ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 バナナハート

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 バナナハート
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 バナナハート


フィリピン食材
まめ知識



スーパーや市場に行くと、これははどんな味がするのだろう?どんな料理に使われるのだろう?というような食材に出会うことが良くありす。今回のバナナハートもそのうちの一つ。赤いタケノコのような、大きなつぼみのような。なんとも不思議な形をしたこちらの食材は、バナナの成熟する前の部分。これが成長していくと皮がめくれ始め、中からバナナの実が次々と現われてきます。(写真の黄色い部分がバナナになります)バナナハートの段階では甘味が無いので、フィリピンでは野菜として料理に用いられているようです。フィリピンの一般家庭ではサっとボイルして和え物にしたり、肉や魚と一緒にココナツミルクで煮込んだり。クセが無く、食感もあるので色々な料理に使えそうです。今回はそんなバナナハートを使っておかずの定番「豚の生姜焼き」にチャレンジしてみました。生姜を二段階に分けて入れることで生姜の香りを強調しています。今日も暑いですが、頑張って行きましょう!

 

 


満腹メニューでご飯がすすむ!

厚切り豚肉とバナナハートの生姜焼き
Buta Shoga Yaki with Banana Heart. (Sautéed Ginger Pork with Banana Heart)

●材料

厚切り豚ロース肉.................................................................100g
塩コショウ.............................................................少々
片栗粉.................................................................大さじ1
刻みにんにく..................................................................5g
おろし生姜.................................................................5g+5g
玉ねぎ.............................................................50g
バナナハート.................................................................50g
刻みねぎ..................................................................10g(盛り付け用)
醤油.............................................................大さじ2
みりん................................................................大さじ1
ゴマ油..................................................................大さじ1



●調理ポイント

今回の豚生姜焼きは、いつもの薄切りの豚肉ではなく、厚切りの肉を使用して作って見ました。ポイントは肉の下準備。肉に塩コショウ、そして片栗粉を薄くまぶしておきます。そうすることで味が絡みやすくなり、短時間の調理でも美味しく仕上げることができます。バナナハートは剥いていくとタケノコのような白い皮が出てくるので、その部分のみを使用します。中の実(バナナになる部分)は渋みがあるので、取り除いた方が良いでしょう。(フィリピン人はこの部分も一緒に調理するようです)

 

● 手順(調理時間約15分)

バナナハートは皮を剥き、中心部のみを使用。細切りにする。

 食べやすい大きさにカットした豚肉に塩コショウ、片栗粉をまぶす。

フライパンに油をしき、ニンニクと生姜5gを入れ火をつける。

香りがでてきたら、豚肉を入れ、炒める。

豚肉に火が通ってきたら、細切りにしたバナナハート、玉ねぎを投入。

みりん、醤油を入れ、強火で手早く炒める。

ごま油、生姜5gを入れ、軽く炒める。

お皿に盛り付け、刻み葱を添えるて完成。

 

 

●INGREDIENTS (Buta Shoga Yaki with Banana Heart. (Sautéed Ginger Pork with Banana Heart)/Cooking time: 15min)

Pork chop.................................................................100g
Salt & pepper....................................................................... 1pinch
Corn starch ..................................................................1tbsp
Chopped garlic .........................................................................5g
Grated ginger.........................................................................5g+5g
Onion ..................................................................................50g
Banana heart .........................................................................50g
Onion leaks.........................................................................10g(for toppings)
Kikkoman ..................................................................2tbsp
Mirin .........................................................................1tbsp
Sesame oil.........................................................................1tbsp
● STEPS

Prepare the Banana heart (remove the skin and separate the yellow-tipped florets). Slice thinly.

Slice the pork into bite size. Add salt, pepper and corn starch.

Heat the cooking oil in a pan then sauté the garlic and chopped onion (5g).

After extracting the flavor from garlic and onion, add the pork and Mix well until tender

Add the banana heart and saute again.

Add Kikkoman and Mirin.

Add the sesame oil and ginger (5g).

Decorate the plate with chopped onion leaks as toppings.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

今回は定番のアスパラベーコン串のご紹介です。日本のアスパラよりも細いので、写真のように何本かを束ねて巻いて串に刺してみましょう。一本を巻いたときとはまた違った食感が楽しめます。アスパラは沸騰したお湯でサっと下茹でをしますが、茹でたあとは水につけないでください。
人気の缶詰シリーズ!今回はフィリピンで売られているサバの缶詰Mackerel Canの紹介です。 イワシやツナなど、フィリピンのスーパーでは様々な魚介系の缶詰が売られていますが、サバもその一つ。 フィリピンの一般家庭では野菜と一緒に炒めたり、ご飯と一緒にそのまま食べたり。
大根はアブラナ科ダイコン属の1年草で、昔から私たち日本人になじみのある野菜の一つです。肌寒い日に食べるおでん、味の染みた大根の煮物、家庭料理には欠かせません。そんな大根ですが、フィリピンでもスーパーなどでよく売られています。
魚コーナーを覗いてはみるものの、見慣れない魚ばかり。結局いつもの食材をカゴの中に入れてしまう方、いらっしゃいませんか?今回紹介する魚Tulinganもその一つかもしれません。実はこの魚、私たち日本でとても親しみのある魚、鮪の幼魚だそうです。
私達の食生活において切っても切れない関係の野菜の一つ。それがキャベツなのではないでしょうか。時に千切りで生食用に、時に加熱用で炒め物やスープに、丸々包んでロールキャベツのような楽しみ方もできますよね。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
海外にいると、ふと和菓子が食べたくなったりすること、ありませんか?甘党の筆者はそんなとき日本食材店を物色しに行ったりするのですが、少しだけ手間をかければ簡単に和菓子の基本でであるあんこを作ることができます。今回ご紹介するのはフィリピンでMongoと呼ばれている小豆。スーパーの乾物コーナーでは様々な豆が売られており、安いところでは1パック数10ペソで購入することができます。

その他

知的財産問題は、大企業だけが巻き込まれる特殊な問題だと思っていませんか? 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか? 本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
焼肉やしゃぶしゃぶが楽しめる和食ビュッフェ店を7月に開業したダイニングイノベーションの西山知義代表取締役会長。焼き肉レストラン牛角など、これまでに様々な業態の店舗を国内外で幅広く展開してきた。「お客様が喜んでくれることがモチベーションにつながる」と語る西山氏は、アジアで多くの人々の胃袋を掴み始めている。
今回は「フィリピンでムエタイを紹介します」です! フィリピンと言えばやっぱりパッキャオ!ボクシングですよね! フィリピンにはそこら中にジムがあってとても盛んなスポーツです! しかし、なぜ今回ボクシングではなくムエタイを紹介するのか?
人々の「ライフ」に関わる服を提供し、フィリピンのすべての方々にユニクロの魅力を伝えたい。そんな想いを持つ、FAST RETAILING PHILIPPINES, INC.のCOO久保田さんにお話を伺いました。
日本向けにフィリピン人の人材を派遣するための人材紹介業を行いたいと考えていますが、可能ですか?
ここだけのはなしは、いけませんよ!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。トレードシークレットとは、たとえば、会社の従業員が利益を得るために、いま働いている会社の新製品の設計情報をこっそり漏らしてしまうことなど、転職が多く現地人同士の情報交換が頻繁な東南アジアでは良く起こっています。
かつて、フィリピン航空機内食の総料理長を務めていたBergerさん。ヨーロッパ出身の友人らが、故郷の食べ物を懐かしむのを見てヒントを得た。「肉を輸入して、ここマニラでソーセージを作ろう!」それから30年。彼の経営するデリカテッセン、サンティスは、国内で一番と評価されている。
人気シリーズの,缶詰でチャチャっと一品シリーズ!今回はフィリピン人の大好物Corned Beef (コンビーフ)を使ったレシピのご紹介です。フィリピンの食文化に欠かせないコンビーフは、スーパーに限らずコンビニや道端の小さなストアでも売られている程、ポピュラーな食材の一つです。
今回の食材 ●ローカル豆腐(TOKWA)
揚げ豆腐の油林鶏ソースがけ
飛ばすより曲がらないスイング「ジャンプ」と「90度キープ」が超精度を生む!タメすぎても、ほどけてもダメ。トップの手首90度キープで球がまったくブレナイ。アドレス以外で球が曲がらないポイントは手首にある。切り返しで左手首の90度をキープしながらダウンスイングに移行するのがコツだ。ほどけやすい人はフックボールを練習しよう。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel