ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第五十八回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第五十八回
広告
広告

『プレビルドコンドの購入』


今月の事例

Q.プレビルドのコンドミニアムを購入したのですが、引渡予定時期になってもまだ完成していません。何かできることはありますか?
 


フィリピンでのコンドミニアムの購入に関するトラブルのご相談を受けることが少なからずありますため、今回はフィリピンでのプレビルドコンドミニアムの購入に関連するよくあるご相談につきお答えさせて頂きます。
プレビルドでコンドミニアムを建設する開発業者がその開発したコンドミニアムを販売するに当たっては、まず、その開発業者がHousing Land Use and Regulatory Board (HLURB)に登録されていなければならず、また、そのコンドミニアムの建設及び販売についてもHLURBへの登録が必要です。誰でも知っている有名な開発業者の場合はさておき、そうでない場合は、開発業者及びプロジェクト自体がHLURBへの登録がなされているかにつき、まず確認することが必要です。
一般的なプレビルドコンドの購入の際の書類ですが、最初に締結をする書類はContract to Sel(l 売買契約書)であり、この契約の締結を直接開発業者またはブローカーを通じて行うことになります。売買契約締結時に一時金(ダウンペイメント)を支払い、その後、契約したときの条件にしたがって、残金を支払うことになります。支払い条件に従って売買代金の全額が支払われた後にDeed of Absolute Saleが締結され、物件の引渡、また、支払われる税金についてもすべて支払われますと、Registry of Deedsが権原証書(コンドミニアムの場合、Condominium Certificate of Title(CCT))を発行するという流れになります。なお、フィリピンの場合、物件の引渡し後すぐにCCTが発行されることは稀であり、引渡しから数年経過してようやくCCTが発行されることもあります。もっとも、当初の予定通りに引渡しがなされるとは限らず、途中で建設が止まったり、遅延することがよくありますので、その場合、買主に何らかの方法がないのかが問題となります。
 
 
1.契約の解除ができるか?


まず、引渡しの遅延を理由に契約を解除して返金を求めることができるかが問題となります。この点については契約書を検討することが必要となりますが、特段の規定がない限り、一般的には契約を解除することは法律的には可能であると思われます。もっとも、フィリピンにおいて納期遅延を理由に契約を解除して返金を求める買主はほとんどいないのが現実です。
 
 
2.コンドミニアムを他の人に譲渡できるか?


次に、引渡しを受ける前に第三者にそのコンドミニアムを譲渡するという方法も考えられます(いわゆるAssignment of Rightsという手法です)。もっとも、これが有効となるためには開発業者にかかる譲渡が登録されることが必要であり、実際には開発業者がこれを認めないケースが多いですので、この方法が一般的であるということはできません。以上のように、トラブルが起こった際に実際に買主ができることはフィリピンでは限られていると言わざるを得ませんので、フィリピンでプレビルドコンドミニアムを購入する際には十分気をつける必要があると言えます。

 

結論

A.契約の解除や第三者への売却などが考えられますが、実際にこれらを行うことは難しいでしょう。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

フィリピンの会社相手に損害賠償を請求する民事裁判を提起することが考えていますが、フィリピンの民事裁判制度はどうなっていますか?
フィリピン事業を撤退することになりましたので、現地子会社をなるべく早く清算したいのですが、どのような手続が必要ですか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
産休に関する法律が変わったと聞きましたが、フィリピンの産休制度はどう変わりましたか?

その他

「アマチュアはインパクトで右に傾いてはいけないと思っています。この意識がフットワーク が使えない原因の1つなんです」と片岡大育の活躍を支える青山充はいう。「松山英樹のインパクト写真を見てください。
マニラ空港第3ターミナルの向かいにあるリゾートワールドマニラに隣接するのがビリヤモールゴルフクラブ。パブリックコースのためメンバー同伴無しでのラウンドが可能。マカティに近い都市部に立地しながら狭いわけではなく、距離は青ティーで6500ヤード、パー72のしっかりとしたコースです。
今回はフィリピンにあるレストランの中で一番長いと噂のバーベキューを食べに行きました! 日本ではバーベキューといえば外でやる焼肉的なやつを想像しますが、フィリピンではバーベキューといえば豚バラの串焼きです!
パイロットになりたい!そんな子供の頃の夢をフィリピンで実現できるかもしれません。自らもパイロットとしてのキャリアを持つ佐藤さん。病気のためメディカルライセンスを失った後も地上職として飛行機の仕事に関わり続けました。これまでの仕事の集大成と語るAAAでは飛行機免許取得のサポートを。自身もセスナの免許取得を目指します!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越、田中、井上です。今回はフィリピンのおやつの定番『バロット』に挑戦してきました。皆さんバロットをご存知でしょうか?
今やフィリピンを代表する産業に発展したBPO業界。その成長を影で支えてきたのがDTSI (Diversified Technologies Solution International) GROUPです。そこで活躍する伊藤新吾さんの物語もとても興味深いものでした。
こんにちは、ハポンスリーの田中です!今回は「フィリピン人のマシーン紹介」です!毎月グロリエッタで行われているブリキヤードカップ!
ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはタギッグ市。アクセスは良いですし、都心部といえども距離も広さも十分。またパブリックコースのためメンバーと同伴でなくてもお手頃な値段でプレー出来るのも魅力です。
今回は日本人があまり行かない島第2弾という事でカグバレット島に行って来ました! 場所はルソン島の東側。 前回行ったポリリオ島の下の方にあります。 バス、ジープ、船でマニラから約7時間の旅を経ていざカグバレットへ!
今回は日本人が経営しているラーメンダルマに行ってきました! 実は前にも1度紹介させて頂いてその時は外で屋台のラーメン屋としてやっていたんですが 今回ラーメンダルマさんが店舗を構えたという事でお店に行ってきました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel