ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンに不動産を有する場合の遺言作成方法について【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十九回】

フィリピンに不動産を有する場合の遺言作成方法について【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十九回】

『フィリピンに資産がある場合の遺言』


今月の事例

Q.私は日本以外にフィリピンにコンドミニアムを持っていますが、遺言は日本の資産に関するものとは別に準備した方がよいのでしょうか?
 
 
日本人であっても日本国内だけでなく、海外にも資産を有する人が増えており、フィリピンのコンドミニアムを所有する人も増えています。そこで、フィリピンに不動産を有する場合にどのような遺言を作成した方がよいのかについて解説致します。

まず、遺言を作成する場合、フィリピン法と日本法のいずれの方式に従って作成する必要があるのかという問題があります。この点については、フィリピンも日本も遺言をする人が遺言を作成した国、遺言の成立または死亡の時国籍を有した国の法律、遺言の成立または死亡の当時住所を有した国、または不動産に関する遺言についてはその不動産の所在地法のいずれかに適合する場合、遺言の形式については有効であると判断しています。したがって、設問のケースでは日本法またはフィリピン法のいずれの形式によっても遺言を有効に作成することができます。

そこで、ここではフィリピン法に基づく遺言の作成方法について解説致します。フィリピンにおいては、(1)自筆遺言(Holographic will)と(2)公正証書遺言(Notarial will)の2種類の遺言の作成方法があります。自筆遺言の場合、遺言の全体が遺言者の自筆にて書かれ、遺言の日付及び署名がなされることのみが必要であり、その他の条件はありません。他方、公正証書遺言の場合、遺言の内容は自筆ではなく、印字の形で行うことが可能ですが、遺言者の他に、3名の証人が必要であり、遺言書の全てのページに遺言者と証人が署名する必要が あります。そして、末尾に公証人が公証を行うことにより、有効な公正証書遺言が完成します。

次に、実際に相続が発生した場合にどうやって遺言に従った遺産相続を行うかですが、フィリピンにおいては、フィリピン法に基づいてなされた自筆遺言、公正証書遺言のいずれについても裁判所において検認手続を行う必要があります。検認手続を行う裁判所は、遺言者が死亡時に住んでいた地または不動産の場合、不動産の所在地を管轄する地方対審裁判所(Regional Trial Court)となります。遺言の執行者として指名されている者や、遺贈を受けた者を含み、利害関係を有する者が裁判所に対して検認手続を求める申し立てを行うことができます。申し立てを受け付けた裁判所は、検認手続を行う日時を決定し、3週間連続で新聞に公告するほか、申立人以外の遺贈者やフィリピンに在住する法定相続人に対して個別に通知を行う必要があります。

遺言に基づき、不動産の所有権の移転登記を行おうとする場合、相続税を含む必要な税金の支払いが税務当局(BIR)においてなされていることが必要となりますが、実際問題としてBIRは他国の遺言の取り扱いについては慣れていませんので、無用な争いを避けるため、フィリピン国内の不動産についてはフィリピン法に基づく遺言を作成されることをおすすめします。
 
 

結論

A.日本法に基づく遺言によることも可能ですが、手続上のトラブルを防止するため、フィリピン法に基づく遺言を作成する方がよいでしょう。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

法律あらかると

現在、フィリピンパートナーと60/40法人で事業を行っていますが、これを完全子会社にしようと思います。どうしたらよいですか?
コミュニティ隔離措置の開始時に駐在員を帰国させましたが、フィリピンに戻れる前にAEPと9(g)ビザが失効しました。今後渡比が可能になった場合、どうすればよいでしょうか?
現在駐在員が一時帰国していますが、家族はフィリピンに残っています。駐在員がフィリピンにまだ戻ることができない中、家族のビザの期限が近づいています。家族ビザの更新は可能で しょうか?
税制改革法案が話題になっていますが、フィリピンではどのようにして法律ができるのでしょうか?今回は、フィリピンにおいてどのようにして法律ができるのかを解説しています。
コミュニティ隔離措置により工場が一時操業停止になったことにより、他の工場への異動を求められたところ、出勤しなかった従業員がNLRCに異議を申し立て、当社に通知が届きました。これはどのような手続でしょうか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
Q.従業員の親族から従業員が警察に逮捕されたため、出社することができないとの連絡がありました。その後、身柄が釈放されたため、出社するとの連絡が入りました。会社としてはそのような従業員を出勤停止や解雇することはできますか?

その他

常夏フィリピンではお天気に無頓着だけれど、日本では毎朝天気予報をチェックするという人も多いはず。お天気によって左右される私たちの行動パターンは実は経済に深く関わっています。日頃あまり意識しないお天気と経済の関係を専門的な見地から語ってくれた興梠さん。ヨットマンから気象の世界への転身を経て今後目指す道とは?
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!以前フィリピン友達に日本食を紹介する動画で「梅干し」と「納豆」を紹介しました。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回は僕が最近ハマっているフィリピンのオヤツpenoyを紹介します!Penoyはゆで卵をオレンジ色の衣で揚げたフィリピンの屋台飯です!
入社1年目で経験した飛込み営業で扱っていた事務機器を自分の武器に各国で事業を行ってきた尾澤さん。フィリピンでの販売はB to C系の製品や商業印刷の売上は堅調ですが、事務機器が伸び悩んでいます。自社製品は優れているもののお客様の課題解決に活かしきれておらず、’17年8月に赴任され、現在改善を進めています。
今回は「フィリピン料理を作ろう〜チキンアドボ!」です。以前の動画では日本の料理、魚の煮付けを作ったので、今回はフィリピン料理を作ってみました。フィリピンではすごく食べられている料理で、フィリピンの家庭に絶対と言っていいほど出て来るアドボ。
幼少期から世界各地で生活をしてきたが、フィリピンに惚れ込んで転職までしたという梅林さん。休日は現地調査も兼ねて各地を巡り、現地の人と話しをするのが楽しみという。「フィリピンについてより多くのことを深く知りたいという思いが、日系企業の役に立ち、更にフィリピンの発展につながれば」と語る真摯な姿が印象的だ。
Wack Wack G&CCはマニラゴルフ同様、都心部に位置する名門ゴルフ場。チャンピオンコースでプロトーナメントも開催されるEast Courceと比較的やさしいWest Courceの2コースからなる計36ホールです。36ホール設計のためかマニラゴルフほど都会の箱庭感はないですが、それでも周辺のビル群に囲まれてのプレーは独特の雰囲気で特別感があります。新宿御苑でラウンドしているようなイメージでしょうか。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!前回僕は動画でフィリピン人友達にオンラインで日本語を教えたんですが、今回は僕がオンラインで英語を勉強してみました!!
新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?
中国の会社が日本の新幹線をそっくり真似て良いの?今回から「トレードシークレット」について、複数回に分けてお話したいと思います。みなさん、トレードシークレットって聞いたことありますか? なかなか聞かないワードですよね。しかし、東南アジアの知的財産権問題で日本企業が遭遇する被害の多くはトレードシークレット違反なのです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー