ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  従業員の懲戒処分【フィリピン法律あらかると第八十回】

従業員の懲戒処分【フィリピン法律あらかると第八十回】

『従業員の懲戒処分』


今月の事例

Q.工場で働く従業員が工場から完成品を持ち出して販売していることがわかりました。会社としてはどのような懲戒処分を行うことができますか?
 
 
<Managerial prerogative>
会社の経営者には会社の運営を成功に導くために会社の運営について裁量権を有し、労働者の権利を認める一方で、このような裁量権を経営者側にも認めており、かかる裁量権はManagerial Prerogativeと呼ばれています。この裁量権は雇用主のみに属し、雇用主は、自らの認識と判断に基づき、雇用、業務の割り振り、労働方法、労働時間、場所、業務手順、労働者の管理、転勤の命令、整理解雇、懲戒、解雇などのあらゆる場面において、これを行使することができます。そして、この裁量権は雇用主が事業の発展のために悪意なく、また、労働者の権利を侵害することを目的として行うものでない限り基本的には尊重されます。そのため、善意で行使された裁量権の行使を労働者が争うことはできません。

非行行為を働いた従業員に対して懲戒権を行使することは、会社が規律を守って事業を行うためには当然必要であると考えられることから、上記の雇用主の裁量権の行使の対象と考えられます。具体的な懲戒処分としては、①戒告(口頭で与えられる注意)、②譴責(①よりさらに厳しい注意。始末書を提出させる場合もあります。)、③出勤停止(期間は非行行為の程度により異なり、出勤停止中の給与は支払われない)、④解雇などが定められていることが多いと言えます。このうち、重い懲戒処分である出勤停止や解雇については、これを雇用主が科するにあたっては、懲戒処分を科する正当な理由があるだけでなく、適切な手続を経て科されること、具体的には当人に対して弁明の機会を与え、それでもなお懲戒処分を科する明白な理由があると判断されるときにのみこれを科すことができると考えるべきでしょう。

なお、当然のことながら、どの懲戒処分にすべきかを決定するにあたっては、軽い非行行為に対しては軽い懲戒処分、重い非行行為に対しては重い懲戒処分であることが必要であり、事案に応じて妥当な懲戒処分であることが必要です。懲戒解雇につきましては、労働法上正当な解雇事由(just cause)がある場合に許されるとの明文の規定があります。それ以外の懲戒処分については、法律の明文上規定がありませんが、一般的には、①非行行為の内容、②対象となる従業員の役職(一般的に、重い役職の従業員ほど、重い懲戒処分が許されます)、③会社に与えた損害の程度、④対象となる従業員の過去の行為の有無(過去に懲戒処分を受けたことがある場合はより重い懲戒処分が許されます)等を考慮して、適切な懲戒処分が科される必要があります。

設問の場合ですが、会社の商品を勝手に持ち出して処分することは会社に対する犯罪行為ですので、労働法上も懲戒解雇が可能な場合として挙げられており、適切な手続を経た上で会社が決定すれば懲戒解雇が可能な事案であると思われます。
 
 

結論

A.非行行為を行った従業員に対して雇用主は裁量権を行使して懲戒処分を行うことができます。もっとも、処分を行うに際しては、妥当な手順および妥当な処分内容であることが必要です。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-8892-3011(代表)・02-8892-3020(日本語対応)・0917-851-2987
E-mail: [email protected]


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

法律あらかると

今回は、会社のための名義株の保有について解説します。

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
今回は、フィリピンの労働組合について解説します。

その他

野村総合研究所(NRI)では、DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを通じて社会や企業が「変化が激しい時代の未来を切り開く」支援をしています。今回は、NRI が考えるDX の定義とDX に関する具体的な活動についてご紹介します。
今回の食材 ●DILIS (ローカル煮干し)
乾物でお手軽おつまみ DILISの佃煮風
フィリピン住みます芸人の堀越です。 今回僕はたまたまマニラに遊びに来ていたベトナム住みます芸人ダブルウィッシュ井手と一緒にプエルトガレラに行ってきました!
1万7千人のメンバーが参加するフェイスブックグループ「PinoyGolfer」の創設者、Mike Besaさんにフィリピンゴルフ場の特徴、楽しみ方、おすすめのゴ...続きを読む
真のグローバル化を掲げ、キャラクター、エンターテイメントビジネスで世界のリーディングカンパニーを目指す。バンダイフィリピンの社長、石井敦樹さんにお話をお聞きしました。
フィリピンの危機的状況にいる子どもたちの支援をしているNPO法人ICANマニラ事務所でスタディツアー、研修事業、国際理解教育、資金調達を担当しています。スタディツアー、研修においては、日本からフィリピンの現状について学びたい人を募集し、ICANが実際に活動している事業地に案内します。
前回はゴルフクラブを手に入れよう、という話をさせて頂きましたが、少しだけ前回の続きを。ゴルフクラブに入れる14本のクラブのうち、マイクラブとして最初に手に入れたいのはやはりドライバー(1番ウッド)ではないでしょうか。ホールごとの1打目であるティーショットで一番多く使うクラブはドライバー。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回は田舎に家を探しに行きました!場所はTrece Martirez というカビテの田舎です。
フィリピンの法律の専門知識を解説する「フィリピン法律あらかると」のコーナー。今回はフィリピンでの刑事告訴について、当て逃げ事件をベースにご紹介します。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!日本とフィリピンの市場は色々違います。油がプラスチック袋に小分けされて売ってたり、ココナッツの中身を削って売ったり、その場でココナッツミルクを絞ったり。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you