ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十四回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十四回
広告
広告

『GCQ下の操業再開に関連する労務の取り扱いについて』


今月の事例

Q.GCQになりましたので、操業を再開しようと思いますが、どのような点に注意すればよいですか?
 
 
<DOLE勧告第17号>
DOLEは、5月16日付けにて勧告第17号(Labor Advisory No.17)を発行し、事業の再開に当たり雇用の維持のためのガイドラインを発表し、強化されたコミュニティ隔離措置、一般的なコミュニティ隔離措置、その他の防疫のための取り組みが行われている間、雇用主及び被雇用者に対して適用される事項を明らかにしていますので、その内容につき、説明致します。
 

1.衛生基準の遵守
 
雇用主は事業の再開に当たり、各関係機関が発表している諸々の衛生基準に関するガイドラインに従わなければならないこととされています。DTIとDOLEが4月30日に共同で発表した暫定ガイドラインにおいて、具体的な雇用主の義務として、労働者との協議の下、コロナウィルス対策に必要な社内規則を設けること、コロナウィルス対策手段を監視する安全係員を指名すること、ホットライン電話窓口を設置すること等が定められています。また、就業の際には、物理的な距離を取ること、マスクを着用すること、就業場に戻る従業員に対するスクリーニング等、保健衛生面に特化した数々の施策を雇用主に対して求めています。なお、雇用主が故意にこれら衛生基準を遵守しない場合は罰則の適用を受ける可能性があります。
 

2.在宅勤務の推奨
 
実現可能な場合、在宅勤務を行うことが推奨されており、この場合、雇用主は在宅勤務を従業員が行うに際して適切なサポートを行うことが求められています。
 
 
 

3.代替的な勤務計画

 
解雇や事業場の閉鎖を防ぐために、一時的に従業員を他の支店等に異動させること、従業員に従来とは異なる業務を行わせること、就業日の短縮、ジョブローテーション、事業場の一部閉鎖その他事業の特性に応じた実現可能性のある柔軟な調整を行うことが認められています。ただし、これらはあくまで公共の危険が存在する間の一時的なものであるとされており、平時に戻った際には従来の労働条件に戻さなければならないこととされています。なお、このような柔軟な対応を行った際には、雇用主はその内容を管轄のDOLE地方事務所に報告することが求められています。
 
 
 

4.賃金についての別途合意

 
雇用主と被雇用者は、自発的に賃金及び賃金に関連するベネフィットにつき6ヶ月を超えない期間で暫定的な合意をすることが可能です。

上記勧告に加え、DOLEは同日付で勧告第18号を発行し、コロナウィルス対策として必要となる対策(検査、殺菌設備、手指消毒剤、個人防御器具等の提供)にかかる費用は全て雇用主が負担することを命じています。

なお、雇用主としては上記の勧告にあるとおり、なるべく雇用の維持を図るための方策を取ることが推奨されているものの、やむを得ない場合は人員過剰、業績の悪化、事業の停止等を理由とする整理解雇を行うことは可能です。その場合も通常の場合と同様、法律に定められた手続、すなわち、DOLEおよび被解雇者に対する事前の通知を行うとともに、退職金を支払う必要があります。
 
 
 

結論

A.DOLEその他関係省庁より雇用主が行うべき対策が発表されていますので、それに従った対策を行うことが必要となります。法律に従って手続きを経れば、解雇も可能です。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

皆様、はじめまして。 日本で弁護士をしております上村真一郎と申します。 これまでご縁をいただきましてフィリピンの弁護士と一緒にフィリピンの法律業務に携わる機会が...続きを読む

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
コロナウィルス対策として会社が知っておくべき事項はありますか?

その他

SMマーケット、ロビンソン、ルスタンス、ウォルターマート、メトロスーパーマーケット、ランドマーク、ピュアゴールド、ランダーズなど、各スーパーマーケットでお買い求めできます!
今回は「フィリピンの闘鶏に行ってきました。」です。闘鶏とは、鶏の脚に小型の刃物を付けて、雄鶏と雄鶏が戦う競技です。フィリピンでは闘鶏がすごく盛んで、テレビ中継もされているそうです。しかも闘鶏は賭博が認められているのです!
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
2016年10月に三菱商事のシニア開発オフィサーに就任した栗生さん。近年、フィリピンではショッピングモール内に日本コンセプトの商業エリアや日本のコンテンツに対して注目が集まっている。JR東日本で培った沿線再開発のノウハウを糧に、不動産開発を通じて海外と日本をつなげる仕掛け作りに注力する。
焼肉やしゃぶしゃぶが楽しめる和食ビュッフェ店を7月に開業したダイニングイノベーションの西山知義代表取締役会長。焼き肉レストラン牛角など、これまでに様々な業態の店舗を国内外で幅広く展開してきた。「お客様が喜んでくれることがモチベーションにつながる」と語る西山氏は、アジアで多くの人々の胃袋を掴み始めている。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
以前も動画であげたのですが、僕たちHPN3は今フィリピンのテレビ番組「It's Show Time」の中のコーナーでfunny oneというお笑いトーナメントに出場しています。一回戦は無事通過したのですが、準決勝で負けてしまいもう終わりかと思ったのですが、なんと!敗者復活戦があるとの事!
【カビテ】近年フィリピンには新しいゴルフ場が次々に誕生していますが、皆さん、様々なゴルフ場でスキルを磨きながら和気あいあいと活動されています。第1回は「リビエラ会」。安間浩志さんにお話をお聞きしました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel