにちは、ハポンスリーの井上です! 今回は良く日本人の方に質問される、「どんなとこ住んでんの?」という質問にお答えして、井上の住んでいる家の近所紹介と普段食べているものを紹介します!!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「コスプレしてジョリビーに行ってみた」です!フィリピンは日本のアニメがすごい流行っていて、毎月のようにコスプレイベントがあります。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel