ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】6月末の対フィリピンODA、日本のシェア38.5%で首位続く

【フィリピン経済ニュース】6月末の対フィリピンODA、日本のシェア38.5%で首位続く

2020年9月29日

広告
広告
9月29日付けビジネスワールド紙によると国家経済開発庁(NEDA)が、「ODA動向報告書」2020年上半期版を公表した。


それによると、2020年上半期末(6月末)の対フィリピンODAポートフォリオ(設定枠残高)は261億9,300万米ドル。そのうち融資が245億5,200万米ドルで全体の94%、贈与が16億4,100万米ドルで全体の6%を占めている。


6月末の対フィリピンODAポートフォリオの国・機関別内訳は、1位が日本の100億8,200万米ドル(シェア38.49%)であった。そのうち、融資が100億3,000万米ドル、贈与が5,191万米ドルであった。2位がアジア開発銀行(ADB)の70億6,400万米ドル(シェア26.97%)、3位が世界銀行の49億5,100万米ドル(シェア18.90%)と続く。この3機関で総ポートフォリオの約84%に達する。


4位はアジアインフラ投資銀行(AIIB)の9億5,760万ドル(シェア3.66%)であった。上位3機関とは依然大きな差があるが、3月末の9位から急上昇したことが注目される。5位は韓国の6億3,100万米ドル(シェア2.40%)、6位が中国の5億9,000万米ドル(シェア2.25%)、7位が米国の5億7,800万米ドル(シェア2.21%)であった。


なお、2019年ODA動向報告書によると、2019年末の対フィリピンODAポートフォリオは216億2,000万米ドル。そのうち融資が199億8,000万米ドル(84件)で全体の92%、贈与が19億4,000万米ドル(268件)で全体の8%を占めている。


国・機関別内訳では、1位が日本の85億1,000万米ドル(シェア39%、41件)、2位がADBの57億米ドル(シェア26%、44件)、3位が世界銀行の43億1,000万米ドル(シェア20%、25件)と続く。この3機関で総ポートフォリオの約85%に達する。日本は、対フィリピンODA首位の座を長く維持している。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン中央銀行(BSP)の調査によると、2020年第3四半期(7月~9月)の全国消費者信頼感指数(CI)は-54.5%で、2007年に調査開始して以来、過去最低となった。
第8回フィリピン電動車(EV)サミットが、9月24日~26日に開催される。今回は、新型コロナウイルス感染拡大への対応のため、バーチャルイベントとなる。フィリピン電動車協会(EVAP)主導で開催される。
フィリピン証券取引所(PSE)上場のIT企業ナウ・コーポレーション(ナウ)は、9月21日、PSE回覧06602号において、「関連会社であるナウ・テレコムが、国家通信委員会(NTC)から、通信事業参入を暫定承認(PA)された」と発表した。
アジア開発銀行(ADB)は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、第53回(2020年)年次総会の第2ステージを9月17日~18日にバーチャルイベントとして開催した。
マンダム(本社:大阪市)は、9月16日、「ヤング男性向けコスメブランド『ギャツビー』は、withコロナの時代に、海外を舞台に挑戦する若きスポーツ選手と共に、アジアの人々に勇気や活力を届けたいという想いを込めて、新プロジェクト『GATSBY GLOBAL CHALLENGERS(ギャツビー グローバル チャレンジャーズ 以下、GGLC)』を始動させる」と発表した。
アジア開発銀行(ADB)は、第53回(2020年)年次総会の第2ステージを9月17日~18日にバーチャルイベントとして開催する。
新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う地域隔離措置で多くの企業の業績が落ち込む中で、巣籠り需要拡大を背景に、大手食品企業の業績が堅調に推移している。
ユニクロ・フィリピンは、9月中旬にフィリピン全店とオンラインショップにおいて、エアリズムマスクを販売すると発表した。
フィリピン統計庁(PSA)が9月3日に発表した2020年7月の労働力調査(LFS)によると、失業率は10.0%(速報値)、失業者数は457万1千人で前年同月の243万7千人から87.6%増加した。
フィリピン政府通信社によると、フィリピンにおいて、日本の抗インフルエンザ薬アビガンの臨床試験は、倫理審査の遅れにより、まだ始まっていない。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー