ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  【フィットネスコラム 第8回】カロリー制限はしない方がいい?!

【フィットネスコラム 第8回】カロリー制限はしない方がいい?!

執筆者:ポギ金子

 

フィリピンで3年間パーソナルトレーナーをつとめてきたラガーマン。フィリピン在住者に、ダイエットやフィットネス、マッスルトレーニングなどを指導していく中で自身が得た知見を本号から本誌にて連載。

 

Instagram:pogi_kaneko

LINE:2204s

 

Get Healthy!Be Healthy!Be Beautifully!In the Philippines

 

満足感をどう得るか?が鍵

 

マニラの皆様いかがお過ごしでしょうか︖日本の3月ってこんなに寒かったっけ︖と春の訪れを今か今かと待ち望んでいるポギ金子です。マニラにいるときは少し恋しかった冬の寒さも、実際日本の冬での生活に身を投じると辛いのなんの。マニラでのタンクトップ生活が恋しいです。

さて、私事で恐縮ですがマニラから日本に帰国しはや5ヶ月が経とうとしています。日本のおいしい食事を楽しみつつ、ダイエットも気持ちを切らさずにやっています。一回、蒙古タンメン(コンビニに置いてる辛いラーメン)に切らされそうになりましたが耐えました(笑)。
日本でのダイエットはマニラと比べて良い点と悪い点があります。良い点はよく歩くことです。どこへ行くにもグラブタクシーって訳にもいかないので自然と日々の活動量が増えます。悪い点は、太る食べ物が安易に手に入ること。そうです、コンビニです。
ダイエット中、仕事で疲れていたり、嫌なことがあったりすると、食欲の悪魔は心の隙間を見つけて、コンビニへ行くように促してきます。結果、夜中酔っ払いサラリーマンに混じりお菓子とアイスを抱えてレジに並ぶ、なんてことも稀ではないです。品揃え豊富なお菓子やアイス、レジへ向かう道中に経由する美味しそうなパン達。そして、待っていましたと言わんばかりにレジの横で、笑うセールスマン(最近ハマってる)ばりに不適な笑みを浮かべる熱々の揚げ物達。まさにホスピが足りすぎている訳です。

そこで今回の本題ですが、こういったキレ食い行為を防ぐために、『カロリー制限はしない方がいい』と思うのです。まず、なぜ心の隙間ができた時に食欲で埋めようとするのか︖それは食欲に飢えているから。原因は、日々の食事でカロリー計算によって上限を定められるストレスや過度な摂生。結果、気持ちの糸が切れたときに上限無くたらふく食べてやろうという気持ちになります。

そして何より怖いのが、飢えた心に大量の普段食べないようなジャンクフードを食べることが快感となり繰り返してしまうこと。コレ、ダイエットされたことない方は分からないかもしれませんが、ホントにダイエットあるあるなんです。このような症状を防げる方法は1つだけ。『毎日の自分を満足させること』。もし、上記のようなことが自分にも当てはまる方は、摂生しすぎなので、カロリー計算をやめて、食事のルールをグッと緩めてみてください。

1日に1回は揚げ物も食べていいし、寝る前アイスもオッケー。でもルールが1つだけあります。たらふく食べないこと。1食の量を守れば太りません。ましや、キレ喰いして上限なく食べ続けるよりかはよっぽどマシです。ボク自身も偉そうなこと言っていますが、キレ喰い経験は何度もあり、それに悩まされてきました。スイッチが入ると摂生しすぎるクセがあり、その反動でキレ食い。人間、精神でコントロール出来る範囲なんて知れているのだと思いましたね。所詮本能には勝てません。なので、本能が飢える前に、心に水をやる感覚で毎日自分を満足させてあげてください。それが健康的なダイエットライフを送る鍵です。

広告

フィットネス

フィットネス 一つ前のコラムを見る

フィットネス
今回は太らない飲み方について解説していきます。

その他

フィリピン最大オンラインショップLAZADA Philippines(ラザダ・フィリピン/以下、ラザダという。)のCEO兼共同創設者 Inanc Balci(イナック・バルチ)さん。イナック・バルチさんはトルコのイスタンブール生まれ。
さっぱりシャキシャキ♫暑い日が続き、食欲も減退してきてはいませんか?  今回はそんな日にぴったりの、栄養たっぷりグリーンパパイヤ使ったさっぱり食べられるレシピをご紹介します!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「グラブフードとフードパンダどっちが早い?」です!ロックダウンで封鎖が始まりはや一か月、、、
飛ばすより曲がらないスイング「ジャンプ」と「90度キープ」が超精度を生む!タメすぎても、ほどけてもダメ。トップの手首90度キープで球がまったくブレナイ。アドレス以外で球が曲がらないポイントは手首にある。切り返しで左手首の90度をキープしながらダウンスイングに移行するのがコツだ。ほどけやすい人はフックボールを練習しよう。
フィリピン国内で急成長している企業・QuadX Inc.は、国際間のデジタルロジスティクスとeコマースにおける支払いシステムに特化したスタートアップ企業だが、Dino Aranetaさんは、その創業者だ。
今回の「簡単!ウマい!今晩のおかず」では、フィリピンの夏野菜たっぷりの和風ドライカレーレシピをご紹介します♪
今回は「アーチェリーに挑戦!」です。 フィリピンで出来るスポーツといえば、ゴルフやダイビングだと思いますが、もっと手軽に出来て楽しいスポーツかありました! それはアーチェリーです!!
特許侵害事件で賠償金90億円って本当なの? 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか? 本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
フィリピンに数あるゴルア場の中でも名門中の名門が Manila Golf。歴史をひも解くと1901年に力口ーカン に開場。後1949年に現在のマカティ市に場所を移して います。都心部の中心に位置しコース脇に高層ビルが 立ち並んでいますが都会の喧騒とは無緑でコース内 はとても静かで落ち着いた空問となっています。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you