ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンに不動産を有する場合の遺言作成方法について【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十九回】

フィリピンに不動産を有する場合の遺言作成方法について【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十九回】
広告
広告

『フィリピンに資産がある場合の遺言』


今月の事例

Q.私は日本以外にフィリピンにコンドミニアムを持っていますが、遺言は日本の資産に関するものとは別に準備した方がよいのでしょうか?
 
 
日本人であっても日本国内だけでなく、海外にも資産を有する人が増えており、フィリピンのコンドミニアムを所有する人も増えています。そこで、フィリピンに不動産を有する場合にどのような遺言を作成した方がよいのかについて解説致します。

まず、遺言を作成する場合、フィリピン法と日本法のいずれの方式に従って作成する必要があるのかという問題があります。この点については、フィリピンも日本も遺言をする人が遺言を作成した国、遺言の成立または死亡の時国籍を有した国の法律、遺言の成立または死亡の当時住所を有した国、または不動産に関する遺言についてはその不動産の所在地法のいずれかに適合する場合、遺言の形式については有効であると判断しています。したがって、設問のケースでは日本法またはフィリピン法のいずれの形式によっても遺言を有効に作成することができます。

そこで、ここではフィリピン法に基づく遺言の作成方法について解説致します。フィリピンにおいては、(1)自筆遺言(Holographic will)と(2)公正証書遺言(Notarial will)の2種類の遺言の作成方法があります。自筆遺言の場合、遺言の全体が遺言者の自筆にて書かれ、遺言の日付及び署名がなされることのみが必要であり、その他の条件はありません。他方、公正証書遺言の場合、遺言の内容は自筆ではなく、印字の形で行うことが可能ですが、遺言者の他に、3名の証人が必要であり、遺言書の全てのページに遺言者と証人が署名する必要が あります。そして、末尾に公証人が公証を行うことにより、有効な公正証書遺言が完成します。

次に、実際に相続が発生した場合にどうやって遺言に従った遺産相続を行うかですが、フィリピンにおいては、フィリピン法に基づいてなされた自筆遺言、公正証書遺言のいずれについても裁判所において検認手続を行う必要があります。検認手続を行う裁判所は、遺言者が死亡時に住んでいた地または不動産の場合、不動産の所在地を管轄する地方対審裁判所(Regional Trial Court)となります。遺言の執行者として指名されている者や、遺贈を受けた者を含み、利害関係を有する者が裁判所に対して検認手続を求める申し立てを行うことができます。申し立てを受け付けた裁判所は、検認手続を行う日時を決定し、3週間連続で新聞に公告するほか、申立人以外の遺贈者やフィリピンに在住する法定相続人に対して個別に通知を行う必要があります。

遺言に基づき、不動産の所有権の移転登記を行おうとする場合、相続税を含む必要な税金の支払いが税務当局(BIR)においてなされていることが必要となりますが、実際問題としてBIRは他国の遺言の取り扱いについては慣れていませんので、無用な争いを避けるため、フィリピン国内の不動産についてはフィリピン法に基づく遺言を作成されることをおすすめします。
 
 

結論

A.日本法に基づく遺言によることも可能ですが、手続上のトラブルを防止するため、フィリピン法に基づく遺言を作成する方がよいでしょう。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

現在、フィリピンパートナーと60/40法人で事業を行っていますが、これを完全子会社にしようと思います。どうしたらよいですか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
Q.従業員の親族から従業員が警察に逮捕されたため、出社することができないとの連絡がありました。その後、身柄が釈放されたため、出社するとの連絡が入りました。会社としてはそのような従業員を出勤停止や解雇することはできますか?

その他

オンラインファッションポータルサイトとして、ASEANにて不動の地位を確立しているザローラ。フィリピンアパレル業界に衝撃を与えたデビューから4年が経った今、見据えているビジョンとは一体どんなものでしょうか。今回は、ZALORA PHILIPPINES共同出資者でCEOのPaulo Campos III氏に今後の展望についてお話をうかがいました。
フィリピン最大の商業銀行BDO。名実共にフィリピンNo1となった銀行で、日系企業との取引を最前線で担当するジャパンデスクのマリサ・キョーゲさんにお話をお聞きしました。
名門ゴルフコースの一角を成すサンタエレナ。1stナインから3rdナインまで計27ホールの構成で距離がしっかりとある難コース。コースメンテナンスの状態は非常に良いですし、サンタエレナのゲートからクラブハウス、クラブハウス内の雰囲気も素晴らしいので一度はラウンドしてみたいコースです。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!前回僕は動画でフィリピン人友達にオンラインで日本語を教えたんですが、今回は僕がオンラインで英語を勉強してみました!!
トップからフィニッシュまでは0.2秒。その中でスイングを修正するには膨大な練習量が必要だ。でもグリップなら、誰でも5秒で形を変えることができ、真っすぐ飛ぶ球筋に修正できる!指は敏感なので、グリップを変えると最初は違和感が出るもの。でも慣れのも早いので、50球も打てば自分のスイングに馴染むぞ!
Ryan K. Cruz氏はRamen Yushoken(優勝軒)、Mendokoro Ramenba(麺処ラーメンバー)、Kazunor(i 和徳)というメトロマニラで名高い3つの日本食レストランの経営者だ。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」です!今回は今韓国で流行ってるMukbangというのをやってみました!Mukbangとは簡単に言うと大食いです!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回は田舎に家を探しに行きました!場所はTrece Martirez というカビテの田舎です。
今回僕は英語の勉強に行ってきました! 行った先は以前にもお世話になったb.E.Campさん! マニラから一時間ほどのサンペドロシティにある英語学校です。 今回も学校紹介をしようかと思ったのですが、学校紹介は以前やったので今回は学校近くのラーメン屋さんを紹介します!
私達の食生活において切っても切れない関係の野菜の一つ。それがキャベツなのではないでしょうか。時に千切りで生食用に、時に加熱用で炒め物やスープに、丸々包んでロールキャベツのような楽しみ方もできますよね。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー