ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  従業員の懲戒処分【フィリピン法律あらかると第八十回】

従業員の懲戒処分【フィリピン法律あらかると第八十回】

『従業員の懲戒処分』


今月の事例

Q.工場で働く従業員が工場から完成品を持ち出して販売していることがわかりました。会社としてはどのような懲戒処分を行うことができますか?
 
 
<Managerial prerogative>
会社の経営者には会社の運営を成功に導くために会社の運営について裁量権を有し、労働者の権利を認める一方で、このような裁量権を経営者側にも認めており、かかる裁量権はManagerial Prerogativeと呼ばれています。この裁量権は雇用主のみに属し、雇用主は、自らの認識と判断に基づき、雇用、業務の割り振り、労働方法、労働時間、場所、業務手順、労働者の管理、転勤の命令、整理解雇、懲戒、解雇などのあらゆる場面において、これを行使することができます。そして、この裁量権は雇用主が事業の発展のために悪意なく、また、労働者の権利を侵害することを目的として行うものでない限り基本的には尊重されます。そのため、善意で行使された裁量権の行使を労働者が争うことはできません。

非行行為を働いた従業員に対して懲戒権を行使することは、会社が規律を守って事業を行うためには当然必要であると考えられることから、上記の雇用主の裁量権の行使の対象と考えられます。具体的な懲戒処分としては、①戒告(口頭で与えられる注意)、②譴責(①よりさらに厳しい注意。始末書を提出させる場合もあります。)、③出勤停止(期間は非行行為の程度により異なり、出勤停止中の給与は支払われない)、④解雇などが定められていることが多いと言えます。このうち、重い懲戒処分である出勤停止や解雇については、これを雇用主が科するにあたっては、懲戒処分を科する正当な理由があるだけでなく、適切な手続を経て科されること、具体的には当人に対して弁明の機会を与え、それでもなお懲戒処分を科する明白な理由があると判断されるときにのみこれを科すことができると考えるべきでしょう。

なお、当然のことながら、どの懲戒処分にすべきかを決定するにあたっては、軽い非行行為に対しては軽い懲戒処分、重い非行行為に対しては重い懲戒処分であることが必要であり、事案に応じて妥当な懲戒処分であることが必要です。懲戒解雇につきましては、労働法上正当な解雇事由(just cause)がある場合に許されるとの明文の規定があります。それ以外の懲戒処分については、法律の明文上規定がありませんが、一般的には、①非行行為の内容、②対象となる従業員の役職(一般的に、重い役職の従業員ほど、重い懲戒処分が許されます)、③会社に与えた損害の程度、④対象となる従業員の過去の行為の有無(過去に懲戒処分を受けたことがある場合はより重い懲戒処分が許されます)等を考慮して、適切な懲戒処分が科される必要があります。

設問の場合ですが、会社の商品を勝手に持ち出して処分することは会社に対する犯罪行為ですので、労働法上も懲戒解雇が可能な場合として挙げられており、適切な手続を経た上で会社が決定すれば懲戒解雇が可能な事案であると思われます。
 
 

結論

A.非行行為を行った従業員に対して雇用主は裁量権を行使して懲戒処分を行うことができます。もっとも、処分を行うに際しては、妥当な手順および妥当な処分内容であることが必要です。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-8892-3011(代表)・02-8892-3020(日本語対応)・0917-851-2987
E-mail: [email protected]


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

フィリピン法律あらかると

フィリピン法律あらかると 一つ前のコラムを見る

フィリピン法律あらかると
今回は、フィリピンの労働組合について解説します。

その他

今回は僕たちが普段お世話になっているフィリピンのテレビ局「abs-cbn」を紹介します。abs-cbnはフィリピンでとても有名なテレビ局です。フィリピンのテレビタレントは各々テレビ局に所属して、そのテレビ局の番組しか出演ができないんです!日本にはない仕組みで、テレビ局専属のタレントになります。
みなさん、こんにちは!フィリピン住みます芸人 HPN3 堀越です。今回はフィリピンの子供の遊びSipa(シーパ)をしてきました。Sipaとはタガログ語で「蹴る」という意味です。どんな遊びかというと、テープで作った羽がついた平べったい鉛をリフティングして競う遊びです
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です。今回は「久しぶりにフィリピン料理を作りました!」です!前にもフィリピン料理のアドボを作ったり、井上がブラロなどを作っています。今回はカレカレを作りました!
市販の料理に、材料を足すだけで美味しいアレンジ料理ができちゃう話題の「ちょい足し」料理。今回はちょい足しのエキスパートである「しげじい」さん直伝のレシピをご紹介します!インスタント食品でもコンビニ食でもできちゃう簡単絶品レシピをぜひ活用してみてください。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!フィリピンにはTambayと呼ばれる仕事をしてない方々がたくさんいます。日本でいうニートみたいな感じかもしれません。ただニートというと少し暗いイメージですがタンバイは明るいです!
パイロットになりたい!そんな子供の頃の夢をフィリピンで実現できるかもしれません。自らもパイロットとしてのキャリアを持つ佐藤さん。病気のためメディカルライセンスを失った後も地上職として飛行機の仕事に関わり続けました。これまでの仕事の集大成と語るAAAでは飛行機免許取得のサポートを。自身もセスナの免許取得を目指します!
社用車で客先に商品を搬送中の弊社のドライバーが人身事故を起こして逮捕されてしまいました。どうしたらいいですか?
クライアント企業のマーケティングを含めたWebサイト構築やアプリ開発と自社 サービス提供を行っています。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」田中です。今回は「富士の樹海、青木ヶ原樹海に行きました」です!6月に僕たちハポンスリーは上野公園で行われたフィリピンEXPO2019に参加するために日本に一時帰国してました。なので、フィリピンの人たちに日本の名所を紹介しようと思い富士山か樹海で悩んだ結果樹海になりました!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「カルビーハニーバターて卵焼き」てす!2019年にハニーバターのCMに出演さしていただいて、少し知名度があがり、今でもFacebookにカルビーのcmが流れていたりて絶賛売り出し中のチップス!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you