ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】オンライン英会話レアジョブ、比人6千名以上を雇用

【フィリピン経済ニュース】オンライン英会話レアジョブ、比人6千名以上を雇用

2020年11月24日

広告

【PR】Super Flex Logistic Inc. - フィリピン梱包 ・紙パレット・ 段ボール設計・集合梱包

繊細な精密機器の梱包、運搬のための、緩衝材と組み合わせたパッケージまで、幅広い梱包資材を製造販売。梱包材のダウンサイジング化、省資源化、積載効率のUP、トータル梱包材物流コストの効・・・

英語関連事業を運営するレアジョブ(本社:東京都渋谷区)は、11月20日、同社株式の上場市場が東京証券取引所マザーズ市場から、東京証券取引所市場第一部へ市場変更されたと発表した。


その発表によると、レアジョブの主力の英語関連事業であるオンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」は、日本の英語教育市場に対してフィリピン人講師がレッスンを提供するという両輪によって成り立つビジネスモデルである。レアジョブは、フィリピンに子会社4社を抱え、フィリピン人6,000人以上に対して講師やスタッフとして働き、活躍する機会を提供している。講師に対しては、雇用形態を問わず採用からトレーニング、評価制度の導入に至るまで現地子会社が主体的な運営を行い、仕事を生み出すという点で地域経済の活性化に貢献してきた。同時に、レッスン提供を通じてサービスの質向上にもつなげている。


日本においては、英語教育やグローバル人材育成の加速を、フィリピンにおいては、仕事の提供によって経済成長や女性活躍に寄与するなど、SDGsの達成に向けても日本・フィリピンの両国において貢献している。上場企業としての高い成長性と、社会貢献の両立を図る企業経営を通して、今後もさらなる企業価値向上に努めて行く方針である。


なお、レアジョブの設立は2007年10月18日、同年11月から無料のインターネット通話ソフト=スカイプ(Skype)を使用したマンツーマンの安価な英会話レッスンを提供している。サービス開始から約6年半後の2014年6月27日に東京証券取引所マザーズ市場上場に至った。2015年には学校向けサービス提供開始、三井物産と資本業務提携した。そして、2019年12月16日付で、一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)へ入会した。2019年末で70万人以上の個人ユーザー、2,200社以上の法人企業、230校以上の教育機関など多くの顧客へサービスを提供、国内トップのオンライン英会話サービスへと成長している。


レアジョブは英語を公用語とするフィリピン人講師を採用し、利用しやすい価格で学習効果の高い英会話レッスン提供などを目指してきている。日本人と同じく英語に第二言語として取り組み、身に着けた経験を持つからこそ、日本人の学習者にとってネイティブスピーカーではなりえない最適な学習パートナーとなる。また、フィリピン人のフレンドリーで親切な国民性はオンラインのマンツーマン・レッスンに非常に適している。レアジョブは、フィリピン全土のレアジョブ英会話ネットワークから採用している。

 
広告

【PR】TOYOTA SANTAROSA トヨタサンタローサ - トヨタ、新車、中古車、買取、修理、サービス、日本語対応、下取り

2017年にオープンしたばかりの、従業員230名、マニラから南に車で30分、アラバンから15分の、サンタローサに位置する新しい元気いっぱいのトヨタディーラーです。SLEX Sta ・・・

その他の記事

IKEAフィリピン第1号店が2021年第2四半期にオープンする。当初予定の2020年よりは遅くなったが、現在開店準備を進めている。この第1号店スタッフとして496人を採用する。
大手商業銀行であるメトロポリタンバンク&トラスト(メトロバンク)グループの持株会社GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)がトヨタ車事業を強化してきている。
比セブン-イレブンの営業基盤、競争力は強固であるが、2020年は新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う地域隔離措置の影響を被っている。地域隔離措置のもとでもコンビニエンスストアは常に営業継続を要請されているが、来店客数の減少に加え、移動制限により、従業員の出勤に支障が生じ臨時休業に追い込まれた店舗もある。
フィリピンの格安航空(LCC)最大手であるセブ航空(CEB、ブランド名:セブ・パシフィック航空)は11月11日、2020年第3四半期(7月~9月)及び年初9カ月間の運航実績、並びに事業報告書を公表した。
2020年11月10日の株式市場は7営業日連続での上昇となった。PSE株価指数は前営業日比349.63ポイント、率にして5.22%急騰、7,035.48ポイントで引けた。
ファーストフード・チェーン最大手のジョリビー・フーズ(JFC)は11月9日、PSE回覧07833-2020号にて、2020年第3四半期(7月~9月)及び年初9カ月間の決算速報を開示した。
フィリピン統計庁(PSA)によると、11月10日(火)午前10時より、Zoomビデオ会議を通じて、2020年第3四半期(7月~9月)の国内総生産(GDP)など国民勘定統計が発表される。カール・ケンドリック・チュア国家経済開発庁(NEDA)長官代行とデニス・マパ国家統計官・市民登録局長が発表、解説する。
フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル(SMC)が、11月5日、2020年第3四半期(7月~9月)と9カ月間(1月~9月)の決算速報を発表した。
フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年10月末終値は6,324.00ポイントとなり、前月末と比べて7.84%上昇、月間ベースで4カ月ぶりに上昇、月末終値ベースでの6,000ポイント台を回復した。
10月29日午前3時(日本時間、以下同様)、フィリピンの東で台風19号(国際名:コーニー)が発生した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー