ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第4回】

知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第4回】
広告
広告

第4回

「死蔵特許」と「有効特許」って何ですか?

 

皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご 覧になりましたか?TBS系列で放映されていたド ラマで、2015年の民放ドラマでは最高視聴率を記録 しました。本コラムでは、このドラマのシーンを織 り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起 こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。

 

下町ロケットの第一話で、融資の相談の際、白水銀行の柳井課長から「御社の特許はガラクタ特許ばかりだ!」と言われた佃製作所の社長が憤慨するシーンがあります。本当の銀行員がそんな失礼なことを言うかどうかはわかりませんが、融資の際には当然、その会社が保有している知的財産権の評価が行われています。最近では、銀行内に知的財産権に関わる部門を持つ日本の銀行もあります。欧米の銀行の場合は、外部の法律事務所と提携することで、融資先の企業が保有している知的財産権の価値評価を行っています。今や知的財産権は、銀行にとって融資先の企業の将来性を計るデータの一つになりつつあるということです。

 

例えば、融資先の企業が10件の特許権を保有している場合、その価値評価はどのように行われるのでしょうか。10件という数なのか、それともコア製品を的確に保護している権利の質なのか。

 

白水銀行の柳井課長が言った通り、ガラクタ特許ばかりだと、銀行も簡単にはお金を貸してはくれない、これが答えです。

 

日本はかつて、年間に44万件以上もの特許を出願する、世界ナンバーワンの特許出願国でした。これには、大企業の研究者や設計者の評価基準が、論文の発表や特許の出願件数に基づいて行われていたことが影響しています。つまり多くの大企業が、研究者や設計者のボーナスの査定などにおいて、何件の論文を出したか、あるいは、何件の特許出願を出したか、という質より量の判断をしてきたのです。日本は過去にこのような事情に基づいて、企業内部の知的財産部と特許事務所が大量生産を目的にシステムを作ってきました。故に「有効特許」でありながら、発明者や権利者である企業がその存在を管理し忘れる「死蔵特許」があり、この背景を思えば、白水銀行の柳井課長の暴言が出てくるのも仕方がないのかもしれません。

東南アジアで知的財産のことなら Masuvally and Partners

知的財産所有権などの技術法務を専門に取り扱う、東南アジア、日本、アメリカ、中国の弁護士・弁理士からなる法律事務所。複数国の専門 家が一体となって、 お客様の技術法務に関する各種の業務に対応できる全く新しい形の事務所です。お客様の要望に応じたキメの細かいサービスの提供を目指しております。アジアで活躍されている日系企業・ベンチャー企業の方々が必要とされている技術法務サービスを低価格、高品質で提供いたします。

Masuvally and Partners
住所: Joya North Tower, 16th fl. Rockwell Center, Makati City 1200, Philippines
メールアドレス : [email protected]
WEB: www.masuvalley.com

広告
広告
広告

知的財産経営 in 東南アジア

技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 1 】 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか?本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 2 】今回は前回の続きの話です。下町ロケットの第二話で、佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際に、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘しました。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 3 】今回も前回に続き、ドラマの第二話で佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘したシーンについてお話したいと思います。
帝国重工への特許譲渡って何ですか?ドラマの第二話で、帝国重工の開発部長が佃社長に「佃製作所の特許を20億円で売却のうえ、譲渡してくれないか」と頼んでいたシーンがありました。他社の特許を買ったり、自社の特許を売ったりすることを「特許売買」と呼びます。
ここだけのはなしは、いけませんよ!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。トレードシークレットとは、たとえば、会社の従業員が利益を得るために、いま働いている会社の新製品の設計情報をこっそり漏らしてしまうことなど、転職が多く現地人同士の情報交換が頻繁な東南アジアでは良く起こっています。

知的財産経営 in 東南アジア 一つ前のコラムを見る

知的財産経営 in 東南アジア
中小企業でも良い特許があれば、 大企業と対等以上に戦えるって本当なの? 前回のコラムで、ビジネスが対象になる知的財産権の案件では、発生した損害の基礎となる対象がその売り上げ金額になるとお話しました。

その他

トップからフィニッシュまでは0.2秒。その中でスイングを修正するには膨大な練習量が必要だ。でもグリップなら、誰でも5秒で形を変えることができ、真っすぐ飛ぶ球筋に修正できる!指は敏感なので、グリップを変えると最初は違和感が出るもの。でも慣れのも早いので、50球も打てば自分のスイングに馴染むぞ!
『フィリピンの相続とは?』
今回はビジネスの話を離れて、フィリピンでの相続の制度はどのようになっているのかについてお話しさせていただきます。
『交渉が行き詰った場合の対処方法』先月号では労使交渉に臨む姿勢についてお話させていただ いております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃さ...続きを読む
常夏フィリピンではお天気に無頓着だけれど、日本では毎朝天気予報をチェックするという人も多いはず。お天気によって左右される私たちの行動パターンは実は経済に深く関わっています。日頃あまり意識しないお天気と経済の関係を専門的な見地から語ってくれた興梠さん。ヨットマンから気象の世界への転身を経て今後目指す道とは?
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!日本でも最近流行っているというタピオカミルクティーはフィリピンではだいぶ前から流行っていて、至る所にミルクティー屋さんがあります!
焼肉やしゃぶしゃぶが楽しめる和食ビュッフェ店を7月に開業したダイニングイノベーションの西山知義代表取締役会長。焼き肉レストラン牛角など、これまでに様々な業態の店舗を国内外で幅広く展開してきた。「お客様が喜んでくれることがモチベーションにつながる」と語る西山氏は、アジアで多くの人々の胃袋を掴み始めている。
2016年にミライフィリピンの社長に就任した本永修さん。アパレル業界での仕入れや販売を経て、未来樹脂に転職。新規事業としてリサイクル材を使用した梱包、輸送用資材の開発に携わり、フィリピンで事業拡大を進める。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!みなさんはフィリピン最大のマーケットといわれるDivisoriaに行った事はありますか?僕たちの動画でも何度か行っていますが、Divisoriaというと道いっぱいに露店が敷き詰められ、歩くのも困難なくらい人も多い。
私達の食生活において切っても切れない関係の野菜の一つ。それがキャベツなのではないでしょうか。時に千切りで生食用に、時に加熱用で炒め物やスープに、丸々包んでロールキャベツのような楽しみ方もできますよね。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!僕はフィリピン料理の中だと、アドボとパンシットビーフンが好きなのですが、今回はこの2つを掛け合わせたアドボビーフンを作りました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel