ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】世界銀行、今年の比成長率予想マイナス6.9%に

【フィリピン経済ニュース】世界銀行、今年の比成長率予想マイナス6.9%に

2020年9月30日

広告
広告
世界銀行は、9月28日、「東アジア・大洋州地域半期経済報告書」最新号(2020年10月版、副題:封じ込めから復興へ)を発行した。


世界銀行はその報告書において、「東アジア・大洋州地域の途上国は、新型コロナウイルス感染症の拡大、その封じ込め策による経済への影響、そして危機が引き起こした世界的不況の余波の『三重のショック』を受けている。感染症の世界的流行が今後何年にもわたって成長を阻害し、貧困を拡大することを防ぐためには迅速な行動が必要である」と概括している。


そして、「現在、ウイルスの封じ込めに成功している一部の国では、国内の経済活動が回復に向かいつつある。しかし、この地域の経済は世界の他の地域に大きく依存しており、世界規模で見ると、需要は依然として低迷している。このため、東アジア・大洋州地域の2020年の経済成長率は、1967年以来最低の0.9%まで落ち込むであろう。中国では、国内消費は低迷しているものの、歳出の拡大や好調な輸出、3月以降の新規感染率の低下等が功を奏し、2020年の経済成長率は2.0%となる見込みだが、その他の域内諸国の経済成長率は3.5%低下する見通し」と予想している。


この状況は2021年には改善すると見られており、ワクチンの登場と主要国における経済活動の回復と正常化の進展を前提として、経済成長率は中国で7.9%、中国以外では5.1%に上昇する見込みである。しかし、向こう2年間、感染症の流行以前の予測を大きく下回ると予想されている。特に、危機の影響を受けやすい大洋州島嶼国の見通しは暗く、2021年までは危機以前の水準を約10%下回ると見られている。


フィリピンの2020年GDP成長率予想は、ベースラインでマイナス6.9%と予想されている。今年6月時点の予想であるマイナス1.9%から大幅再下方修正されている。このベースライン予想は、2020年第3四半期から新型コロナウイルス感染拡大の影響が弱まり経済が回復に向かうという想定に基づいている。ASEAN諸国のなかでは、タイのマイナス8.3%に次ぐ下落率である。


新型コロナウイルス感染拡大ピッチがさらに高まり、地域封鎖措置などが長引くという低成長シナリオでは、フィリピンは2020年にマイナス9.9%へ悪化すると予想されている。この低成長シナリオでも、フィリピンは、タイのマイナス10.4%に次ぐ下落率となっている。


2021年のフィリピン成長率は、ベースラインで5.3%と予想されており、6月時点の6.2%から再下方修正されているが、ベトナムの6.8%、マレーシアの6.3%、ミャンマーの5.9%に次ぐ成長率と見られている。ただし、低成長シナリオでは2.9%成長にとどまると予想されている。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン中央銀行(BSP)は9月25日、2020年第2四半期(4月~6月)の住宅不動産価格指数(RREPI)を発表した。
フィリピン中央銀行(BSP)の調査によると、2020年第3四半期(7月~9月)の全国消費者信頼感指数(CI)は-54.5%で、2007年に調査開始して以来、過去最低となった。
第8回フィリピン電動車(EV)サミットが、9月24日~26日に開催される。今回は、新型コロナウイルス感染拡大への対応のため、バーチャルイベントとなる。フィリピン電動車協会(EVAP)主導で開催される。
フィリピン証券取引所(PSE)上場のIT企業ナウ・コーポレーション(ナウ)は、9月21日、PSE回覧06602号において、「関連会社であるナウ・テレコムが、国家通信委員会(NTC)から、通信事業参入を暫定承認(PA)された」と発表した。
アジア開発銀行(ADB)は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、第53回(2020年)年次総会の第2ステージを9月17日~18日にバーチャルイベントとして開催した。
マンダム(本社:大阪市)は、9月16日、「ヤング男性向けコスメブランド『ギャツビー』は、withコロナの時代に、海外を舞台に挑戦する若きスポーツ選手と共に、アジアの人々に勇気や活力を届けたいという想いを込めて、新プロジェクト『GATSBY GLOBAL CHALLENGERS(ギャツビー グローバル チャレンジャーズ 以下、GGLC)』を始動させる」と発表した。
アジア開発銀行(ADB)は、第53回(2020年)年次総会の第2ステージを9月17日~18日にバーチャルイベントとして開催する。
新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う地域隔離措置で多くの企業の業績が落ち込む中で、巣籠り需要拡大を背景に、大手食品企業の業績が堅調に推移している。
ユニクロ・フィリピンは、9月中旬にフィリピン全店とオンラインショップにおいて、エアリズムマスクを販売すると発表した。
フィリピン統計庁(PSA)が9月3日に発表した2020年7月の労働力調査(LFS)によると、失業率は10.0%(速報値)、失業者数は457万1千人で前年同月の243万7千人から87.6%増加した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー